自動詞と他動詞の違いは?TOEIC頻出の問題例文で意味を理解しよう

  • TOEIC対策
  • TOEICリーディング

ひとつの文には、必ず主語と動詞がひとつずつ含まれますが、「行く」や「見せる」など、行動や動作を表す動詞には、「自動詞」と「他動詞」の2種類あることを知っていますか?
この「自動詞」と「他動詞」の違いを理解しておくと、英語で文章を作ったり、読んだりするときに大変役に立ちます。今回は、自動詞と他動詞の見分け方を詳しく説明していきます。

自動詞と他動詞の違い


自動詞と他動詞の大きな違いは、動詞の後ろに目的語を置くことができるか、できないかです。目的語とは、動詞が表す動作や行動の対象となる言葉です。日本語では「~を」や「~に」にあたる部分となります。後ろに目的語が必要ないものを自動詞、目的語が必要なものを他動詞といいます。

自動詞

He ran.(彼は走った。)

                            
自動詞は、動作そのものを表します。“I run.”(私は走る。)や “She smiles.” (彼女は微笑む。)のように、一語だけで意味が通るのが自動詞です。 他の人や物などに影響を与えることはなく、自分(主語)だけで動作を行うことができるのが特徴です。

自動詞の後ろには、その動詞を修飾する副詞が続くことが多くあります。また、自動詞の後ろに前置詞を置き、名詞を続けることもできます。

He runs fast.(彼は速く走った。)
S     V     M

この文中の “fast” は「速く」を意味する副詞です。「速く→走る」と、副詞 “fast” が動詞 “runs”を修飾しています。

He ran after me.(彼は私のあとを追って来た。)

 S   V        M

 “run” は自動詞なので、後ろに「~を」を意味する目的語を置くことができません。そこで前置詞 “after” (~のあとを追って)を続け、その後ろにその前置詞の目的語を置きます。「私のあとを追って→走る」と、“after me” が動詞 “ran” を修飾しています。

不完全自動詞

She became a teacher.(彼女は教師になった。)

文中の “become” は「~になる」を意味する自動詞です。後ろに補語を続け、「主語 “she” = 補語 “a teacher”」の関係が成り立ちます。
“become” は自動詞ですが、“I become” だけでは意味が通った文にはなりません。後ろに補語を続けることで文が成立します。このように、補語を必要とする動詞のことを不完全自動詞と呼びます。

補語がないと文が成立しない動詞の例として、“become” の他、同じく変化などを表す “turn”(~になる)や “get”(~になる)、状態を表す “be動詞”(~である)“remain”(~のままである)、感覚を表す “seem”(~らしい)“feel”(~と感じる)などが挙げられます。

他動詞

I like him.(私は彼のことが好きだ。)

                   

他動詞は動詞一語だけで使うことはできません。後ろに目的語を続けます。“I know her.”(私は彼女を知っている。)や “He plays tennis.”(彼はテニスをする。)のように、他の人や物を対象とした動作を表すのが他動詞です。

“like” を辞書でひくと、「~を好む」「~が好きだ」と出ています。“I like.” で文を止めてしまうと「私は、を好む」となってしまい意味が通りません。後ろに「何を」好むのか(目的語)続ける必要があります。

目的語をふたつとる他動詞

I sent him a letter.(私は彼に手紙を送った。)

文中の “send” は「~を送る」を意味する他動詞です。たとえば、単純に「手紙を送った」という文であれば、“I sent a letter.” と表すことができます。「彼に」と宛先を追加したければ “I sent a letter to him.” と、行為の対象を表す前置詞 “to” を用いて表します。

他動詞の中には、目的語をふたつとることができるものもあります。“send” もそのひとつで、“send+人+物” で「~に~を送る」を意味します。このように目的語をふたつとる動詞には、“buy”(~に~を買う)“give” (~に~を与える)“lend”(~に~を貸す)“take”(~に~を持っていく)などがあります。

ほとんどの動詞は自動詞でも他動詞でもある

“walk” という単語を辞書でひいてみると、自動詞と他動詞の両方の使い方が載っています。

(自動詞)I walked to school.(私は学校まで歩いていった。)

(他動詞)I walked my dog.(私は犬を散歩に連れていった。)

例文では、自動詞「歩く」、他動詞「~を散歩につれていく」を意味します。

“begin”(自動詞「始まる」他動詞「~を始める」) “change”(自動詞「変化する」他動詞「~を変える」のように、自動詞として、また他動詞として使っても根本的な意味が変わらないものもありますが、意味が変わる動詞もあります。たとえば、先ほどの自動詞の例で挙げた “run”(走る)は、他動詞として使われると「~を経営する」という意味になります。

ほとんどの動詞は自動詞としても、また他動詞としても使うことができますので、「この動詞は自動詞」「あれは他動詞」と機械的に覚えることは不可能です。いろいろな文章に触れて、それぞれの動詞の使い方を身に付けましょう。

自動詞?それとも他動詞?

