アプリ『LissN』でシャドーイングをしてTOEICスコアアップする勉強法

  • PR
  • PR

【英語リスニングアプリLissn連載記事vol.4】

TOEICのリスニングの対策は何をすればいいのか悩んでる人は非常に多いです。ニュースは内容が難しすぎるし、映画・ドラマは雑音が気になったり、ストーリーが複雑すぎたり。洋楽は恋愛の話が多いのでTOEICには不向きです。そこでおすすめしたいのがLissNアプリです。英語の記事を読み上げてくれるアプリなのですが、TOEIC頻出単語も数多く使われているので、教材としてぴったりなんです。

LissNのLissn連載記事バックナンバー

TOEICリスニング対策アプリとしてLissNを使う理由5つ

1. スクリプト・日本語訳がすぐ見れる

ニュース・映画・ドラマに英語字幕・日本語字幕の両方をつけることもできますが、ごちゃごちゃしてしまい、内容に集中しづらくなってしまいます。

LissNなら英語のみ・日英・日本語のみから字幕を選ぶことができ、自分のレベルに合った字幕をすっきり見やすく確認することができるので、聞こえなかった単語をあやふやにすることなく、内容もしっかり理解できます。

2. 記事が短いので集中しやすく、スキマ時間に勉強できる

ストーリーを理解するために長時間英語字幕を読むのは疲れてしまいますよね。LissNの記事は1記事につき3~4分です。丁寧にスクリプトを目で追うのも苦にならない、ちょうどいい長さなので、学習を継続しやすいです。

また、1記事が短いのでスキマ時間の勉強に最適です。電車を待つ時間、レストランで注文した料理が届くのを待っている時間などのスキマ時間を有効活用できるようになります。

弊社が提供しているEnglish Hacker Campの生徒さんたちも日々の忙しいスケジュールと英語の課題をこなしながら、LissNのアプリを実際に使って、リスニング対策をしています。

3. ナレーターの丁寧な音読がリスニング練習に最適

ただ英語を聞こうとするだけなら、適当に映画やドラマをつけてみれば、確かに英語に触れることができます。しかし、映画やドラマの出演者たちは通常の会話として英語を話しているので、私たち非ネイティブスピーカーのために聞かせるように話していません。そのため、はっきり発音していなかったり、つぶやくような話し方をしているので、TOEICのリスニング音声の状況とは全く違います。

LissNならドラマや映画と違って雑音もなく、とてもクリアなのでTOEICのリスニング音声と似た状況で英語に触れることができます。雑音もなく、はっきり話しているのでリスニング初心者も安心して取り組むことができます。

4. TOEICの4ヶ国語の英語に対応している

LissNは、アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダの4ヶ国語の英語を丁寧に、リスナーに聞かせるために読み上げています。TOEICのリスニング音声も同じく4ヶ国の英語なので、訛りの強いイギリス・オーストラリア英語の対策にも最適です。

5. TOEIC頻出単語がよく出てくる

TOEIC対策のために単語帳をひたすら覚えている人も多いでしょう。しかし、単語とその意味だけ覚えるだけで、発音の確認、実際の文章で使われている形を説明できるまでに落とし込んで勉強している人は少ないのではないでしょうか?

実はLissNの記事の中に、TOEIC頻出の表現が数多く見つけることができます。英文の記事に使われている単語と思うと、身構えしてしまいますが、600点・730点レベルの単語も数多くあるので、TOEICを勉強している人にとって読みやすいです。

文章の中での使われ方を実際に目にする・耳にすることで、その単語の意味・役割を理解し、音声で発音を確認できます。TOEIC本番のリスニングでその単語が出てきたら、聞き逃すことなく、字面で覚えた単語の和訳以上に意味とニュアンスを理解できるので、より正確に内容を把握できるようになります。

“Smart drugs” spread among students taking examsの記事より

  • A doctor’s prescription is necessary in order to purchase a drugs within Japan, 
    ーprescription(処方箋/730), in order to(〜するために)
  • The Ministry of Health, Labor and Welfare will revise the ministerial ordinance in February, so that individuals cannot import the drug~
    ーrevise(改訂する/730)individual(個人/600)、so that構文(〜できるように)

Hoshino Resorts considering entering vacation rental business in Karuizawaの記事より

  • The market is expected to become even more active with Hoshino Resorts joining in.
    ーbe expected to (期待されている/600)
  • There is also a challenge to expanding residential stays.
    ーchallenge(困難/730)、expand(拡大する/600)
  • Companies participating in the residential stay business~
    ーparticipate in (参加する/600)
  • Currently, Airbnb has approximately 60,000 domestic properties listed~
    ーcurrently(現在/600)、approximately(およそ/730)、domestic(国内の/730)、property(不動産/600)

Apple to hire 20,000 new people and invest 3 trillion yen in the United StatesApple announced on the 17th の記事より

  • Apple announced on the 17th 
    ーannounce(発表する/600)
  • The new building will be build in a location different from Cupertino, California, where the current headquarters is located.
    ー関係副詞where + S + V、headquarters(本社/600)、be located(場所にある/600)
  • According to Bloomberg’s report
    ーaccording to(〜によると/600)

※数字はスコア目安。TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズに準拠。スコア別のカテゴリに分類されていないものは表記なし。


 

LissNのスクリプトを音読・シャドーイングでリスニング対策

LissNは音読・シャドーイングの教材として最適

読む・聞くだけに止まらず、ぜひLissNで音読とシャドーイングの教材として活用してください。LissNの音声はコンピュータによる音声読み上げではないので、ネイティブのイントネーション・アクセントを学ぶことができます。ぜひ以下の手順で練習して、発音の練習をしてみてください。発音できる音は聞こえるようになるので、リスニング対策になります。

LissNを使った音読・シャドーイングの手順

1. 音声を聴く

まずはホーム画面から気になる記事をクリックしましょう。タップすると、すぐに音声が流れ始めます。読んでいるパラグラフは、背景の色が白くなるので、「聞き逃した!どこを読んでいるかわからない!」なんてことにならないので安心です。背景がグレーのときは、すでに読んだか、これから読む部分です。

2. 原稿を確認する

音声を聞くだけでなく、しっかり内容を把握しましょう。理解できる教材をシャドーイングすることに意味があります。スクリプトは英日両方・日本語のみを選ぶことができるので、自分のレベルに合わせて選んでくださいね。

3. 2〜3回音読してみる

自分の理解度に合わせて、スクリプトを英日両方・日本語のみを選びましょう。TOEICのリスニングに必要なことは、ネイティブの音を正しく理解することです。ネイティブの発音の仕方、抑揚、アクセントの付け方、音程を気にしながら練習してみましょう。


強調、抑揚、音程、文章を区切る部分、リンキング、を自分でリスニング音声を聞きながら、正しい英語の流れ・リズム感を覚える練習をしてください。ネイティブの音の変化については、TOEICのリスニングが聞こえない!リンキングを理解してスコアアップの記事を参考にしてください。


4. シャドーイングをする(英語音声に合わせて読む)

音読する上で、もちろん目指すはネイティブと同じ音、スピードですが、完璧に再現できなくても問題ありません。音声が速すぎてついていけない、シャドーイングのスピードについていけない場合は、音声のスピードを遅くすることもできるので、無理せず自分のペースで音読・シャドーイングをすることができます。

LissNアンリミテッドプランなら記事が読み放題


LissNは無料でも使えますが、音声機能は使えません。ベーシックプランなら、月額600円で使えるようになります。毎日新しいリスニング教材が20円で届くと考えるとかなり格安ですよね。

また、アンリミテッドプラン(980円)では、過去配信を含む全ての記事を読むことができます。仕事の日は毎日のノルマだけをこなし、空き時間ができたり、休みの日・時間に余裕がある日は負荷をもっとかけるという使い方もできます。

グローバルに活躍したいビジネスパーソンにとって、LissNはニュースのチェックとビジネス英語の勉強を併せてできる、とても合理的で効率の良い英語学習ができるアプリです。

初月は無料なのでぜひインストールして、LissNの良さを実感してみてください!

この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー