TOEIC問題パート7リーディング問題の特徴と対策

  • TOEIC対策
  • TOEICリーディング

今回はTOEICパート7読解問題の特徴について解説します。TOEICの中でもいちばんスコアに差がつくリーディングのラスト問題パート7、とにかく読む量が多いので時間切れになりがちです。まずは問題の特徴をおさえることから対策をはじめましょう。


TOEIC問題パート7リーディング問題の特徴と対策

Part 内容 問題数
リーディング100問
(約75分)
Part5 短文穴埋め問題 30
Part6 長文穴埋め問題 16
Part7
1つの文書 29
複数の文書 25


パート7は全部で54問で構成されています。


初めの29間は、1つの文書(シングルバッセージといいます)を読み、それぞれの文書について2つから4つの設間に答えます。


その後、2つの文書(ダブルパッセージといいます)について5つの設間に答えるものが2セット。


3つの文書(トリプリパッセージ)について5つの設間に答えるものが3セット出題されます。

ご覧のように、パート7は読む量が相当多いです。特にダブルパッセージ、トリプルパッセージの問題は大変です。パート7は時間が足りず、残り1分で全てのマークシートを適当に塗る、塗り絵にしてしまう人も多いです。

文書のフォーマットもかなりこだわっていて、文書の内容はもちろん、現実のビジネス・生活でもよく目にする内容です。読む量は多いのですが、とてもリアルで実践的な問題です。

TOEIC問題パート7リーディング問題の題材

  • e-mail (Eメール)
  • letter (手紙)
  • text message chain (チャット)
  • notice (告知)
  • advertisement (広告)
  • article (記事)
  • report (レポート)
  • information (情報)
  • coupon (クーポン)
  • form (フォーム)
  • web page (webページ)
  • review (レビュー)

題材となる文書は、Eメールやお知らせ、ウェブページやオンラインチャットなど日常的なビジネスの現場を再現したものがほとんどです。慣れないうちはビジネス的な英文にとまどうことも多いので、しっかり事前に対策をしないとなかなか高スコアは取れないので、しっかりパターンを把握しておきましょう。

TOEIC問題パート7リーディング問題の時間配分

英語上級者でないとパート7をすべて解き終えることは難しいものです。40〜50分ほどで全体の約6割、25〜30問ほどを解くことができれば上出来です。そのためにはパート5,6の時間配分にも気をつけないければいけないので、決定版!目標スコア別TOEICリーディング問題の時間配分まとめの記事で確認してください。

パート7はTOEICの中でも最難関の問題ですが、逆に言えばここがしっかり得点できるようになれば、英語上級者です。しっかり対策をして、1問でも多く正解できるようになってくださいね。

TOEICの各パート対策記事

独学迷走するのはもう終わり!効率的なTOEIC対策を


English Hacker Campでは、TOEIC満点のプロがあなたにぴったりな教材を選ぶので、効率的な単語学習ができます。週二回のテスト、専任コーチの解説で、一人て参考書とにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。TOEIC対策をどこから初めて良いかわからないとてお悩みの方はぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫ 

この記事が気に入ったらシェアしよう