自動詞と他動詞の違いが理解できたかどうか、簡単なテストをしてみましょう。

1. 文中の動詞は自動詞?それとも他動詞?

  • A: She swims well.
  • B: I have a brother.
  • C: He listens to rock music.
  • D: I gave him a book.
  • E: My uncle runs an Italian restaurant.

(正解)

A: 自動詞(彼女は上手に泳ぐ。)

動詞の後ろに副詞 “well”(上手に)が続いているので自動詞です。

B: 他動詞(私には兄がいる。)

動詞の後ろに目的語(名詞)“a brother”(兄または弟)が続いているので他動詞です。

C: 自動詞(彼はロックを聴く。)

動詞の後ろに前置詞 “to” が続いているので自動詞です。

D: 他動詞(私は彼に本をあげた。)

動詞の後ろにふたつの目的語 “him” “a book” が続いているので他動詞です。

E: 他動詞(叔父はイタリア料理店を経営している。)

動詞の後ろに目的語 “an Italian restaurant” が続いているので他動詞です。

2. 空欄に入るものはどれでしょう?

After a long walk, they will ----- at the top of the hill.

  • A. reach
  • B. arrive
  • C. get

(正解)

B. arrive(長い距離を歩けば、彼らは丘の頂上へ到着するだろう。)

空欄の後ろに前置詞 “at” が続いているので、選ぶのは自動詞です。“arrive at” で「~に到着する」を意味します。
“reach” は他動詞ですので、後ろに前置詞をとりません。また、“get” は前置詞 “to” を伴い “get to” で「~に到着する」を表します。

  • After a long walk, they will arrive at the top of the hill.
  • After a long walk, they will reach the top of the hill.
  • After a long walk, they will get to the top of the hill.

自動詞、他動詞を見分ける知識

この動詞は自動詞なのか、他動詞なのか問われることは、日常で英語を使う場面では滅多にありません。それではなぜ、自動詞と他動詞を見分ける必要があるのかというと、それは英語の文の構造を理解する助けとなるためです。

たとえば、複雑な文章などを読んでいて意味がとれないとき、その動詞の後ろに目的語があるか、ないかを判断することで、その動詞が自動詞として使われているのか、それとも他動詞として使われているのかが分かります。辞書では必ず自動詞と他動詞が区別され、それぞれ意味や使い方がのっていますので、適切な意味をつかみやすくなるはずです。

またTOEICなどの試験では、自動詞と他動詞の知識を問う問題が出題されます。たとえば Part5 の適切な語彙を選ぶ問題において、( )の後ろに前置詞が続いていれば、選択肢の中から「自動詞」を選ぶことができるようになります。
試験対策には、TOEIC定番のひっかけ問題・自動詞と他動詞を攻略しようをぜひ参考にしてください。

「自動詞と他動詞の違いは何か?」が分かれば、これからの英語の学習もよりスムーズに進んでいきます。しっかりと頭に入れておきましょう。

TOEICの文法をプロと一緒に克服しよう!


世の中にはたくさんのTOEICの参考書、文法書があふれています。ウェブでたまたま見つけてレビューが良かった参考書、なんとなく表紙が可愛いTOEICに関係ない英語の本、日々の忙しさに流されて、学習を続けず、そのままになっている英語の参考書は家にありませんかあなたに本当に必要な文法を学べる参考書を選んでいなければ、TOEICのスコアをあげるためには、遠回りになってしまいます。自分に合った文法書を選んで、目標スコアを達成しましょう!

English Hacker Campでは、わからない部分は専任コーチがいつでもLINE・週2のセッションで質問できるので、一人でわからない部分をうやむやにすることなく、文法を克服できます。週二回のテスト、コーチの解説で、一人で金フレとにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。文法が苦手・一人での勉強に限界を感じている方ははぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫

プロがおすすめするTOEIC教材
6424906c cf56 4720 b04b e524b5ddcd13
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
41140c5c 2c43 4cdc aa5d 33d5fe10c85c
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
8451f298 fb93 4669 920a 1b4bd751eaf3
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔最高品質の教材カリキュラム
✔日本語サポートあり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー