大学入試で活用される英語4技能試験『GTEC』の特徴とおすすめ対策法

  • 英語試験
  • 英語試験

2019年度からは4月~12月年3回以上の検定日を設定し,その後検定日を増やす予定です。なお,各検定日よって,受検可

能なタイプを限定する可能性があります。2020年教育改革で話題になる英語4技能化、そのスキルを測る試験として注目されているのが『GTEC』です。GTECは、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を測るスコア型英語4技能検定です。今回はGTECの問題の特徴と対策、おすすめの勉強法をまとめました。

 

英語4技能スキルを測る試験『GTEC』とは


GTECの特徴1:英語4技能をスコアで算出

4技能「聞く・読む・話す・書く」のCEFR別結果を確認することができ、2020年の大学入試センター試験にかわる入試要件として活用されています。

現在2020年の教育改革に向けて英語教育について多くの議論がされ、特に大学入試に関しては、「聞く・読む・話す・書く」の4技能を総合的・統合的に指導するとした高校の新学習指導要領の趣旨を踏まえて、4技能をバランス良く問うタイプの入試への転換が迫られています。そうした要請に対応すべく開発された英語テストがベネッセコーポレーションが運営する英語試験『GTEC』です。

一般的にGTECと言えば、 GTEC for STUDENTSがよく知られています。このテストは、全国の高校で採用され、数多くの高校生が受験しています。また、すでに数多くの大学短期大学の推薦AO入試で活用されていますが、GTEC CBTはこれをベースに、大学の般入試での利用を想定して開発されました。GTECは新しく開発されたテストですが、GTEC for STUDENTSをベースとすることにより、日本人の大学受験生の英語力を測定するのに相応しい難易度のテストとなっています。

2017年にGTEC CBTとGTEC for STUDENTSは統合され、『GTEC』として1つになりました。現在はGTECと呼ばれる試験は、この2つの試験が統合されたものを指します。高校生は学校経由で受験が、社会人は個人でパソコンを用いて受験することができます

GTECの特徴2:大学入試で広く活用されている

多くの大学・短期大学の一般・推薦・AO入試でGTECのオフィシャルスコアが活用されています。 今後2020年の教育改革に向けてGTECを採用していく試験・大学は増えていく可能性が高いので、早い段階で準備をしておくと良いでしょう。

【活用している大学例】

  • 東京大学
  • 御茶ノ水女子大学
  • 首都大学東京
  • 青山学院大学
  • 亜細亜大学
  • 学習院大学
  • 東京海洋大学

GTEC入試活用校よ

GTECの特徴3:年間約90万人が受験

TOEICやTOEFLと比べるとあまり名前を耳にする機会が少ないかもしれませんが、2016年時点で日本中で93万人を超える受験者がいます。中学生、高校生を中心に英語4技能を測る試験として注目を集めています。


※GTEC公式サイトより


GTECの問題形式

GTECは4技能の英語力「聞く・読む・話す・書く」を測定するスコア型の検定試験で、すべてコンビュータで行う試験です。リス二ング・リデインク・スピーキングライテイングの4つのセクションから構成されており、解答もすべてコンビュターで行います。

また、GTECはCEFR(セファール:Common European Framework of Reference for Languages)という言語能力の国際指標に準拠した検定です。そのタスクは、学習指導要領から想定される「日常的な言語使用場面」におけるタスクと、大学での「アカデミックな言語使用場面」におけるタスクにより構成されています。

【各問題の設問数】

測定技能 Core Basic Advanced
リスニング 32 40 40
リーディング 28 36 43
スピーキング 12 - 12
ライティング 1 1 1


GTECリスニング問題の特徴

マークシート形式で出題されます。実際の英会話のように、英語を聞いて何かをしなくてはならないような現実の場面を想定して作文されており、単なるテストのための問題ではなく実践的な英会話のためのリスニング問題になっています。

【問題構と解答時間(分)】

問題 Core Basic Advanced
写真・イラスト説明問題
4 6 6
会話応答問題
4 5 5
課題解決問題
5 8 8
要点理解問題
5 6 6


GTECリーディング問題の特徴

マークシート形式で出題されます。語い・語法レベルの読解基礎力、速読的な読解力、そして精読的な読解力が問われる内容です。速読的な読みにおいては、短時間の中で必要な情報を引き出す情報検索の力をみる問題、そして全体をすばやく理解する概要把握の力をみる問題で構成されています。

【問題構と解答時間(分)】

問題

Basic
Advanced
写真・イラスト説明問題
5 6 7
会話応答問題 12 14 14
課題解決問題 15 25 24

GTECスピーキング問題の特徴

受検者の音声データを当社独自開発の採点システムにアップロードし、海外の採点拠点で「英語話者の視点」による採点を行います。採点評価の客観性を高めるため、各回の問題ごとに採点者の徹底した訓練を行うとともに、一つの音声解答を複数名の採点者が採点する体制を敷いています。

【問題構と解答時間(分)】

問題 Core Basic/Advance
A Reading Aloud ~音読~
6 6
B Listening and Responding ~質問を聞いて応答する~
4 4
C Telling a Story ~ストーリーを英語で話す~
1 1
D Expressing Your Opinion ~自分の意見を述べる~
1 1
※BasicとAdvancedは同じ問題

GTECライティング問題の特徴

【問題構と解答時間(分)】

与えられたテーマに対して自分の考えを表現する問題1題を、自由記述形式で出題します。

問題
Core Basic Advanced
自由記述 20 20 20


GTECのスコア配分

GTECはTOEICやTOEFLなど他の英語試験と違い、問題の難易度をAdvanced、Basic、Coreの3タイプから選べるのが最大の特徴です。どのタイプをご受検しても同じ評価基準でスコアを計測してくれます。自分自身の英語力によって問題を選べることが他の英語試験との大きな違いです。Coreが最も簡単で、Advancedが最も難しい問題になっています。

テストの結果は、上限を1400とするスコアとクレドにより評価、返却されます。

測定技能 Core Basic Advanced
リスニング 170点 250点 320点
リーディング 170点 250点 320点
スピーキング 100点     - 170点
ライティング 100点 160点
170点

※スピーキングのみBasic問題がありません


GTEC試験実施スケジュール

2019年度からは4月~12月年3回以上の検定日を設定されています。今後実施回数が増える可能性がありますので、必ず受験前に公式サイトから実施スケジュールを確認してください。

  • 2018年6月16日(土)
  • 2018年9月1日(土)
  • 2018年12月1日(土)


GTECの申込み方法・受験料

GTECは中学生・高校生は学校を経由してのみ受験可能です。詳細は学校の英語の先生にたずねてください。

また、社会人は自宅受験と公開会場での受験2パターンがあり、それぞれ受験料が異なります。

  • 自宅受験:8,000円(税抜)
  • 公開会場受験料:13,200円(税抜)


GTECのおすすめ対策法

2018年6月時点では、GTECの対策問題集は市販されていません。事前に対策をすることは難しいですが、1回受験をするとスコアレポートと冊子が配られるので、そのアドバイスをふまえて勉強をしていきましょう。近いうちにGTECの問題集なども販売されるでしょう。まずは受験することから対策を始めてください。

GTEC公式サイト

この記事が気に入ったらシェアしよう