英会話が短期間で上達する人・しない人の勉強法10の違い

  • 英会話
  • 勉強法

「英会話を勉強しているけれどなかなか伸びない…」とお悩みの方は少なくないのではないでしょうか。

今回は「英会話が短期間で上達する人・しない人の勉強法10の違い」というテーマで、英会話が短期的に上達する人としない人の差を徹底的に解説していきます。

この記事を読んでもらうことで英会話力が伸びない原因が見つかるかもしれません。それでは一緒に見ていきましょう!

英会話が短期間で上達する人・しない人の勉強法10の違い


違い1:英単語を最低限ちゃんと覚えているかどうか

英会話を短期間で上達するためには何と言っても英単語のボキャブラリーが大切です。これをおろそかにして英語のフレーズを覚えようとしたり、英会話に挑戦しようとしてもなかなか上達しません。

裏を返せば、英単語をたくさん知っていることで、単語だけを並べて会話をするということは可能なのです。まず英会話を短期間で上達させるには英単語をとにかく覚えることに徹しましょう。

違い2:英文を「フレーズ」で知っているか知っていないか

英単語を覚えると同時に必要なのが英会話の頻出フレーズを覚えるということです。上記の通り、英単語だけで会話をすることはできますがそれでは「英会話」とは言えません。

そして英会話の基本フレーズを覚えることで会話はすぐにできるようになるのです。

「〇〇してもいいですか?」
「〇〇してもらえませんか?」

などのお決まりのフレーズの「〇〇」に覚えた英単語を入れるだけで会話は一気に楽になります。そのため英語のフレーズを知っているということは英会話を上達させるためには必須です。

違い3:自分にあった学習法を知っているか知っていないか

英単語を暗記する、英語のフレーズを手に入れるといったこと以外には、英会話に正攻法は存在しません。そのため自分にあった学習法を知っているのかどうかというのはとても大切です。

ドラマを見ながら英会話を学習するのが適している人もいれば、ひたすら参考書を読み込むのが合っている人もいます。

自分に合った学習法か、合っていない学習法かの見分け方は「負担なく長続きできそうかどうか」という感覚のみです。

同じ学習法でも楽に感じる人もいれば、負担に感じる人もいるので自分が楽だと感じる学習法を長続きさせるようにしましょう。

違い4:自分に足りない英会話力を理解しているかしていないか

英会話力には「スピーキングスキル」「リスニングスキル」「グラマー」「ボキャブラリー」の四つの能力があります。

人によってこの四つの能力バランスが違いますので、自分の得意なスキルを伸ばし、苦手なスキルを重点的に改善するといった学習法が必要になってきます。

そのためには自分にはどのスキルが足りないのかを知っている必要があります。英会話をしていれば自然と自分に不足しているスキルは分かってきますので、まずは英語を喋ってみましょう。

違い5:恥を捨てて英語で話そうとするかどうか

日本人の多くが英語を喋れないのは、「下手な英語を喋るのが恥ずかしい」という思いがあるからです。そのため恥を捨ててしまうだけで周囲とすでに差が生まれるのです。

下手な状態で英語を喋るのは恥ずかしいかもしれませんが、そこを乗り越えることで「英語が喋れるレアな日本人」となることができます。そんな未来を思い描いて恥は捨ててしまいましょう。

違い6:英会話をする機会を持っているか持っていないか

英会話力の上達は「どれだけ英会話をする機会を持てているか」にかかっています。日本語も同じで喋らなければ流暢にはなりませんし、喋ることで苦手な部分が浮き彫りになるというメリットがあります。

違い7:英会話力が必要か必要ではないか

英会話力が必要であるかどうかというのは、英語を学習する上でのモチベーション管理にとても大切です。英会話力の上達が必要でないと感じているのであれば趣味程度にしか学習することはできませんし、本当に必要だと感じているのであれば英会話学習のモチベーションは高いまま保持できるでしょう。

違い8:英会話を勉強する目的があるかないか

英会話を勉強する上で必ず最初に「英会話を学習する目的」を設定してください。

「ビジネスシーンで必要だから」

でも

「海外旅行に行きたいから」でもなんでも構いません。必要なのは「英会話が上達することで自分にとってこんなメリットがある」というのをしっかりと感じながら英会話を学習することです。

「なんとなく勉強する」では英会話能力はなかなか上達することができません。

違い9:英語に毎日触れているか触れていないか

英会話力を伸ばす上で必要なのは、一日何時間もの勉強ではありません。どれだけこまめに毎日英語に触れられているかです。

そのためにおすすめなのはオンライン英会話です。このサービスを使えば毎日負担なく30分から英会話レッスンを受けることもできます。このように自分から英会話を喋る機会を作ることによって英会話力は短期的に上達することができます。

違い10:英会話を楽しんでいるか楽しんでいないか

最も大切なのは「英会話の学習を楽しんでいるかどうか」です。楽しくないのに長続きはしませんし、集中することはできません。

そのため自分にとって最も楽しい学習方法をしっかりと見つけることが英会話の上達の一番の近道と言えるでしょう。


まとめ

今回は「英会話が短期間で上達する人・しない人の勉強法10の違い」をご紹介しました。一つでも「しない人」に当てはまった方はその部分を改善することで、英会話の上達を短期的に可能にすることができます。まずは英語に触れて、楽しんで学習するところから始めましょう!

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できるオンライン英会話をおすすめしています。オンライン英会話についてもっと知りたい方は、こちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

プロがおすすめする英会話教材ベスト3
E99ee74b f819 43b6 b964 fcc80e4ad95d
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔定額でレッスン受け放題
✔カランメソッドで短期上達
✔圧倒的コスパNo.1
8263a192 d942 420e 9e85 a60f104a6820
DMM英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔世界104カ国の講師が在籍!
✔7000以上の教材が利用可能!
✔24時間365日レッスン受講可能
8c994c26 5c02 49c9 abff 0d78b87302cd
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★☆
✔2分から始める英会話レッスン
✔ドラマ形式で楽しく学習
✔英語レベル診断あり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー