【完全版】英検1級の難易度と問題の特徴まとめ

  • 英語試験対策
  • 英検

英検1級は、英検の試験において最終目標となる級です。ここまで来ると本当に上級者の仲間入りですが、そのぶん合格することは簡単ではありません。英検1級に合格するために、問題の特徴と難易度をしっかり理解しておきましょう!

英検1級について

「広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用できること」が求められます。資格としての活用も就職や転職、単位認定、海外留学や入試での優遇など広範囲にわたります。英語力の一定の実力の証として、合格しておくことで役立つ場面が増えてきています。また、英語力の目安としては「大学上級程度」に相当します。

2016年から問題形式が変更

2016年度第1回検定より,筆記試験の問題形式が一部変更になりました。リスニングと二次試験(面接)には変更はありません。どのように変わったのかを把握しましょう。

主な変更点は下記のとおりです。

〈筆記〉
籍英作文問題からPOINTSがなくなり,語数が200~ 240語となりました! 〈リスニング) 変更はありません。 〈面接〉 変更はありません。 〈含否判定) 英検CSEスコアが導入され,合否判定の方法が変わりました。

■一次試験(筆記・リスニング)
【主な場面・状況】家庭・学校・職場。地域(各種店舗・公共施設を含む)・電話・アナウンス・講義など 【主な話題】社会生活一般・芸術・文化・歴史・教育・自然・環境・医療・テクノロジー・ビジネス・政治など

■二次試験(面接形式のスピーキングテスト)
【主な場面・題材】 社会性の高い幅広い分野の話題
【過去の出題例】 科学の発展は常に有益か。芸術への財政的支援増加の是非。世界経済における日本の役割・ 選挙権の行使を義務化すべきか。遺伝子組み換え食品の安全性・公共の場における治安 改善の必要性など

合否判定方法

2016年度より、統計的に算出される英検CSEスコアに基づいて合否判定されます。Reading、Listening、Wrtting、Speakingの4技能が均等に評価され、合格基準スコアは固定されます。

申し込み方法

団体受験:学校や塾などで申し込みをすることができます。
個人受験:下記いずれかの方法でお申し込み可能です。

  1. インターネット:英検ウェブサイトから申し込み可能
  2. コンビニ:各種コンビニの情報端末から申し込み可能
  3. 本屋:検定料を直接払い申し込みが可能

検定料

8,400円

※ 1~ 3級の「一次免除者(一次試験に合格し、二次試験を棄権または不合格になった人は、一次試験を1年間免除され、二次試験から受験することができる)」の検定料は、通常の受験者と同額です。


英検1級問題の特徴と攻略法

一次試験(筆記)100分

1.短文の語旬空所補充隧

 20~ 30語程度の短文中の空所に入るべき語旬の4択問題が25問(うち5間は会 話形式)。(1)~ (21)が単語,(22)~ (25)が熟語の問題。単語は主に動詞,形容詞: 名詞で,熟語は「動詞+前置詞/副詞」の句動詞のみ。 

【おすすめ攻略法】
状況を素早く理解し,どのような意味合いの語が入るかを考え,適切な語を選ぶ。 消去法やスペルの似た単語から意味を推測することで選択肢を絞り込める場合もある。

2. 長文の語旬空所補充

2~4段落からなる350語程度の長文2本で,文中の空所に入るべき語句を4つの選択肢の中から選ぶ問題が各3間(計6間)。 

【おすすめ攻略法】
空所前後で話の筋を見失わないことが重要。そのためには,指示代名詞が指す内容 と接続表現に注意したい。空所文は,それ以降の内容のまとめとなつていることが 多い。

3.長文の内容一致選択

3~4段落からなる500語程度の長文2本と,8段落の800語程度の長文の計3本で,4つの選択肢から選ぶ内容一致問題が計10間。

【おすすめ攻略法】
先に設間を見てその答えを探しながら本文を読み進めたい。正解は本文の内容をま とめたり別の単語で言い換えたりしているので注意しよう。

4.おすすめ英作文

2016年度第1回検定から形式が変更。社会的問題に関する200~240語の英作文。3つの理由を提示し,「序論」「本文」「結論」で構成することが求められる。出題 は,第1回が「世界平和は達成可能か」,第2回が「非民主主義国に対して民主主 義を推進すべきか」。 

