まずはTOEIC500点!おすすめ教材と時間配分まとめ

  • TOEIC対策
  • TOEIC全般

TOEICの毎回の平均点は約500点です。500点以下の人は、英語の勉強をしていなかったか、TOEICでの戦い方を知らなかった人でしょう。スコアを見て落胆したかもしれませんが、TOEICというものを知り、どのように対策すれば必ずスコアアップします。ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

そもそもTOEIC500点ってどういうレベル?

TOEICのスコアの平均的スコア=履歴書に書くには不十分


国際ビジネスコミュニケーション協会発表・2017年9月実施第223回平均スコア・スコア分布/表はEnglish Hacker編集部作成)

TOEICを主催している国際ビジネスコミュニケーション協会によってA〜Eまでランクが分かれています。

  • Aランク 860点以上 Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる
  • Bランク 730点以上 どんな状況でも適切なコミュニケーションがでくる素地を備えている
  • Cランク 470点以上 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる
  • Dランク 220点以上 通常会話で最低限のコミュニケーションができる
  • Eランク 215点以下 コミュニティーができるまでに至っていない

(参考記事:PROFICIENCY SCALE - 国際ビジネスコミュニケーション協会

五段階の中での真ん中のレベルなので、500点を取ることはとても日本人としては平均的な点数です。ただし、平均的な点数なので、履歴書の強みにすることはできません。履歴書に書くスコアの目安は600点です。それでも必要最低限の英語を知っているというだけの印象になるので、履歴書でTOEICについて言及したければ最低600点は必要だと思っていてください。(参考記事:履歴書にかけるTOEICの点数は何点から?就活・転職に必要なスコアまとめ

世間が抱くTOEIC500点の印象

平均点なので「TOEICのために時間をとって勉強ををしなかったんだな」と思われるでしょう。600点でやっと基礎力が付いていると判断されるので、今まで英語に時間をかけて向き合ってこなかったと判断されます。

もし、一生懸命勉強しているつもりでも500点に到達していなければ、やり方が間違っている可能性が高いです。また、「150点アップして500点です!」という努力のアピールをする人もいますが、スタートがかなり低いため、今まで英語の基礎力が全くなかったことが露呈してしまいます。いずれにせよTOEIC500点は採用にプラスに働くほど強い材料ではありません。履歴書にTOEICについて書きたければ、500点をクリアして、600点を目指しましょう。(参考記事:TOEIC600点はなぜ必要?対策教材と時間配分まとめ

TOEIC500点未満のTOEIC対策

TOEIC500点未満の人の英語力

  • 中学英語程度の理解
  • 文法用語をわかっていないので、解説を読んでも理解できない
  • Do you~, This is~レベルは理解できても、三人称単数・受け身は指摘されないと自分で気がつけない
  • TOEICリスニングはカタカナと似た発音の単語が聞こえる程度で、ほぼお手上げ状態
  • 一生懸命勉強するつもりがあっても無料アプリ・ウェブの無料情報をかき集めて継続しない傾向がある

TOEIC500点未満の人の学習ポイント

  • 単語を覚えれば飛躍的にできることが広がるので、学習すればするほぼ伸びを楽しめる
  • 新しいことを学ぶ楽しさを経験できれば、学習継続が可能
  • 「どうせ英語はいつもだめだし」と投げやりにならず、できることから始める
  • 参考書選びで間違うと、「やっぱりだめだ」となってしまうので、適切な参考書を選ぶこと

TOEIC500点未満の人の学習スタートポイント

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
TEX加藤
朝日新聞出版 (2017-01-06)
売り上げランキング: 23

「600点レベル 助走の400語」までの習得を目標に、繰り返し学習しましょう。単語力がアップすることで、とりあえず問題中の文章の主題がつかめるようになります。

目標スコアが600点でなので、730点までの単語まで覚えることができれば御の字です。860点以降の難しい単語を覚えるのに時間を割くより、600点・730点レベルの単語を確実に覚えていくのが効率が良い学習方法です。

参考記事:TOEIC単語帳・金のフレーズの効果的な使い方とスコアアップする勉強法


目標スコア500点のTOEICリーディング時間配分

Part 時間 各設問時間配分
5 20分 1問40秒
6 10分 1文書2分半
7 40分 1問44秒


500点を目指す学習者は、パート5を20分目一杯つかって解くことを目指してください。
これを再現しようとしても、おそらくそれ以上時間をかけてしまうでしょうが、それは想定内のことです。ただし、なるべくこの時間配分を守るように心がけてくださいね。

500点を目指している人はパート5、6で確実にスコアをしていきたいので、ここでは落ち着いて、ケアレスミスのないように、わかる問題は確実に正解してください。

パート5はTOEICに出てくる公式がわかっていれば、10秒かからずに回答できる問題も数多くあります。詳しくはTOEIC問題パート5・リーディング文法問題の特徴と対策の記事を参考にしてください。

今までは、パート7はすべてマークシートを塗り絵にしてきたことでしょう。500点を目指しているレベルの学習者にはパート7をすべて回答しきる力はありません。パート7の問題構成は全部で54問です。後半になればなるほど、読む文章の量が増えてきて、初心者には辛いものになってきます。ですから、パート7の前半の29問をきちんと読んで回答できれば御の字です。パート7の詳しいについてはTOEIC問題パート7リーディング問題の特徴と対策の記事を参考にしてください。

TOEICは時間配分と戦略がとても大切なテストです。このレベルの学習者はパート5、6でスコアを稼ぐことが一番大切なので、パート7で捨てる部分があっても問題ありません。

TOEICの対策記事

TOEIC500点はプロにサポートしてもらって達成しよう


英語学習の右も左もわからない、参考書の解説を読んでもよくわからず、文法用語をインターネットで検索しても結局わからないという挫折を経験したことはありませんか?英語はもちろん一人で勉強できるものですが、一人で調べたり、解決する力がないと、とても効率が悪く、ストレスだけが溜まる経験になってしまいます。せっかくやる気になっていても、そのような経験の繰り返しでは心が折れてしまって当然です。

English Hacker Campでは、TOEICのプロがリードするので、効率的なTOEIC対策ができます。わからないところはLINEですぐに相談することができるので、文法用語のためにネットサーフィンに時間を割く必要もありません。週二回のテスト、コーチの解説で、一人で参考書とにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。緊急でTOEICのスコアを伸ばさなくちゃいけない、どうしても500点が必要な状況でお悩みの方はぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2