期限はいつまで?TOEICへ申し込む方法と内容を確認する方法まとめ

  • TOEIC対策
  • TOEIC勉強法

昨今、グローバル化が声高に叫ばれていますね。英語や英会話のスキルアップを求められている会社員や、これから社会に出る学生などはTOEICの点数を参考にされることが多くなってきています。

そこで今回は、久しぶりにTOEICテストを受ける方も、これから初めて受ける予定のある方も役立つ、TOEICのプロがおすすめするテストの申し込み方法と準備することをまとめました。

TOEICへ申し込む前に確認すること


TOEICは複数種類があるので注意!

TOEICテストには、L&Rと呼ばれるListening & Readingのテストと、S&Wと言われるSpeaking & Writingのテスト、昨今ではSpeakingとWritingはそれぞれ単独でのテストもあります。TOEIC Bridge Testというのは英語の初級・中級者に向けたテストになります。しかし、一般的に会社や就職活動で求められるTOEICのスコアというのは、よほどの注釈や指定がないかぎりほとんどのケースでListening & Readingテストのスコアになります。

TOEICテストのスケジュールを確認

・テスト開催の頻度

もっとも受験人数の多いTOEIC Listening & Reading公開テストは、年間10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)で、日本全国約80都市で実施されています。結構年間解されていますね。ここで注意が必要なのは、実施回数は受験する場所によって異なりますので、申し込みの際に受験地別のスケジュールを確認しておく必要があります。

TOEICテストの申し込み方


どのぐらい前から申し込める?

TOEICのテストはおよそ2ヶ月半前から申し込みが可能です。これはつまり、11月中旬にテストがある場合は8月の後半および9月の上旬から申し込みが始まるということです。受けたい!と思った時にすぐに受けれるわけではないので注意が必要です。また、テストの1ヶ月強前までには申し込みを締め切ってしまうので、申し込み期間がいつからいつまでなのかは、TOEICの公式サイトでチェックする必要があります。

申し込み方1:インターネットで申し込む

TOEICには二つの申し込み方があり、ひとつはインターネットから申し込む方法です。TOEICの公式サイトへ行って、テストを受けたい日を選びます。この時に、TOEIC公式サイトにログインする必要があるので、サイトのメンバーになりましょう。受験料の支払いからは、クレジットカード、コンビニエンスストア、楽天ペイの方法から選んで支払うことができます。

インターネットから申し込むとスコア結果がコンビニ申し込みより1週間早く分かったり、1年後の同じ回の受験料が割引になるリピート割があったりとメリットが多いので、特にこだわりがなければインターネットから申し込むことをおすすめします。

申し込みはTOEIC公式サイトから可能です。

TOEIC公式サイト

申し込み方2:コンビニから申し込む

コンビニ端末を使って申し込むことができます。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのいずれかのコンビニエンスストアの店内設置の端末から、TOEIC L&R公開テストを選択し、端末上で申し込み情報(名前、住所、生年月日、受験地など)を入力し、そのままコンビニで支払いまで済ませることができます。その時に、お客様控えというものがでてくるので、こちらを捨てずに大切に保管をしておいてください。


TOEICの受験料

TOEIC L&R公開テストの受験料は5,725円です。リピート割引というものがあって、インターネットで申し込んだ方に限り、一年後の同じ回を受験すると割引が適用され、受験料が5,092円になります。

TOEIC受験料の領収書はもらえるのか?

会社でTOEICを受ける必要がある場合など、領収書で受験料を会社が負担してくれることもあると思います。インターネットで申し込んだとしても、ちゃんと領収書をもらう手続きはできます。TOEICの公式サイトにログインして、TOEIC L&R公開テストの申し込み履歴から、領収書を発行したいテストをクリックし手続きをすることが可能です。


申し込んだ後にするべき準備と勉強

受験表はいつとどく?

受験表はテストを受ける日の約2週間前に郵送で届きます。もし2週間前を過ぎても届かない場合は公式サイトから問い合わせてください。

テストまでは苦手な問題を練習!

テストまでの間にテスト勉強をしておきましょう。何度も受けて慣れている人はいいですが、TOEICの試験は時間のわりに問題数が多く、初めて受験すると戸惑ってしまい実力がなかなか出せなかったという人も多くいます。そんなもったいないことを避けるために、テスト本番さながらの模擬試験ブックを買ったり、公式サイトにもテストのサンプルがあるので、それをやっておくのもいいでしょう。

プロがおすすめするTOEIC教材:スタディサプリENGLISH

TOEIC® L&R TEST対策コース ベーシックプラン

895f15a8 215f 4239 8612 06b0128c6b54
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
TOEICのプロ講師から動画授業&練習問題が使い放題の神教材
料金 2,480円〜 コンテンツ 動画授業200本以上
練習問題 約2,000問 無料体験期間 7日間

TOEICを受験する人に共通しておすすめしたいのが、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースです。

スタディサプリENGLISHは月額2980円からTOEIC対策の動画授業が受け放題になるアプリです。TOEIC対策を独学でやるときに陥りがちなポイントがわかるだけでなく、問題集としてもかなり豊富に練習問題が掲載されているので、どのスコアの人でもスマホから利用できる問題集としても利用できます。

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】
  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

TOEIC高得点を目指す場合に欠かせないディクテーションやシャドーイングなどの練習ができる機能もあり、TOEIC対策アプリとしての完成度は圧倒的ナンバーワンです。まず7日間の無料体験から利用してみてください!

TOEIテスト験当日に必要なもの

当日は受験表に顔写真を貼る必要があります。これは事前に証明写真をとっておくのですが、これを忘れる人が結構多く、しっかり当日までに忘れずに写真を撮っておいてください。

受験票の他に、本人確認の書類(運転免許証・学生証・社員証・パスポート・個人番号カード・住民基本台帳カードなど)が必要です。また試験会場には時計がない場所もあるので、必ず腕時計を持参しましょう。スマートフォンの時計は利用できません。最後に、テストはマークシートなので鉛筆かシャープペンシル、消しゴムを忘れずに持っていきます。

終わりに:TOEIC対策のためのおすすめ参考記事

TOEICテストは以前に比べてテスト頻度も上がり、インターネットから申し込みも可能になり大変受けやすいテストになりました。また、これは学校への入学試験ではないので満足するスコアまで何度でも挑戦することができます。それでは、TOEICの申し込みに手こずらずに、いい結果を残してください!

TOEICでハイスコアを取るためには、良い教材と正しい勉強法を継続することが何より大切です。TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

プロがおすすめするTOEIC教材
C761fe04 7a5f 44f7 9146 7be4ae75ec45
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
6f1bb7d2 6a3c 4ecd b1d7 ff9c68da240e
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー