TOEICは英会話の勉強に役に立たないの?TOEIC L&Rで身につけられる英会話力

  • TOEIC対策
  • TOEIC全般

「TOEICの勉強をしているだけでは英語は話せない!」「ハイスコアでも英語は話せない」「ネイティブでも満点を取れない」と言われがちですが、本当にそうなのでしょうか?英語を勉強しようと思っているけどTOEICから始めていいのかな?と不安になっている方のために、TOEICの試験自体をよく知らない方でもわかるように、TOEIC L&Rで身につけられる英会話力について解説します。

TOEIC L&Rで身につけられる英会話力とは?


Part1 写真描写問題

一枚の写真があり、選択肢・問題文の記載はありません。問題用紙を一瞬見た感じはほぼアルバムです。流れてくる選択肢から、その写真の様子を適切に説明しているものを選びます。

身につけられる英会話力

  • 何か見たもの・デザインの説明をされたら理解できる

参考記事:TOEIC問題パート1写真描写問題の効率的な解き方

Part2 応答問題

こちらの問題も選択肢・問題文の記載はありません。問題文に記載されているのは「マークしろ」のみ。一問につき、一言だけ、コメントのような文章が流れてきます。その文章に対して正しい応答となる選択肢を選びます。

身につけられる英会話力

  • イエス・ノー以外で質問に対して答えられても理解できる
  • 自分が質問して、思ってもみなかった答えが返ってきても理解できる

参考記事:正答率が上がる!TOEIC問題パート2リスニング問題の特徴と対策

Part3 会話問題

2~3人の会話文を聞いて、その会話に沿った問題が1会話音声につき、3問出題されます。

身につけられる英会話力

  • 友達・同僚の会話を理解できる
  • 会議で話の流れを理解できる

    参考記事:TOEICパート3の問題パターンを徹底分析!対策方法を知って攻略せよ!

    Part4 説明文問題

    Part3と違い、こちらは一名が約40~50秒話します。トピックはスピーチ、会議の一部、広告、お知らせなどです。その1つの説明内容に関して3問出題されます。後半のほうには地図やグラフを見て回答するものも出てきます。

    身につけられる英会話力

    • 会議で指示された内容・イベントのオープニングトークが理解できる
    • ラジオの広告・お知らせ・説明の内容が理解できる
    • 質問を挟めないような一方的な話も理解できる

    参考記事:TOEICパート4を攻略!問題傾向と出題パターンを掴んでスコアアップ!

    Part5 短文穴埋め問題&Part6 長文穴埋め問題

    俗に言う文法問題です。15語程度の短文に空欄があり、文脈に適した単語を選択していきます。文全体の意味を理解しなくても、空欄の前後だけでわかる問題も多数あります。

    身につけられる英会話力

    • 日常会話に必要な語彙を数多く身につけられる
    • ※日常会話で穴埋めをする機会はないので、パート5,6は実はあまり実践的な問題ではありません。ただし、ここのパートのための勉強は語彙力のアップに繋がるので、試験自体は日常で求められなくても、この勉強は無駄にはなりません。

    参考記事:TOEIC問題パート5・リーディング文法問題の特徴と対策TOEIC問題パート6リーディング問題の特徴と対策

    Par7 長文読解問題

    題材となる文書は、Eメールやお知らせ、ウェブページやオンラインチャットなど日常的なビジネスの現場を再現したものがほとんどです。慣れないうちはビジネス的な英文にとまどうことも多いので、しっかり事前に対策をしないとなかなか高スコアは取れないので、しっかりパターンを把握しておきましょう。

    身につけられる英会話力

    • チャット・メール・お便り・記事を素早く読めるようになる
    • 本・映画のレビューを読めるようになる

    参考記事:TOEIC問題パート7リーディング問題の特徴と対策

    TOEICの勉強をしているだけでは英語は話せない?

    L&Rは話すための勉強ではないので、話す練習をせずに、ハイスコアをとっただけで自分から発言して流暢に話すことはできないでしょう。自分で応答する力を磨きたければTOEICスピーキングテストはとても良いテストです。英会話スキルが分かるTOEICスピーキングテストの問題・内容と対策&勉強法の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

    TOEICハイスコアでも英語は話せない?

    前述の通り、自分発信の英語は音読やシャドーイングをしていないと厳しいです。しかし、TOEIC L&Rでメールのコミュニケーション(Part7)、友達・同僚の会話(Part3)、指示・説明(Part4)は理解できるはずなので、英語のメッセージ・声かけをされたとき、必要であれば静かな場所ではっきり言ってもらえれば理解することはできます。

    「TOEICのリスニング音声はナレーターの丁寧な、雑音もない音声だからだめだ!」と言われがちですが、英会話初心者がいきなり複雑な設定のドラマを見ながら英語を勉強してもついていけません。特にビジネス英語・オフィスで使われる英語はドラマで学ぶことは難しいです(舞台はオフィスであっても仕事の話に焦点があてられないため)。その教材としてはTOEICはぴったりです。

    TOEICはネイティブでも満点が取れない?

    TOEICはリスニング、リーディングが各100問、合計200問の約2時間のテストです。集中力が必要なテストなので、うっかり者のネイティブなら満点にならなくても不思議はないでしょう。

    さらにリスニング問題はアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアと四カ国の英語がバランス良く流されます。それに加えてTOEICのリスニング問題は一度しか流れません。

    想像してみてください。もしあなたが全く馴染みのない訛りの日本語をサっと一度だけ言われたら、聞き返すかもしれないですよね。それと同じです。

    英語ペラペラだけどTOEICが低い人もいるからスコアの意味がない?

    通じる英語だけでいいならTOEICはいらない

    TOEICではスコアはとれないけど英語ペラペラ(※ここでは流暢さ・発音のレベルに関係なく、満足なコミュニケーションが取れているレベルをさします。会話のスムーズさ・文法の正確は問いません)の方の可能性は以下です。

    • TOEICに出題されないタイプの会話が得意
    • 言語のレベルを超えてコミュニケーション能力が高い
    • 自分に必要な英会話フレーズを的確に使っている
    • 汎用性の高い単語(例:do, get, have,)を上手に使っている
    • (上手かどうかは別にして)ハッキリ発音する

    TOEICで求められる英会話のシチュエーションは限られています。基本的にビジネス英語なので、社内恋愛の話や上司の悪口は出てきません。ですから、例えばガールズトークをしたい、国際恋愛をしたい人にとっては不向きです。

    TOEICリスニング問題と日常会話の話題の違いの例
    TOEICによく出る話題 日常会話でするけどTOIECにない話題
    会議
    広告(新店舗オープン、セールなど)
    注文内容変更
    イベントで誰かを紹介するスピーチ
    出張の手配
    恋愛
    家族
    日本について
    文句・悪口・噂話
    体調不良


    英語に限りませんが、例えば外国人が下手であっても一生懸命日本語で話そうとしたら、私たち日本人は一生懸命聞こうとしますよね。そして意思疎通ができたら、理解しあえたらとても嬉しいものです。ただ、聞き手の我慢・想像力に依存している時点でペラペラというのは難しいでしょう。

    ビジネスの場なら、相手にそこまで頼らなければいけない時点でスマートではありません。「私は英語を通して人との触れ合いを大事にしたいんだ!」程度のレベルでいいのであれば、TOEICは一生懸命やらなくても良いでしょう。いくつかのフレーズとその場のノリで目標は叶います。

    「大人として自分が日本語で振舞うときのように、ビジネスパーソンとして英語を使いたい」という方であれば、TOEIC L&Rで語彙・文法を学ぶことをおすすめします。

    TOEICは時間制限がきついので時間配分を知らないと解き終わらない

    TOEICでチャットやメールの読解問題(Part7)は出題されますが、ネットスラングなどは出題されません。TOEICでスコアは低いけどペラペラな人たちは、スラングをよく知っている傾向にありますよね。しかし英会話の場面だとそのこなれた表現が流暢に聞こえるかもしれませんが、TOEICではその力を発揮できません。

    TOEICに使われない英語表現
    オンラインスラング 日常会話表現
    lol
    brb
    ttyl
    wtf
    tgif
    wanna
    gonna
    gotta
    ain't
    f*ck


    また、Part7は読む量がとても多いです。その中でも記事・書評など長い文章を読み慣れていない方々であれば、辛いものがあります。また、TOEICの制限時間は割とキツキツなので、素早く読むということが普段必要ない方々の可能性もあります。

    参考記事:TOEIC対策・リーディングパートのパート別時間配分の決定版!

    TOEICの勉強は英会話力にも繋がる

    TOEICの勉強はビジネス英語がメインです。ビジネス英語を勉強するツールはその他の教科書やオンライン英会話など、様々な方法がありますが、TOEICなら年の10回の試験があるので定着度を確認できるので、モチベーションも保ちやすく、自分の弱点も発見しやすいです。

    TOEIC L&Rは話す練習をするものではないので、自分から発信する能力を飛躍的に伸ばすものではありませんが、言われた・送られてきた英語を理解するための基礎固め・知識を増やす教材としては大人にとって最適です。

    TOEICの勉強を通して単語や文法のインプットをしっかりしてから英会話の練習をしないと、話すことがないので話せません。その英会話の基礎知識をつけてから、会話の練習にうつるのがおすすめです。

    「簡単な英語から始めよう」とよく言われますが、大人がずっと好きでもない幼児番組を見るのは苦痛ですよね。それなら自分のシチュエーションと絡めながら想像できるTOEICはストレスは少ないはずです。

    TOEICでは登場人物は基本的にビジネスマンです。大人として恥ずかしい表現も使っていないので、TOEICのフレーズをそのまま使って恥をかくこともありません。

    「私はアメリカの高校生みたいに、学校で恋愛トークをしたいんだ!」のような目的の方にはTOEICは不向きですが、社会人としてオフィスでスマートに振る舞いたいと考えている方には実践的なのでおすすめです。自分の目的に合った英語学習をしていってくださいね!

    TOEICで学んだ英語を英会話力に繋げよう


    English Hackerで提供しているEnglish Hacker Campでは、TOEICコース・英会話コースともに音読教育に非常に力を入れています。どういう風に話せばネイティブっぽくなるかを海外経験豊富な日本人コーチがサポートします。ネイティブの発音を理解することで、リスニングの力がアップします。TOEICの勉強だけでなく、発音をなんとかしたい、TOEICのリスニングパートで結果を出したいという方はぜひ無料カウンセリングにお申し込みください!

    プロがおすすめするTOEIC教材
    6424906c cf56 4720 b04b e524b5ddcd13
    スタディサプリENGLISH
    おすすめ度:★★★★★
    ✔動画授業で全パート対策可能
    ✔練習問題は2,000以上掲載
    ✔1日約82円!月額2,480円〜
    41140c5c 2c43 4cdc aa5d 33d5fe10c85c
    レアジョブ英会話
    おすすめ度:★★★★☆
    ✔TOEIC対策コースあり
    ✔リスニング問題を集中対策
    ✔毎日レッスン受講可能
    8451f298 fb93 4669 920a 1b4bd751eaf3
    レアジョブ英会話
    おすすめ度:★★★★★
    ✔TOEIC対策コースあり
    ✔最高品質の教材カリキュラム
    ✔日本語サポートあり
    この記事が気に入ったらシェアしよう
    英語学習に役立つ情報を購読!
    英語の相談を受付中!編集長をフォロー