英語初心者OK!LissNでビジネス英語を勉強して英語で記事を読もう

  • PR

【英語リスニングアプリLissN連載記事vol.5】

仕事でビジネス英語が必要だけど、自分はまだ基礎もできていないからビジネス英語の教材は難しすぎて始められないと悩んでいる人は少なくありません。そこでおすすめしたいのがアプリ・LissNです。英語初心者にとって使いやすい機能が多いので、無理なくビジネス英語を勉強し、英字新聞を読むことができるようになります。

LissNのLissN連載記事バックナンバー

英語初心者がLissNでビジネス英語を勉強するべき理由6つ

1. 単語レベルが高くなくても読める

「新聞の記事を英語で」と聞くと、「難しすぎるのではないか」と心配する人が多いのですが、実はTOEICで600点を目指すために勉強している人たちなら勉強して、触れているであろう単語が数多く使われているので、英語初心者であっても意外と読めるんです。

TOEICで勉強する単語が数多く使われているので、単語帳・試験を飛び出して、それらの単語が実際にどう使われるかを学ぶことができます。以下の単語は、TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズに最近の記事から抜粋したものです。数字はスコアの目安です。

UK to form task force to counter “fake news”の記事より

  • Establish (設立する/600)
  • Concerned(心配して/600)
  • Reveal(明らかにする/730)
  • Institution(機関/600)
  • Attempt(試み/730)
  • Potential(見込みがある/600)

Toward cultivating “unicorns,” University of Tokyo fortifies venture capital activitiesの記事より

  • Announce(発表する/600)
  • Representative(担当者/600)
  • Fund(資金を提供する/600)
  • Involved(関わった/600)
  • Firm(会社/600)
  • Relatively(比較的/600)

Increase in educational institutions geared toward entrepreneurs in USの記事より

  • Entrepreneurs(起業家/600)
  • Significant(かなりの/600)
  • Presence(存在感/730)
  • absolutely(完全に/600)
  • Following(以下の/600)
  • gain(得る/600)

2. 難しい単語はすでにハイライトされている


画像のように、記事のキーワードとなるような難しい言葉はすでにハイライトされており、すぐに意味を確認できるのでストレスを感じることなく読み進めることができます。

さらに、この表示をしているときは音声はストップするので、意味をチェックしてから「今どこ読んでるの?」とはならないので安心です。

3. わからない単語はすぐ調べられる


ハイライトされていない単語も調べることができます。


この間は音声はストップしないので、調べるときは一時停止を押すか、音声を流したまま調べたら[5秒戻るボタン]を使って、単語の意味を調べた場所に戻りましょう。

4. 自分のオリジナル単語帳を作れる


調べた単語は簡単に自分の単語帳に保存することができ、後から読み返して復習することができるので、調べっぱなし、読みっぱなしになりません。LissNで調べた単語をしっかり覚えることで、単語力がアップして、どんどん英語の記事・英字新聞が読めるようになっている自分に気がつくはずです。

5. 自分のできる難易度の記事から始められる


LissNは、日経新聞の記事から抜粋された英文を使っています。そのため話題は経済、テクノロジーなど難しいものもありますが、コラムのような読みやすい記事も数多くアップされています。記事の難易度の表示があるので、まずは自分の理解できる記事から取り組むことことができます。

読める記事が増えると、自信になります。最初は1つ★のものから始めて、徐々に慣らし、学習を継続すれば、必ず3つ★の記事も読めるようになります。

6. リスニング音声をゆっくり再生できる


LissNはリスニングアプリです。記事のページを開くと、自動でネイティブが英語を読み上げてくれます。その音声のスピードを遅くできる機能は、初心者にとってうれしい機能です。

ナチュラルなスピードが早すぎて、何を言っているかわからない場合は、スピードをx0.9モードにして、丁寧にリスニングしていきましょう。わからないものを延々と聞くわけではないので、心も折れず、実際に理解して耳で確かめながらビジネス英語を勉強することができます。

7. 記事が短いので集中しやすく、スキマ時間に勉強できる

英語初心者にとって、長い時間英語に向き合い、読むことは苦痛ですし、とても疲れるものですよね。LissNの記事は1記事につき3~4分です。丁寧にスクリプトを目で追うのも苦にならない、ちょうどいい長さなので、学習を継続しやすいです。

また、1記事が短いのでスキマ時間の勉強に最適です。電車を待つ時間、レストランで注文した料理が届くのを待っている時間などのスキマ時間を有効活用できるようになります。

弊社が提供しているEnglish Hacker Campの生徒さんたちも日々の忙しいスケジュールと英語の課題をこなしながら、LissNのアプリを実際に使って、リスニング対策をしています。


 

LissNアンリミテッドプランなら記事が読み放題


LissNは無料でも使えますが、音声機能は使えません。ベーシックプランなら、月額600円で使えるようになります。毎日新しいリスニング教材が20円で届くと考えるとかなり格安ですよね。

また、アンリミテッドプラン(980円)では、過去配信を含む全ての記事を読むことができます。仕事の日は毎日のノルマだけをこなし、空き時間ができたり、休みの日・時間に余裕がある日は負荷をもっとかけるという使い方もできます。

グローバルに活躍したいビジネスパーソンにとって、LissNはニュースのチェックとビジネス英語の勉強を併せてできる、とても合理的で効率の良い英語学習ができるアプリです。

初月は無料なのでぜひインストールして、LissNの良さを実感してみてください!

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2