TOEIC500点を超えるためのリーディング問題の時間配分とおすすめ勉強法

  • TOEIC対策
  • TOEIC勉強法

英語が超苦手でTOEICで500点を超えられないという人も多く、TOEIC全体の平均点は毎回550点前後なので、つまり平均点に到達できないと悩んでいる人を多く見かけます。今回は、TOEICでまず500点を超えるためのリーディング問題の時間配分と勉強法について解説します!

TOEIC500点はどの程度のレベルか


まず、TOEIC500点のレベルについて解説します。TOEICに限ったことではありませんが、目標を達成するにはその目標を具体的に捉えることが大切です。

TOEICはリスニング445点、リーディング445点の計990点が満点となるテストです。したがって500点はその約半分ということになりますが、目安として日本人の平均スコアは約580点と言われています。そのため500点は初めてTOEICを受ける人の中でも比較的英語に自信がない方が目指すべき基準と言えるでしょう。英語の勉強は高校以来だったり、中学英語にすら自信がない…という方も該当すると思われます。

全体で500点達成にはリーディング495点中で何点取るべき?

TOEICは大きく分けてリスニングとリーディングのパートに分かれます。配点は同じですが、一般的にはリスニングの方が点数を取りやすいです。よほどリーディングが得意ということがなければ、500点を目指す方はリスニングで300点程度、リーディングで200点程度を目安にすると達成する可能性が高まるのでおすすめです。

TOEIC最大の難関!パート7リーディング問題の特徴

Part7は長文読解問題です。問題数は54問でそれぞれの長文に2〜5つの問いがあります。またシングルパッセージ、ダブルパッセージ、そしてトリプルパッセージの3つのタイプがあり、例えばトリプルパッセージなら3つの長文を読んで設問を解くといった具合です。受験者は限られた時間の中でなるべく早く文を読み、解答していく必要があります。

英語力だけでなく集中力が求められる

TOEICは2時間にわたって試験が行われ、リスニングとリーディングの間に休憩は一切ありません。従って最終設問となるPart7のときにはもうヘトヘト…という人も少なくないはずです。英語の勉強をして力をつけることはもちろんですが、長い試験時間を最後まで走り抜ける集中力を養うこともTOEICでは同じくらい重要です。

TOEICリーディング問題の具体的な勉強法と対策

2問型シングルパッセージを重点的に練習する

Part7には3つのタイプがあると申し上げましたが、ダブル・トリプルパッセージは複数の長文を読んだ上で設問に答える必要があり、これはTOEIC初心者にとっては難しく、その上時間もかかる問題であるといえます。よって、500点を狙う方はシングルパッセージの対策を重点的に行うことが有効です。シングルパッセージには設問が2〜4問用意されており、その中でも設問が2問しかない「2問型シングルパッセージ」は問題文が最も短く初心者にも取り組みやすい問題です。

2問型シングルパッセージ対策に有効な問題集:『新TOEIC TEST 初心者特急 読解編』

新TOEIC TEST 初心者特急 読解編
神崎正哉 TEX加藤 Daniel Warriner
朝日新聞出版 (2014-09-19)
売り上げランキング: 16,833

この本は単語が簡単・文章が短い・問題が少ない、といったようにこれでもかというほど初心者向けに作られているため、何をやったらいいかわからない…という方には是非お勧めしたい一冊です。解説と語注もしっかりと載っているので解いたら必ず確認するようにしましょう。

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』

問題を解くことで実践的な力を身に着けることも大切ですが、TOEICは「英語」の試験であるということを忘れてはいけません。これは初心者に限ったことではありませんが、英語を学習するうえで常に語彙を増やすように意識して学習に取り組むことはとても大切です。銀のフレーズは300~500点向けに作られた単語帳なので初心者の方にはおすすめです。毎日数分でもいいので、単語帳に取り組むよう心がけましょう。

日々の学習は「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」がおすすめ


スタディサプリENGLISHは月額2980円からTOEIC対策の動画授業が受け放題になるアプリです。TOEIC対策を独学でやるときに陥りがちなポイントがわかるだけでなく、問題集としてもかなり豊富に練習問題が掲載されているので、どのスコアの人でもスマホから利用できる問題集としても利用できます。

TOEIC高得点を目指す場合に欠かせないディクテーションやシャドーイングなどの練習ができる機能もあり、TOEIC対策アプリとしての完成度は圧倒的ナンバーワンです。まず7日間の無料体験から利用してみてください。

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】
  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

ベーシックコースもパーソナルコーチングコースどちらも、最初の7日は無料期間で全コンテンツが無料で利用できるのでぜひ試してみてください!

「TOEIC公式問題集」を模試として使い集中力を養う

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会
売り上げランキング: 354

TOEICは長期戦です。2時間に及ぶ試験は初心者には辛いものがあり、筆者も初めてのときのラスト20分は何を解いていたか覚えてないほど集中力が無かったのを覚えています。前項でオススメしたような問題集を用いてパート別に対策を行うのはもちろんですが、この2時間という試験時間で最後まで戦い抜くための集中力も養わなければなりません。従って、TOEICの出題形式に沿った模試スタイルの問題集を用意して、実際に2時間を自分で計りながら取り組みましょう。初めは正答率は気にしなくて良いので、ここではとにかく「2時間集中を切らさない」ことを念頭に取り組むと良いでしょう。

目標スコア500点なら「分からない問題は捨てる勇気」も大切

これもTOEICに限ったことではありませんが、時間制限がある中でできない問題といつまで睨めっこしていても単に時間の無駄となってしまうだけです。また、初心者の方はリーディング問題を時間内に解ききるのはまず無理だと思った方が良いでしょう。上級者でも余裕を持って試験を終えることは難しいので、初心者の方は特に解答する問題に優先順位をつける必要があります。

Part7では2問型のシングルパッセージを解くことを優先するなど、できるだけ設問数が少ないもの、もしくは長文が短いものを優先して取り組むと良いでしょう。リーディングは全100問ありますが、リスニングパードが終わって残された時間が75分程度ですので、単純計算で1問あたり45秒掛けられますので、1問に1分以上留まってたら「ヤバイ!次行かなきゃ!」と思えるように、模試で特訓しておきましょう。

おわりに:TOEIC対策のための参考記事

TOEICに慣れないうちはリーディング問題の長さと多さに辛さがあるかもしれませんが、誰にでも最初はあるものです。TOEIC初挑戦の方で、もし500点を超えられなかったとしても落ち込まずに次へ行きましょう。初めは難しいことも多いかもしれませんが、自分のペースを保つことが大切です。前向きに頑張っていきましょう!

また、TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

プロがおすすめするTOEIC教材
C761fe04 7a5f 44f7 9146 7be4ae75ec45
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
6f1bb7d2 6a3c 4ecd b1d7 ff9c68da240e
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー