TOEICリスニングで高得点するために必要な時間配分と先読みテクニック


  • TOEIC対策
  • TOEIC勉強法

リスニングが苦手で目標スコアになかなか到達しないとお悩みの人は多いです。中には「もうちょっと時間があれば・・・」と終わってから悔しい思いをする人もいるでしょう。

しかし、限られた時間を有効に使う方法と、設問を先読みする方法を心得ておけば、直接スコアアップにつながります。

余裕をもってリスニングに臨むためにも、ぜひ覚えておいてください!

TOEICリスニングパートの時間配分


リスニングパートは全部で4つ、時間は45分間ですが、時間配分は以下の通りです。

パート 問題内容 設問数 回答時間
1 写真描写問題
6問 3分
2 応答問題
25問 9分
3 会話問題 39問 17分
4 説明文問題 30問 16分

決して長いとは言えない限られた時間内で設問に対応するには、各パートを行う前に流れるDirection(説明文)に耳を傾けている時間はありません。それぞれのパートの最初にDirectionが流れますが、その間に設問を先読みした方が、正解を導きやすくなります

しかし、特に初めて受験する場合は聞き逃さないようにじっくり聞いてしまうでしょう。思い切って無視できるようになるためには、事前に問題形式を把握しておく必要があります。制限時間を有効に使うための練習をしておきましょう。

TOEICリスニングで必須の「先読みテクニック」で回答時間を確保しよう

リスニングセクションのPart3、4においては、Directionを無視することで問題を先読みするための時間が確保できます。しかし、ただ単に流し読みをするだけでは確実なスコアアップにつながるとは言えません。

先読みをする時のポイントを押さえて、効率良く正解を導き出しましょう!

先読みテクニックその1:設問の内容をまず確認する

例えば「What are the speakers discussing?」という設問の場合、文章全体を通して推測すべきだということがわかります。

一方「Who」「When」「Where」「What kind of」などで始まる設問は、特定の名詞に注目すべきだということがわかります。こちらの場合はキーワードを聞き逃すと最後なので、設問を先読みしておけば正解率も上がるという訳です。

設問を先読みした時点で、この2つの区別がきちんとできて、余裕をもって問題に臨むのが理想的です。

先読みテクニックその2:言い換えフレーズがあることを前提に先読みするべし!

TOEICの問題に言い換えフレーズ(パラフレーズ)は付き物です。本文中に出てくる言葉がそのまま正解となる確率は非常に低いので、問題文の意味をしっかりと理解しておくことがポイントです。

先読みした設問に「researching the data」と出てきた場合でも、問題文では「analyzing some document」という言い回しになっていたりします。

例)問題文には 「She is supposed to go on holiday from Friday to Sunday.」という文章。
設問は 「What is she planning to do on the weekend?」
正解は 「Leaving for vacation.」

というように、複数の言い換えフレーズが絡む問題もあるので、先読みする時には単語を頭に入れるのではなく、日本語で意味を理解しましょう。

TOEICリスニング問題パート別先読みテクニック

パート1:写真描写問題

6枚のモノクロ写真があり、設問の記載はありません。それぞれの写真についての正しい描写をチョイスする問題なので、約60秒間のDirectionの間にすべての写真に目を通します。

人物なのか?動物なのか?風景なのか?を確認して、余裕があれば自分だったらどのように描写するか想像してみましょう。

パート2:応答問題

こちらのパートは選択肢(A・B・C)が記載されているだけで、設問の情報はありません。約23秒間Directionが流れますが、サラっと聞き流してひと息つく時間にするのも良いでしょう。他パートの設問に目を通すようにして、意識的にDirectionを無視することをルーティン化するのもひとつの方法です。

Part3:会話問題

アナウンスされる会話文に対する設問と4つの選択肢が記載されています。まずDirectionが約30秒間あるので、その間に最初の設問に目を通します。

設問は1つの会話に対して3問あります。選択肢は全部で12個ですが、全てに目を通すと頭の中で上手く整理できなくなってしまうので、設問のみを集中して読んでおきましょう。2問目が始まる前にもわずかな間があるので、次の問題の最初の設問だけでも目を通しておいてください。

パート4:説明文問題

こちらもPart3と同じく設問と4つの選択肢が記載されています。Directionは約30秒あるので、最初の問題の設問のみに目を通します。2問目からもPart3と同じくわずかな間にできる限り設問を読んでおきましょう。

余裕がある場合は、選択肢を上から2つほど確認しておくと、回答する時に役立ちます。


正解を選ぶ時のTOEICマークシートの埋め方

TOEICはマークシート方式なので、正解の番号を塗りつぶす必要があります。考える時間が長くなってしまい、塗りつぶしている時に次の問題が流れて焦る人も少なくありません。

それでペースが乱れてしまうのは非常に勿体ないので、とりあえず正解だと思う選択肢にえんぴつを置いておき、余った時間やDirectionの間を利用してパパっと塗りつぶすのもおすすめのテクニックです。1番もったいないのは、マークシートなのに塗りつぶしていないで不正解になる問題があることですので気をつけてください。

TOEICのプロがおすすめするリスニング対策に効果的な参考書

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース


スタディサプリENGLISHは月額2980円からTOEIC対策の動画授業が受け放題になるアプリです。TOEIC対策を独学でやるときに陥りがちなポイントがわかるだけでなく、問題集としてもかなり豊富に練習問題が掲載されているので、900点を目指す場合でもスマホから利用できる問題集としても利用できます。

900点以上を目指す場合に欠かせないディクテーションやシャドーイングなどの練習ができる機能もあり、TOEIC対策アプリとしての完成度は圧倒的ナンバーワンです。まず7日間の無料体験から利用してみてください。

参考記事:スマホでTOEIC対策するなら『スタディサプリEnglish』が最高の英語学習アプリ

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】

  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

ベーシックコースもパーソナルコーチングコースどちらも、最初の7日は無料期間で全コンテンツが無料で利用できるのでぜひ試してみてください!

おわりに:TOEIC対策のための参考記事

いかがでしたでしょうか?余裕を持った時間配分と先読みは、リスニング対策として非常に有効です。

わかってはいるものの…本番になるとどうしても焦ってしまうという方は、本番と同じアナウンスでの実践で、入念に予行練習をしておきましょう!

また、TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

プロがおすすめするTOEIC教材
C761fe04 7a5f 44f7 9146 7be4ae75ec45
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
6f1bb7d2 6a3c 4ecd b1d7 ff9c68da240e
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー