英検1〜5各級の日程と試験時間まとめ【2018年最新版】

  • 英語試験対策
  • 英検

2018年度の英検試験日程をまとめました。各級によってスケジュールが異なりますので、受験する級のスケジュールを確認し、申し込みと勉強をするようにしてください。

 

2018年度英検試験日程

第1回

  • 一次試験:本会場/2018年6月3日(日)、準会場(すべての団体)/2018年6月2日(土)・3日(日)、準会場(中学・高校のみ)/2018年6月1日(金)
  • 二次試験:A日程/2018年7月1日(日)、B日程/2018年7月8日(日)

第2回検定

  • 一次試験:本会場/2018年10月7日(日)、準会場(すべての団体)/2018年10月6日(土)・7日(日)、準会場(中学・高校のみ)/2018年10月5日(金)
  • 二次試験:A日程/2018年11月4日(日)、B日程/2018年11月11日(日)

第3回検定

  • 一次試験:本会場/2019年1月27日(日)、準会場(すべての団体)/2019年1月26日(土)・27日(日)、準会場(中学・高校のみ)/2019年1月25日(金)
  • 二次試験:A日程/2019年2月24日(日)、B日程/2019年3月3日(日)

英検の各級について

英検の級は1級・準1級・2級・準2級・3級・4級・5級に分かれています。4級と5級は一次試験のみ、3級以上の級は一次試験と二次試験を実施しどちらにも合格しないといけません。

受験する場所について

一次試験は、2級から5級までが本会場または準会場にて実施し、1級・準1級は本会場のみで実施です。また二次試験はすべての級が本会場のみで実施。二次試験は受験者の団体区分・年齢区分や受験級などにより、A日程とB日程に分かれる。

2018年度第1回検定の一次試験は、本会場で2018年6月3日、準会場(すべての団体)で2018年6月2日・3日、準会場(中学・高校のみ)で2018年6月1日に実施。二次試験は、A日程が2018年7月1日、B日程が2018年7月8日に実施。本会場と準会場の区分、A日程とB日程の区分については、日本英語検定協会のWebサイトに詳しく掲載されている。

海外受験にも一部の国で可能

会場は、ロンドン・ニューヨーク・ロサンゼルス・ホノルルの4か所。なお、試験日や検定料などが日本国内とは異なるため、「海外受験会場案内」のWebサイトで情報を確認しましょう。


検定時間

級によって検定時間が異なりますので、自分が受ける級の時間をあらかじめ確認しておきましょう。

一次試験

  • 5級  13:00~14:25
  • 4級  09:30~11:10
  • 3級  13:00~14:55
  • 準2級 09:30~11:45
  • 2級  13:00~15:25
  • 準1級 09:30~12:00
  • 1級  13:00~15:50

二次試験

受験票に試験時間が記載されていますので確認しましょう。基本的なスケジュールは、

  • 午前:準1級、準2級
  • 午後:1級、2級、3級

となっていて、準がつく級は午前と覚えておくと良いでしょう。ただし、会場により午前に1級、3級を実施する場合がありますので必ず受験票を確認してください。


英検対策におすすめな問題集・オンライン英会話まとめ

英検対策におすすめな問題集&参考書

英検も、やはり合格への近道は過去問対策です。英検が公式で販売している過去問が各級で入手可能なので、ここから対策をスタートするのが良いでしょう。

5級

4級

3級

2017年度版 英検3級 過去6回全問題集CD (旺文社英検書)
旺文社 売り上げランキング: 826

準2級

2017年度版 英検準2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)
旺文社 売り上げランキング: 298

2級

2017年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)
旺文社 売り上げランキング: 636

準1級

2017年度版 英検準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)
旺文社 売り上げランキング: 1,714

1級

2017年度版 英検1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)
旺文社 売り上げランキング: 2,641

英検を運営する旺文社の『英検ネットドリル

旺文社が提供する、オンラインで学べる『英検ネットドリル』を利用するのもおすすめです。和訳のワンクリック表示はもちろん、発音及び聴解問題のワンクリック視聴、演習問題の自動正誤判定、解答・解説の自動表示など、CDを聴いたり、解答・解説集を見る手間が省けます。

さらに、意味の解らない単語にカーソルを当てると英単語の意味が表示される辞書機能、一度間違えた問題を効率よく復習できる弱点チェックなど機能も充実していて、これ一つでしっかりと学べるネット教材です。

英検対策ができるオンライン英会話サービス『ベストティーチャー

ベストティーチャーは英語4技能を総合的に学べるオンライン英会話です。ベストティーチャーの特徴は、4技能試験対策コースを出版社・試験運営団体と提携し全7つのコースを揃えている点です。

2020年の英語教育改革に向けて英語を話す・書く対策のニーズは高まっていますが、日本人が英語が話せない問題は、大学入試にスピーキングとライティングを含む4技能試験を出題されることです。そのため、英検などを利用して小中高の英語教育を変える動きが主流になっています。

ベストティーチャーの英検対策コースは:月額16,200円(税込)で本格的な対策レッスンを受けられます。独学では学びにくいという人はベストティーチャーで読む・書く・話す・聞くの英語4技能の対策をして準備しておくことをおすすめします。

おわりに:オンライン英会話・TOEIC対策が分かる学習ガイド

以上、英検の特徴と対策方法が見えてきましたか?しっかり事前準備をして、英検の試験へ臨んでください!

また、英検だけでなく英会話・TOEIC対策についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。英語学習のプロが厳選したサービスを徹底解説しています。

【オンライン英会話】 プロがおすすめするオンライン英会話32サービス比較ランキング【2018年最新版】

【TOEIC対策】 TOEIC満点のプロがおすすめするTOEIC勉強法・参考書まとめ スマホでTOEIC対策するなら『スタディサプリEnglish』が最高の英語学習アプリ

プロがおすすめする英語教材
4774ea29 6528 4427 8b06 92c31ac9ea43
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
1329a5d0 98f4 43ab b6b0 9870655b6104
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔英語試験対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー