新形式に対応したTOEIC公式問題集のおすすめ勉強法

  • TOEIC対策
  • TOEIC全般

2016年5月より、TOEICの形式が変更されて新しくなり、それに伴ってETSから出版されているTOEIC公式問題集も、新形式に対応したものになりました。

高得点への近道と言われている公式問題集ですが、より効果的に使えるようにおすすめの勉強法をご紹介します!

TOEIC旧形式から新形式での変更点


変更点1:パートごとの問題数

リスニング    

  • Part1:10問→6問
  • Part2:30問→25問
  • Part3:30問→39問
  • Part4:30問から変更なし

リーディング

  • Part5:40問→30問
  • Part6:12問→16問
  • Part7:28問→29問
  • Part8:20問→25問

問題の総数は変わりなく、実際には全体の1割ほどしか変更はされていないのでマイナーチェンジのようなものですね。

しかし、Part1の写真描写問題やPart5の短文穴埋め問題など、比較的答えを導きやすい簡単なパートの問題数が減っています。逆に時間を要するパートの問題が増えているので、旧形式よりも英語の理解力が求められます。

変更点2:問題の出題形式

出題形式と問題内容にも少々変化が見られます。

例えば9問も増えたリスニングPart3の会話文問題では、口語表現が加わり、より実用的な英語力が試されます。また、ピンポイントではなく会話全体の内容を把握していないと解けない問題もあります。

リーディングPart7複数の文章の問題では、2つから複数の文章に増え、内容も時代にマッチしたチャットやSNS、メッセージなどの文章が使われるようになりました。

新形式TOEIC公式問題集を使ったおすすめ勉強法

勉強法1:TOEIC公式問題集を使う前にマークシートをコピーする

公式問題集には本番と同様のマークシートが付いていますが、各テストに1組のみなので、何枚かコピーしておきましょう。

マークシートではなくノートに解答を書くという人もいますが、塗りつぶすのもタイムロスを防ぐトレーニングになります。

勉強法2:TOEIC本番と同じ時間で問題を解く

TOEICを受験した人なら「リーディング問題が多すぎて時間が足りない!」と本番中に焦ってしまった経験がある方もいるでしょう。この時間配分もTOEICで高得点するための重要な対策のひとつです。

公式問題集は本番と全く同じ問題数なので、リスニングパート45分、リーディングパート75分にタイマーをセットして臨みます。

時間に余裕がある時にとりあえず全て行い、時間が足りない原因となったパートや問題で苦手なところをみつけます。時間が確保できない場合は、パートごとの制限時間を計りながら行いましょう。

時間に追われて心が乱れると、実力を出し切ることができないので、公式問題集で慣れておくのは効果的な対策です。

勉強法3:TOEIC問題の説明文"Direction"は公式問題集で予習しておこう!

TOEICは問題文もすべて英語です。最初に流れるDirectionも英語のみなので、聞き逃さないようにと耳を傾けてしまいがちですが、その時間を有効利用して問題や解答の選択肢を先読みすることができます。

Directionには「書き込みをしないように」など注意点が書かれています。あらかじめ知っておけば、聞く必要もありません。ほんの30秒程ではありますが、先読みするかしないかでは得点にも影響するので、覚えてしまいましょう。

勉強法4:ただ問題をこなすだけではなく間違えた問題を研究する

問題を解いて、答え合わせをして、もう一度やり直して、というのは勉強の基本です。ただ単に何度も行うのではなく、以下に挙げるような問題の傾向やクセを把握することがスコアアップにつながります。

発音が似ている単語が使われるひっかけ問題あり

TOEICの問題に必ずあるのが「ひっかけ」問題です。例えば答えと似た発音の単語が選択肢の中に含まれているパターンでは、「TrackとTruck」や「HoldとFold」など、いくつかのパターンがあるので、気が付いた時点でノートにまとめておきましょう。

簡単な単語は言い換えられる可能性あり

誰もが知っているような簡単な単語は、解答の選択肢で言い換えられているパターンもあります。

例えば「car、bus、truck→vehicle」「bag→belonging(持ち物)」「camera、audio→equipment(装置)」など、リスニング問題で聞き逃さないようにする為にも慣れておきましょう。


勉強法5:自分専用のTOEIC英単語ノートを作る

知らない単語が出てきたら、そのままにせずノートにまとめておくのがおすすめです。筆者はルーズリーフを利用してA~Zそれぞれのインデックスに分けています。アルファベット別にしておけば、何度出てきても覚えられない苦手単語がわかりますし、同じ単語でも他の意味があることが一目瞭然です。

最近は単語帳機能がある便利なアプリもありますが、書くと記憶に残るという効果があります。慌ただしいTOEIC当日でも、単語ノートなら会場に向かう途中に見返すことができて便利ですよ。

勉強法6:TOEIC公式問題集を何度も繰り返す!

TOEIC公式問題集のメリットは、本番の試験を作成するのと同じプロセスで作られている点です。必ずしも全く同じ文章が出題されるわけではありませんが、先に挙げたひっかけ問題のパターンや、リスニングの設問などは、同じ傾向の問題が出る確率は高いです。

何度も繰り返すのは、正解を導き出せるようになる効果もありますが、単語を覚える効果にもつながります。公式問題集に出てくる単語は、ほぼ頻出単語とみなして良いので、しっかりと頭の中に入れるためにも繰り返し行いましょう。

おわりに:TOEIC公式問題集で効率良く勉強して高得点を狙おう!

世の中には様々なTOEIC問題集があります。「攻略」「頻出」「出る!」なんてワードが目に入ると、ついつい欲しくなってしまいますが、あれこれ手を出すよりも公式問題集を飽きるほど何度も繰り返して行った方が効果的です。

次回のTOEICは自信を持って臨めるように、ぜひご紹介したような勉強法を参考にしてみてください。

また、TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

プロがおすすめするTOEIC教材
C761fe04 7a5f 44f7 9146 7be4ae75ec45
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
6f1bb7d2 6a3c 4ecd b1d7 ff9c68da240e
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー