TOEIC品詞問題対策・英語の形容詞と副詞の見分け方

  • TOEIC対策
  • TOEICリーディング

英語の品詞の中でも、特に形容詞と副詞の違いがよく分からないという声を耳にします。実際にTOEICなどの試験で形容詞と副詞を見分ける問題が数多く出題されていることから、学習者にとって両者の違いを理解することは、文法の基礎固めとして大切な要素と言えるでしょう。
今回は、英語の形容詞と副詞の違い、そして見分け方を紹介します。

形容詞と副詞の違い

人や物の性質や状態を表し、名詞を修飾するのが形容詞、動詞、形容詞、副詞、また文全体を修飾するのが副詞です。どのような品詞を修飾しているのか分かれば、その語が形容詞なのか副詞なのか見分けることができます。

形容詞

名詞を修飾する

“She is a famous singer.”(彼女は有名な歌手だ。)
“She is popular.”(彼女は人気がある。)

副詞

動詞を修飾する

“She sings happily.”(彼女は楽しそうに歌う。)

形容詞を修飾する

“She is so beautiful.”(彼女はとても美しい。)

副詞を修飾する

“She dances very well.”(彼女はとても上手に踊る。)

文全体を修飾する

Certainly, she is the one of the best singers in the world.”(確かに、彼女は世界でもっとも素晴らしい歌手のひとりだ。)

接尾辞

接尾辞の理解は、形容詞と副詞を見分ける大きな助けとなります。それぞれの代表的な接尾辞を覚えておきましょう。

形容詞

-able
available(利用できる)
-al
official(公式の)
-an
urban(都会の)
-ant
brilliant(見事な)
-ary
military(軍の)
-ate
delicate(壊れやすい)
-ent
different(異なった)
-esque
picturesque(絵になる)
-ful
beautiful(美しい)
-ible
visible(目に見える)
-ic
rustic(素朴な)
-ical
musical(音楽の)
-ish
stylish(おしゃれな)
-ive
native(出生地の)
-less
endless(果てしなく続く)
-like
childlike(子供のような)
-ly
daily(毎日の)
-ous
delicious(おいしい)

副詞

-ly
happily(幸せに)

* 「形容詞+ -ly」で多くの副詞を作ることができます。

bad(悪い)- badly(悪く)
angry(怒った)- angrily(怒って)
terrible(ひどい)- terribly(ひどく)

間違いやすい形容詞と副詞

形容詞の語尾に “-ly” をつければ、すべての形容詞が副詞に変わるというわけではありません。ひとつの単語が形容詞と副詞の両方の働きをするもの、また形容詞の語尾に “-ly” をつけると意味が変わってしまうもの、語尾が “-ly” でも形容詞ではなく副詞のものなど、いくつか覚えておきたい単語を紹介します。

形容詞と副詞の形が同じもの

He is a fast runner.(彼は走るのが速い。)

He runs fast.(彼は速く走る。)

“fast” は形容詞として、また副詞として使われます。例文は「速い(形容詞)」「速く(副詞)」という意味で “fast” を使っていますが、“fast” のもう一つの意味である「しっかりした(形容詞)」「しっかりと(副詞)」を表すときにも、形容詞と副詞の形は同じ “fast” で変わりません。

  • daily(毎日の / 毎日)
    * “weekly”(毎週の / 毎週)、“monthly”(毎月の / 毎月)、“yearly”(年間の / 年間)も同様です。
  • direct(まっすぐな / まっすぐに)
    * “directly”(まっすぐに)という副詞もあり、同じように使われます。
  • early(早い / 早く)
  • enough(十分な / 十分に)
  • fast(速い / 速く)
  • free(自由な、無料な / 自由で、無料で)
  • hard(懸命な、激しい / 懸命に、激しく)
  • last(最後の / 最後に)
  • late(遅い / 遅く)
  • long(長い / 長く)
  • low(低い / 低く)
  • straight(まっすぐな / まっすぐに)

形容詞と副詞が同じ形だけれど意味が異なるもの

She is so pretty.(彼女はとてもかわいらしい。)

It was pretty cold yesterday.(昨日はけっこう寒かった。)

“pretty” は形容詞としても、副詞としても使うことができます。形容詞は「かわいらしい」、副詞だと「かなり」や「けっこう」を意味します。ちなみに、「かわいらしく」を意味する副詞は、“prettily” です。
このように、同じ形の単語でも、形容詞と副詞で意味が変わってしまうものもあります。

  • clean(形容詞-清潔な / 副詞-すっかり
    * cleanly(副詞-清潔に、見事に)
  • dead(形容詞-死んだ / 副詞-完全に)
    * deadly(形容詞-致命的な /副詞-とてもひどく
  • just(形容詞-正しい、正確な / 副詞-ちょうどただ~だけ
    * justly(副詞-公正に、正しく)
  • sound(形容詞-健全な / 副詞-ぐっすり
    * soundly(副詞-ぐっすり)
  • pretty(形容詞-かわいらしい / 副詞-けっこうかなり
    * prettily(副詞-かわいらしく、きれいに)
  • right(形容詞-正しい、適当な、右の / 副詞-正しく、まったくちょうど
    * rightly(副詞-正しく、当然)
  • short(形容詞-短い、不足している / 副詞-突然不愛想に
    * shortly(副詞-まもなく、不愛想に)
  • well(形容詞-健康で / 副詞-よく上手にかなり
    * 副詞 “well”(よく)に対応する形容詞は “good”(よい)です。

形容詞の語尾に "-ly” をつけると意味が変わってしまうもの

I was late for school.(学校に遅れた。)

I stayed up late last night.(昨夜は遅くまで起きていた。)

I haven’t seen her lately.(最近、彼女に会っていない。)

“late” は「遅い」を意味する形容詞、または「遅く」「遅れて」を表す副詞です。遅れている状態を表現するときには、形容詞も副詞も “late” という同じ形を使います。
形容詞 “late” には「最近の」という意味もあり、たとえば “in late years” で「近年は」のように表すこともできます。こちらの意味の副詞が “lately” (最近)です。「遅い」という意味で、“lately” は使われません。

  • close(形容詞-接近した / 副詞-接して)
    closely(副詞-念入りに、密接に)
  • deep(形容詞-深い / 副詞-深く)
    deeply(副詞-深く、ひどく
  • fair(形容詞-公平な、適正な / 副詞-公平に)
    fairly(副詞-かなり、公平に)
  • hard(懸命な、激しい / 懸命に、激しく)
    hardly(副詞-ほとんど~ない
  • high(形容詞-高い / 高く)
    highly(副詞-非常に高度に
  • late (形容詞-遅い、最近の / 副詞-遅く)
    lately(副詞-最近
  • low(形容詞-低い / 副詞-低く)
    lowly(形容詞-地位や身分の低い、副詞-みすぼらしく
  • most(形容詞-最も多い、副詞-最も)
    mostly(副詞-たいてい
  • near(形容詞-近い、副詞-近くに)
    nearly(副詞-ほとんど

語尾が “-ly” だけれど形容詞のもの

He is friendly to everyone.(彼は誰に対しても感じがいい。)

“friendly” は、語尾が “ly” ですが、「友好的な」を意味する形容詞です。“-ly” という語尾をみただけで、副詞と判断してしまわないように気を付けましょう。

  • costly(高価な)
  • cowardly(臆病な)
  • friendly(友好的な)
  • likely(ありそうな)
  • lively(元気な)
  • lonely(孤独な)
  • lovely(美しい)
  • orderly(きちんとした)
  • silly(愚かな)
  • timely(ちょうどいい)
  • ugly(醜い)
  • unlikely(ありそうもない)
  • daily(毎日の)
  • monthly(毎月の)
  • yearly(毎年の)

確認テスト

形容詞と副詞の違いが理解できたかどうか、確認してみましょう。

1. 形容詞と副詞のどちらが入るでしょうか?

  • A. You should be a (careful / carefully) driver.
  • B. It will rain (hard / hardly) tomorrow.
  • C. He speaks (good / well) English.

(正解)

A. careful(慎重な)
「慎重な運転手であるべきだ。」

カッコの前には冠詞の “a”、後ろには名詞の “driver”(運転手) がありますので、名詞を修飾する形容詞 “careful” が入ります。例文は、副詞 “carefully”(慎重に)を使い、“You should drive carefully.” (慎重に運転するべきだ。)と書き換えることもできます。

B. hard(激しく)
「明日は雨が激しく降るでしょう。」 

カッコの前にある動詞 “rain”(雨が降る)を修飾する副詞 “hard” を選びます。“hard” は、形容詞と動詞で同じ形をとる語です。“hardly”と語尾に ”-ly” をつけると、「ほとんど~ない」を意味します。

C. good(見事な)
「彼は見事な英語を話す。」

カッコの前には動詞 “speak”(~を話す)、後ろには名詞 “English”(英語)がありますので、名詞を修飾する形容詞を選びます。“good” は「良い」「上手な」などを意味する形容詞ですので、こちらが入ります。 “well” も形容詞として働きますが、「健康で」という意味になり、文脈には合いません。
副詞としての “well” は「上手に」を意味します。副詞が他動詞を修飾するときには、一般的に目的語の後ろに置かれますので、問題文は “He speaks English well.” (彼は上手に英語を話す。)と書き換えることもできます。

2、空欄に入るのはどれででょうか?

I bought a first-class ticket in order to travel --------.

  • A: comfort
  • B: comfortable
  • C: comfortably
  • D:  comforted

(正解)

C: comfortably(快適に)
「快適に旅行するために、私は一等車の切符を買った。」

“in order to travel” で「旅行するために」を意味します。空欄は “travel” という動詞を修飾する品詞が入りますので、副詞を選びます。

A: comfort(名詞「快適」、動詞「~をなぐさめる」)
B: comfortable(形容詞「快適な」)
C: comfortably(副詞「快適に」)
D: comforted(動詞「~をなぐさめる」の過去分詞形)

単語の意味が分からなくても、接尾辞を見れば正解をみつけることができます。副詞の接尾辞 “-ly” に注目しましょう。

形容詞と副詞を見分けるポイントまとめ

形容詞と副詞は、以下のことを確認すれば見分けることができます。

1. 文中での位置
2. 何を修飾しているのか
3. 接尾辞

副詞の文中での位置についての詳しい説明はTOEICによく出る!副詞と接続副詞を攻略して得点アップを狙え!を参考にしてください。また、接尾辞について学んでおくと、形容詞と副詞だけに限らず、英語のその他の品詞を見分けることもできるようになります。語彙力を飛躍的に伸ばす!英単語のAffix(接辞)のルールまとめには、さまざまな接辞が載っていますので、一緒に学んでおきましょう。

TOEICの文法をプロと一緒に克服しよう!


世の中にはたくさんのTOEICの参考書、文法書があふれています。ウェブでたまたま見つけてレビューが良かった参考書、なんとなく表紙が可愛いTOEICに関係ない英語の本、日々の忙しさに流されて、学習を続けず、そのままになっている英語の参考書は家にありませんかあなたに本当に必要な文法を学べる参考書を選んでいなければ、TOEICのスコアをあげるためには、遠回りになってしまいます。自分に合った文法書を選んで、目標スコアを達成しましょう!

English Hacker Campでは、わからない部分は専任コーチがいつでもLINE・週2のセッションで質問できるので、一人でわからない部分をうやむやにすることなく、文法を克服できます。週二回のテスト、コーチの解説で、一人で金フレとにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。文法が苦手・一人での勉強に限界を感じている方ははぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫

TOEICの各パート対策記事

この記事が気に入ったらシェアしよう