【おすすめ攻略法】
自分の主張を支持する理自3つを考えなければならないが,考えることだけに時間 をかけすぎないように注意。全体構成は「序論十理由1~3+結論」の5段落となることが多い。


一次試験(リスニング)30分

パート1:ダイアログ

ダイアログに関する内容一致の4択問題が10問。家庭や職場など,日常のさまざまな場面における男女間の会話が扱われる(10)のみ3人)。 

【おすすめ攻略法】
日常会話で使われる句動詞や言い回しなどの知識が必要。選択肢にある人名などの 固有名詞は必ず会話に出てくるので前もってチェックしたい。

パート2:パッセージ

短い説明文が5本放送され,それぞれについて内容一致の4択問題が2間ずつ,計10問出題される。内容は学術的なものが多い。

【おすすめ攻略法】
最初に読まれるタイトルは内容を予測する上で重要な情報。聞き慣れない専門用語 が出てきても説明がされるので慌てずに筋を追うことに集中しよう。

パート3:リアルライフ

実生活におけるアナウンスや指示文などが放送され,印刷されている状況(StuaJon)に合致する内容を選ぶ問題が5問。 

【おすすめ攻略法】
最初に設けられる10秒間に,tuaJonに示される条件のポイントとQuesuonを 頭に入れる。選択肢にも目を通せればなおよい。条件を満たすか否かに的を絞つて 音声を聞こう。

パート4:インタビュー

3分強程度のインタビューが放送され,内容一致の4択問題2間に答える。質問は主にゲストの仕事に関するもの。

【おすすめ攻略法】
インタビューが始まる直前にグストの説明があるので聞き逃さないようにしましょう。聞き手か らの質問は5つ程度。質問は短いが応答は長めなので適宣メモを取りながら整理し て間く。


二次試験(面接)10分

5つのトビックが提示され,1分間で1つを選び準備をして,2分間のスピーチを行います。トビックは政治からビジネス,科学など広い範囲に及びます。いずれも正解があるわけではなく賛否の分かれる問題で、今の社会状況が反映されています。

そのようなトビックに対して自分の意見を述ベるために背景知識を理解しておく必要があるため、日頃から問題意識を持つてニュースを読み様々な社会問題に対して根拠と共に自分の考えをまとめておくようにしましょう。日本語で答えられないことは英語でも答えられません。

【面接の流れ】
(1)入室係員の指示に従い,面接室に入ります。
(2)氏名の確認と日常会話面接委員があなたの氏名を確認し簡単な日常会話をしてから試験開 始です。
(3)トビックカードの受け取りとスピーチの考慮5つのトビックが書かれたトビックカードを受け取ります。1分間でトビックを1 つ選び, スピーチの内容を考えます。
(4)面接委員の指示に従い,スピーチをします。スピーチが終わる前に2分間が経過してしまった場合は,言いかけていたセンテンスのみ,言い終えることが許可されま す。
(5)Q&A(4分間)スピーチの内容やトピックに関する質疑応答が行われます。質問は, ネイティブス ピーカーと日本人の面接委員のそれぞれからされます。
(6)カード返却と退室試験が終了したら, トピックカードを面接委員に返却し,あいさつをして退室しま しょう。

TOEICと比較した時の英検の難易度と英語レベルの目安

英検1級とTOEICテストは、そもそもテストの性質が異なるため、単純な比較はできません。TOEICはビジネスコミュニケーションを測るための試験なので目的がそもそも異なります。 ですが、一定の目安としてTOEICスコアと比較すると英検1級のレベルが理解しやすくなります。

外国語運用能力の評価基準であるCEFRに基づいて各試験を比較した資料によると、英検1級合格は、TOEIC L&Rテストでは945点以上(満点は990点)、TOEIC S&Wテストでは360点以上(満点は400点)に相当すると発表されています。TOEIC受験経験のある人は、 参考にしてから受験すると良いでしょう。


※英語4技能試験情報サイト「資格・検定試験CEFRとの対照表」より


英検1級の過去問

英検ウェブサイトにて、直近3回分の過去問が公開されています。過去問は、試験終了後1週間程度でアップされるので、利用すると良いでしょう。

英検1級ウェブサイト:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/solutions.html





日本ではお馴染の「英検」、基礎的な内容からネイティブ同等のハイレベルな内容まで7つの級が設定されています。一度は受検したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ですが、現在の英検は昔とは大きく異なり、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能化に着目し、2016年に今までになかった級に「話す」「書く」の問題も導入することが発表され、英検も勉強としての英語というより、活きた英語力を試す内容が増えてきています。

今回は、そんな年々受検者も増え、需要の高まりを増す「英検」の各級についてご説明します。

英検1〜5級それぞれの特徴・レベル

英語の基礎を身につけを試す5級・4級・3級

5級:中学校1年生レベル

出題内容は、現在形の肯定文、否定文、疑問文。命令形。現在進行形などがあげられます。文法の基本SVO(主語+動詞+目的語)の肯定、否定、疑問の形をしっかりここで理解しましょう。

5級の過去問

4級:中学校2年生レベル

出題内容は、過去形、未来形(will、be going to)の肯定文、否定文、疑問文。命令形。canやhave toなどの助動詞。比較級があげられます。4級から長文問題も出題されます。5級の肝だった基本SVOをベースに過去、未来、助動詞が加わります。

4級の過去問

3級 中学校卒業レベル

出題内容は、現在完了形の一連の文法、受身形、使役系、so that, too to構文など。熟語をどれだけ覚えられるかもカギになります。

また、3級からは面接が必須になるのも大きな特徴です。英語で面接をすると思うと緊張するかもしれませんが、聞かれる内容も中学卒業レベルが身についていれば返せる内容ですので、落ち着いて回答すればOKです。

3級の過去問

センター試験と問題傾向が似ている準2級・2級

準2級:高校の標準英語レベル

新しい内容の文法はほとんどないですが、今まで習った文法を基にした応用が出ます。ここでも熟語をどれだけ覚えられるかがカギとなります。長文問題では、わざと準2級以上のレベルの単語をキーワードに含み、他の文で内容を把握すれば理解できるというようにトリッキーな長文問題も出てきます。

準2級の過去問

2級:高校卒業レベル

読解力、語彙力の順で合格のカギとなります。選択肢にある単語の意味や空欄箇所と前後に合う熟語をわかっても文章全体を理解して答えを選ばないと間違うように作られている問題が頻出されます。

2級の過去問

品格あるTPOも意識した英語使用を求める準1級・1級

準1級:英語環境にいても日常では不具合はほぼ生じないレベル

一般常識、義務教育の中で学ぶ一般知識をベースの問題になっているので、英語がわかっても一般知識がないと解けない問題が出題されます。日常生活の中で適切な応対を選ぶ問題では、英語のやりとりとしては合っているが、適切な回答ではないからはずれというトリッキーな内容も出題されます。

2級の過去問

1級:ネイティブレベル

語彙力が重要なカギとなります。日常で使わない英字新聞にでてくるような単語が多く出てくるので、選択肢に出てくる単語の難易度はとても高いです。長文はTOEIC900点以上を目指す参考書のレベルと同一くらいになります。

1級の過去問

英検の各級の特徴まとめ

習得目標 推奨目安 出題目安 出題形式

使える英語の登竜門

  • 基礎力定着
  • 高校入試レベル
5級 中学初級程度

英語を習い始めた方の最初の目標。
家族のこと、趣味やスポーツなど身近な話題が出題されます。
英語の基礎固めに最適です。
スピーキングテストも受験可能です。

  • 筆記
  • リスニング
  •  録音形式のスピーキングテスト
4級 中学中級程度

出題形式や内容が、より実用的に。
身近なトピックを題材とした読解問題が加わります。
基礎力をぐんぐん伸ばしていきましょう。
スピーキングテストも受験可能です。

  • 筆記
  • リスニング
  •  録音形式のスピーキングテスト
3級 中学卒業程度

二次試験でスピーキングテスト。英語で考えを伝えましょう。
筆記試験の題材は、海外の文化など少し視野が広がります。
中学卒業段階の英語力の達成目標:3級(文部科学省)

  • 筆記
  • リスニング
  • 面接

使える英語で世界へ

  • 大学入試レベル
  • 2級から海外留学
  • 履歴書で評価される
準2級 高校中級程度

教育や科学などを題材とした、長文の穴埋め問題が加わります。
センター試験の問題形式と共通点が多く、入試対策にも最適。
高校卒業段階の英語力の達成目標:準2級~2級(文部科学省)

  • 筆記
  • リスニング
  • 面接
2級 高校卒業程度

医療やテクノロジーなど社会性のある英文読解も出題されます。
海外留学、国内での入試優遇・単位認定など、コミュニケーション力が高く評価されます。
ビジネスシーンでも採用試験の履歴書などで英語力をアピールできます。
ライティングが加わります。

  • 筆記
  • リスニング
  • 面接

リーダー(品格)の英語

  • ライティング、スピーキングを含む4技能の総合力を測定
準1級 大学中級程度 エッセイ形式の実践的な英作文の問題が出題されます。
「実際に使える英語力」の証明として高く評価されています。
  • 筆記
  • リスニング
  • 面接
1級 大学上級程度 二次試験では2分間のスピーチと、その内容への質問がなされます。
カギは英語の知識のみでなく、相手に伝える発信力と対応力。
世界で活躍できる人材の英語力を証明します。
  • 筆記
  • リスニング
  • 面接

英検公式サイトより抜粋

各級に合格できる点数の目安

過去の英検は一次試験は全体の7割がボーダーと言われていましたが、今の英検はそうではなく、リーディング・リスニング・ライティングの3技能(4級以下はリーディングとリスニングの2技能)の各技能スコアの合算で合否が判断されます。

また、二次試験ではスピーキングテストまたは面接のスコアのみで合否が出ます。

毎回この点数を取れば合格!というラインが一定ではないのですが、目安としてこれくらいの点数であれば合格するであろうという目安がこちらになります。

一次試験に合格できる点数目安

満点 合格点数
5級 850 420
4級 1000 620
3級 1650 1100
準2級 1800 1320
2級 1950 1520
準1級 2250 1790
1級 2550 2028

二次試験に合格できる点数目安

満点 合格点数
5級 425 不明
4級 500 不明
3級 550 350
準2級 600 410
2級 650 460
準1級 750 510
1級 850 600 

英検公式サイトより

英検も"活きた英語力"を意識した試験内容へと変化

かつては、5級~2級においては中学、高校で学ぶ内容にほぼ沿っており、マークシートなので、シンプルな試験でした。

ですが、近年、日本の英語教育の見直し、グローバル化に伴い、「読む」「聞く」に重点を置いていたのが、「読む」「聞く」「話す」「書く」と4技能をバランスよく、英語力をつけて、机上だけではない、より活きた英語力を養う試験内容に変化しています。

すべての級で筆記試験だけでなく、面接または録音形式のスピーキングテストが必須になっています。

5〜4級 録音形式スピーキングテスト
3〜1級 面接官と1対1の面接

TOEICのようにリスニングとリーディング問題だけで終わることがないので、よりコミュニケーションに役立つ英語を身に着けているかどうかが大事になってきます。

高校・大学入試でも英検を活用する大学が増加中!

学生の方には英検の級によっては高校、大学入試で優遇されるので受検を強くお勧めします。英語力の証明だけでなく、入試の学科試験免除、入学金・授業料免除や英語科目の単位認定など、 さまざまな優遇措置を受けられます。

英検は1回しか受けられない入試とは違い何度でも受けられるので、事前にしっかり準備することができますので単純に有利ですね。英語が苦手な人ほど、英検であらかじめ英語力を証明しておくと有利に働くでしょう。

また、大人になって改めて英語を勉強する方も意外と基本的な文法を忘れているけど、それに気づかず、レベルに合っていない勉強をされている方がいるように感じます。大人になって改めて英語の勉強を始める方は、記憶を思い出すために、まずは学校の勉強に沿った英検を受けて基礎固めをするのはいかがでしょうか。

大学入試での入試優遇・単位認定校の例

  • 国際教養大学
  • 千葉大学
  • お茶の水女子大学
  • 亜細亜大学
  • 一橋大学
  • 学習院大学
  • 国際基督教大学
  • 首都大学東京
  • 上智大学
  • 青山学院大学
  • 中央大学
  • 津田塾大学
  • 東京海洋大学
  • 東京基督教大学
  • 東京大学

その他、優遇している高校・大学は英検公式サイトから確認できます。

英検による入試優遇・単位認定校一覧

英検対策におすすめな問題集・オンライン英会話まとめ

英検対策におすすめな問題集&参考書

英検も、やはり合格への近道は過去問対策です。英検が公式で販売している過去問が各級で入手可能なので、ここから対策をスタートするのが良いでしょう。

準1級

2017年度版 英検準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)
旺文社 売り上げランキング: 1,714

1級

2017年度版 英検1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)
旺文社 売り上げランキング: 2,641

英検を運営する旺文社の『英検ネットドリル』もおすすめ

旺文社が提供する、オンラインで学べる『英検ネットドリル』を利用するのもおすすめです。和訳のワンクリック表示はもちろん、発音及び聴解問題のワンクリック視聴、演習問題の自動正誤判定、解答・解説の自動表示など、CDを聴いたり、解答・解説集を見る手間が省けます。

さらに、意味の解らない単語にカーソルを当てると英単語の意味が表示される辞書機能、一度間違えた問題を効率よく復習できる弱点チェックなど機能も充実していて、これ一つでしっかりと学べるネット教材です。

英検対策におすすめなオンライン英会話サービス『ベストティーチャー

ベストティーチャーは英語4技能を総合的に学べるオンライン英会話です。ベストティーチャーの特徴は、4技能試験対策コースを出版社・試験運営団体と提携し全7つのコースを揃えている点です。

2020年の英語教育改革に向けて英語を話す・書く対策のニーズは高まっていますが、日本人が英語が話せない問題は、大学入試にスピーキングとライティングを含む4技能試験を出題されることです。そのため、英検などを利用して小中高の英語教育を変える動きが主流になっています。

ベストティーチャーの英検対策コースは:月額16,200円(税込)で本格的な対策レッスンを受けられます。独学では学びにくいという人はベストティーチャーで読む・書く・話す・聞くの英語4技能の対策をして準備しておくことをおすすめします。

英検の申込方法

インターネット、コンビニ、特約書店にて申し込み可能です。

方法1:インターネット

英検IDをお持ちでない場合は、英語学習応援サイト「英ナビ!」ウェブサイト、または「英検クイック申し込み」で個人情報を入力して取得していただき、申し込み手続きに進みます。

英検インターネット申込み

方法2:コンビニ

お申し込み・お支払いがコンビニエンスストア(ローソン・ミニストップ・セブン–イレブン・ファミリーマート・サークルK・サンクス)の情報端末機で申込期間中24時間いつでもできます。店頭の情報端末にて必要情報を入力し、出力される「申込券」を持って、30分以内にレジにてお支払いください。

方法3:特約書店

蔦屋書店などで願書をお求めいただき、願書に記入して郵送します。各申込方法の詳しい内容は、日本語英語検定公式サイトで確認できます。

おわりに:英語学習ガイドの参考記事

以上、英検の特徴と対策方法が見えてきましたか?しっかり事前準備をして、英検の試験へ臨んでください!

また、英検だけでなく英会話・TOEIC対策についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。英語学習のプロが厳選したサービスを徹底解説しています。

【オンライン英会話】 プロがおすすめするオンライン英会話32サービス比較ランキング【2018年最新版】
【TOEIC対策】 TOEIC満点のプロがおすすめするTOEIC勉強法・参考書まとめ スマホでTOEIC対策するなら『スタディサプリEnglish』が最高の英語学習アプリ

プロがおすすめする英語教材
4774ea29 6528 4427 8b06 92c31ac9ea43
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
1329a5d0 98f4 43ab b6b0 9870655b6104
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔英語試験対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー