TOEIC700点を取るためのおすすめ勉強法と教材をプロが解説

  • TOEIC対策
  • TOEIC勉強法

TOEICの毎回の平均点は約500点です。700点以上となると、平均点の200点も上なので、履歴書にも堂々とアピールポイントとして書くことができるスコアです。

今回は、TOEICスコア600〜700点という中級以上のスコアを1ヶ月という期間で達成するためにおすすめの勉強法と教材を解説していきます。本当はもっと時間をかけられるのがベストではありますが、忙しい方や試験まで時間のない方がすぐ実践できる内容になっています。

TOEICのスコアの採点方法とスコアのレベル目安


テストはリスニングセクシヨンとリーディングセクシヨンに分かれていて、それぞれ5~ 495点、合計で10~990点というスコアで評価されます。スコアは1問何点という通常の試験のような算出方法ではなく、TOEIC独自のオリジナルの算出方法を使っています。詳細は公開されていませんが、誰でも解けないような難しい問題が入っていた場合、それを間違えても990点満点になりうると言った難易度調整がある程度で、ほとんどの方は気にしなくて大丈夫です。

また、年10回あるTOEICの毎回の平均点は約550点ほどなので、基本的には600点を目指す場合は平均点超えの6〜7割正解を目指すことが大事になってきます。

以下は参考ですが、TOEICを運営するIIBCによると、TOEICのスコアとコミュニケーシヨン能力レベルの関連は以下の通りです。600点はレベルC、日常生活では英語でコミュニケーションができるレベルということになります。

  • レベルA:860- Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる
  • レベルB:730-860 どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている
  • レベルC:470-730 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケー ションができる
  • レベルD:220-470 通常英会話で最低限のコミユーケーションができる

参考:TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表

TOEIC700点の難易度と英語力のレベル

TOEICのスコア目安

A 860点以上
B 730点以上
C 470点以上
D 220点以上
E 215点以下


TOEICを主催している国際ビジネスコミュニケーション協会によってA〜Eまでランクが分かれています。レベル別の勉強法・英会話力についてはTOEICスコア分布とレベル別おすすめ問題集まとめの記事で紹介しているので参考にしてください。

700点だと、ぎりぎりBランクに届かないくらいです。700点でも十分平均より高い点数ではありますが、どうせならひとつ上のランクのBランク・730点を目指したいものです。PROFICIENCY SCALE - 国際ビジネスコミュニケーション協会によると、730点以上は「どんな状況でも適切なコミュニケーションがでくる素地を備えているレベルの英語力」とされています。

英語を使う仕事であれば730~800点が目安

英語を使う仕事に就くにあたって、他の人たちと同じようなスコア(600点前後)では履歴書のアピールポイントになりません。730点以上は受験者の上位20%なので、履歴書に書くには十分な点数です。

TOEIC700点あれば転職・昇進のチャンスが広がる!

生徒さん 必要とされるスコア 理由・目的
Aさん 600 大学の卒業必要条件(情報科学科)
Bさん 600 海外赴任(東南アジア)の条件(日系企業・人材派遣)
Cさん 800 海外赴任(北米)・出張の必要条件(日系企業・製薬会社)
Dさん 800 海外駐在の必要条件(日系企業・保険営業)
Eさん 860 部署全体の目標点数・昇級有り(日系企業・会計士)


700点レベルだと、英語圏への赴任・駐在は難しいでしょう。しかし、英語話者が少ないアジア(ベトナムなど)であればチャンスはあります。

TOEIC600点〜700点未満の人の英語力

  • 文法の基礎は理解している
  • わからない問題があっても、解説を読めばその場で理解はできるが、次回取り組む際に同じ問題でまた引っかかる
  • 基礎は理解しているが、発展問題になると語彙不足・知識不足がたたり対応できない
  • TOEICリスニングは、得意な分野・自分が知っている話題なら大まかな内容を正しく理解することができる

TOEIC600点〜700点未満の人の英会話レベル

  • 発話するときでも代名詞(he/she/it/they)を使うことができる
  • 正しい文法を使おうと気をつけるが、完璧な文法で話すことができない
  • 話を同じような文法でオウム返し的に再現はできても、違う単語・文法を使って話の要約はできない
  • Do you~? Is this~?のような中学レベルの文法を使って会話はできるが、スムーズではない

世間が抱くTOEIC700点の印象

730点からはBランク。Bランクは受験者の上位20%です。TOEICに真剣に取り組んでいない人たちはそもそもランクの存在を知りません。したがって、700点も730点も、彼らにとっては、ほぼ同じに感じるので履歴書に書くには十分な点数です。600点レベルで基礎ができているという印象なので、履歴書に700点と書ければ、「TOEICのために時間をかけて、努力した」という印象を与えることができます。

留学・海外在住経験がなく、TOEICの対策もせず取得するのは厳しいです。一生懸命対策すれば、到達できます。努力して取ったスコアとしても、対策なしで挑んだスコアとしても割と良いスコアなので安心してください。自声を大にして慢するレベルではありませんが、「まぁまぁ英語できるんだ」と思われるレベルです。 

TOEIC700点到達に必要な正答率まとめ

600点を達成するためには、全体で6〜7割正解を目指す必要があります。では、実際に本番でリスニング・リーディングそれぞれの問題でどれくらいの正解数を守ればいいのかを見てみましょう。リスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)の中で、どれくらい正解すべきかをまず知ることから勉強はスタートします。

新形式リスニング・セクション(約45分間・100問)

  • Part 1 写真描写問題6問:600点獲得のための目標正答数:3〜4問
  • Part 2 応答問題25問:600点獲得のための目標正答数:15〜17問
  • Part 3 会話問題39問:600点獲得のための目標正答数:23〜25間
  • Part 4 説明文問題30問:600点獲得のための目標正答数17〜19問

リーディング・セクション(75分間・100問} 

  • Part 5 短文穴埋め問題30問:600点獲得のための目標正答数:17〜19問
  • Part 6 長文穴埋め問題16問 :600点獲得のための目標正答数:10〜11問
  • Part 7 長文問題54問 600点獲得のための目標正答数:29〜33問

TOEICのスコアと平均点


リスニングセクション

リーディングセクション

トータルスコア

最高スコア

495

495

990

最低スコア

5

5

10

平均スコア

319.8

259.0

578.8

標準偏差

84.3

94.9

170.7

http://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist/231.html#anchor02より、筆者作成)


こちらは、2018年6月に実施された、第231回TOEICの平均スコア、スコア分布の詳細です。ここで注目して頂きたいのは、平均のトータルスコア578.8点です。ここから読み取れることは、TOEIC受験者の平均スコアを少し上回った点数が、TOEICスコア600点ということになります。つまり、正しい方法で勉強をすれば誰でも簡単にTOEICスコア600点を取得することができるということです。


TOEIC700点到達のためのおすすめ教材:スタディサプリENGLISH

TOEIC® L&R TEST対策コース ベーシックプラン

895f15a8 215f 4239 8612 06b0128c6b54
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
TOEICのプロ講師から動画授業&練習問題が使い放題の神教材
料金 2,480円〜 コンテンツ 動画授業200本以上
練習問題 約2,000問 無料体験期間 7日間

スタディサプリENGLISHは月額2980円からTOEIC対策の動画授業が受け放題になるアプリです。TOEIC対策を独学でやるときに陥りがちなポイントがわかるだけでなく、問題集としてもかなり豊富に練習問題が掲載されているので、どのスコアの人でもスマホから利用できる問題集としても利用できます。

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】

  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

TOEIC高得点を目指す場合に欠かせないディクテーションやシャドーイングなどの練習ができる機能もあり、TOEIC対策アプリとしての完成度は圧倒的ナンバーワンです。まず7日間の無料体験から利用してみてください!


また、それぞれ目標スコアごとの対策はこちらの記事に詳細が解説されています。目標スコアによってするべき勉強が変わるので、適切な勉強法で練習してください。

TOEIC700点を1ヶ月で達成するための勉強法


ここまで、正しい勉強を続ければ、TOEICスコア600点を取得することはさほど難しくないということをお話してきました。それでは、1ヶ月という短期間にするべき「正しい勉強法」とはいったい何なのでしょうか?結論から言うと、万人に共通する勉強法はありません。しかし、効率的な勉強法は確かに存在します。ここからは、1ヶ月弱でTOEIC600点を到達しやすくなる勉強法を一緒に見ていきましょう。


TOEIC600点〜700点を目指す人の勉強法

  • 基礎知識を忘れないように、実践練習をしていく
  • TOEIC頻出問題・頻出単語は全ておさえ、簡単な問題は全て正解できるようにする
  • 練習問題の量をこなして簡単な問題に対する反射神経を高める
  • スコアの伸び悩みによるストレスで、学習を投げ出さないこと
  • 単語も文法も「覚えてるかわからない」まま、ただなんとなく学習しないこと

勉強法1:TOEICはパート5,1,2,3,4,6,7の順で勉強する!

TOEICは、パート1〜7それぞれで問題形式が異なります。その中でも、実は短期間でスコアを伸ばしやすい、正解できる確率を上げやすいパートがあります。その順番が、

パート5:文法問題
パート1〜4:リスニング問題
パート6,7:リーディング長文問題

この順番です。そして、600点までであれば、パート5とリスニング問題パート1〜4が6割ほどしっかり正解できる英語力があれば、リーディング問題はできる範囲まで解くだけで600点に到達しやすくなります。

600点を確実に到達するためには、すべての問題をきっちり解き終える必要はありません。パート5の文法問題をはじめとして、リスニング問題の対策をしっかりすることが、1ヶ月という短期間で600点を獲得するための最短ルートです。もちろん、もっと時間があるという人は他のパートから始めてもかまいませんが、短期間でスコアが上がった方が勉強のモチベーションも上がりやすいので、いずれにしろこの順番で勉強をするのがおすすめです。

勉強法2:まずはパート5文法問題を対策する!

まず取り組んだのは、足元とも言える文法をしっかりと固めることです。というのも、文法がわかっていないと、この先の理解度が全くと言っていいほど異なってくるからです。とは言っても、いきなり文法の知識を固めることが苦痛なんですよね。特に、面白くもない文法を粛々と学習し続けることの辛さは筆者も身に染みて痛感しています。そこで、少ない時間に集中して学習できるよう、通学時間などで学習を継続できるような教材を選びました。

筆者が文法の知識をを固めるために使った教材は、朝日新聞出版社の『1駅1題 新TOEIC TEST文法特急 』です。

こちらの教材は、以下の2つの利点を兼ね備え、他の教材を圧倒する使いやすさでした。

・文庫本サイズで持ち運びがラク
・良問ぞろいで、得点に直結しやすい

まずは、本当に持ち運びがラクです。毎度毎度重い教材を持ち運ぶだけで、勉強が嫌になってしまうこともありますよね。しかし、この教材は文庫本サイズですので、カバンの中でもスペースを取らず、本当に読みやすいです。さらに、内容も充実しています。良問ぞろいで、各問のポイントをしっかりと意識して繰り返し読むことで、スコアが着実に上昇します。ちなみに筆者は5周読み、内容を暗記してしまいました。

解説は、正解の選択肢の詳説のみならず、他の選択肢がなぜ違うのかを教えてくれるため、読むだけで知識をつけることができます。この解説を2回ほど読むと、受験中の頭の使い方がわかってきます。筆者がこの参考書を使っていて、最も衝撃を受けた文言は次の一節です。

『私が皆さんに注目していただきたいのは、「英語の骨」です。英文は主語(Subject)と動詞(Verb)から構成されています。「何がどうした」が最も重要な訳ですから、その他の部分はちょっと置いておいて、まずは英語の骨であるSとVを認識するところからスタートしましょう!』

このように、頭をどう使って英文を読んでいけば良いのかを詳細に解説してくれます。


勉強法3:リスニングは公式問題集の問題を繰り返し音読する!

リスニング教材として、本屋で売っている分厚い参考書を買う必要はありません。TOEIC運営団体が発行している公式問題集を選んで、問題を解いてみましょう。そして解いたら、リスニング問題はパート1〜4を通じて全体を音読することが大切です。問題文も選択肢も、リスニング音声で流れるものはすべて音読しましょう。

音読をすると、英語の音と「自分が認識している音」のずれに気づきやすくなり、それが結果的にリスニングのスコアアップにつながります。短期間でリスニングのスキルを上げるために、音読はとてもおすすめです。


勉強法4:長文対策は集中しできる環境で「精読→速読」の順番で取り組む

パート6、7の長文対策は、TOEICの中でも鬼門です。上級者であってもつまづきやすい、時間切れになりやすい問題です。なので、勉強をするときは集中できるよう頭を切り替える練習をしておきましょう。というのも、TOEICでは、パート6とパート7で出題される長文。集中力が途切れて来る中で襲いかかってくるので、本番では勉強の時よりも悪いコンディションで挑まなければいけません。本番で集中をするためには、勉強のときから自分なりに集中が切れないよう練習しておくことが大切です。

さらに、リーディング問題は精読をしてから速読がおすすめです。長文を普段から「読み流す」勉強をしていると、頭に意味が入らないままTOEIC本番でも全然集中することができず、全く得点に繋がらないのです。まずは意味不明な長文をずーっとにらめっこするのではなく、じっくり解説を読みながら精読してください。速読の練習はそのあとで問題ありませんし、特にTOEIC700点を目指すレベルであれば、全問正解する必要はありません。

700点を目指す時のリーディング問題のおすすめ教材は、こちらです。

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)
神崎正哉 TEX加藤 Daniel Warriner
朝日新聞出版 (2017-05-30)
売り上げランキング: 7,736

文庫本のスタイルを取っているため、メモをすることは少し難しいかと思います。しかし、解説がとても豊富で、TOEIC対策を効率的に行うためにはもってこいの教材です。こちらを3周ほどこなせば、リーディングセクションが得意分野になるでしょう。


目標スコア700点達成のためのTOEICリーディング時間配分

730点(Bランク)の時間配分

Part 時間 各設問時間配分
5 15分 1問30秒
6 10分 1文書2分半
7 45分 1問50秒


文法問題を600点を目指していた時(1問40秒ペース)よりスピードアップするイメージです。Part5、Part6は空欄の前後を見るだけで判断できる問題も多いので、一瞬で解ける問題に無駄な時間をかけないようにしましょう。

パート5はTOEICに出てくる公式がわかっていれば、10秒かからずに回答できる問題も数多くあります。詳しくはTOEIC問題パート5・リーディング文法問題の特徴と対策の記事を参考にしてください。

同様に、パート6も長文問題いえど読まなくてもできる問題が数多くあります。パート5、6に時間をかけず、なるべくパート7に時間をかけられるように時間配分に気をつけながら進めていきましょう。

700点以上を狙うなら、パート7をすべてマークシートを適当に塗りつぶすことは許されません。パート7の問題構成は全部で54問です。後半になればなるほど、読む文章の量が増えてきます。二つの文書(ダブルパッセージ)の問題までは頑張って自分の力で解きましょう。パート7の詳しいについてはTOEIC問題パート7リーディング問題の特徴と対策の記事を参考にしてください。

おわりに:TOEIC対策のためのおすすめ参考記事

以上、いかがだったでしょうか?TOEICでハイスコアを取るためには、良い教材と正しい勉強法を継続することが何より大切です。自分に合った参考書を使って、TOEICスコアをアップさせていってください!

TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

プロがおすすめするTOEIC教材
6424906c cf56 4720 b04b e524b5ddcd13
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
41140c5c 2c43 4cdc aa5d 33d5fe10c85c
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
8451f298 fb93 4669 920a 1b4bd751eaf3
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔最高品質の教材カリキュラム
✔日本語サポートあり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー