TOEIC頻出イディオム・群動詞10選とその覚え方

  • TOEIC対策
  • TOEICリーディング

TOEICにはイディオムが多く出題されますが、中でも特に覚えにくいのが、群動詞と呼ばれるイディオムです。種類が多いだけでなく、動詞の意味からは推測がしづらい群動詞もあります。そんな英語学習者を悩ませる群動詞の中から、特にTOEICに出やすいものを10種類紹介し、さらにそれらの覚え方もいくつか解説します。 

TOEIC頻出の群動詞とは?

 

群動詞とは、動詞に前置詞や副詞が組み合わさって、そのまとまりで一つの動詞的な意味になるイディオムのことです。例えば、“look at~”(~を見る)や“speak to~”(~に話しかける)などが、主な群動詞として挙げられます。

TOEICのために必ず覚えておきたい群動詞

account for~(~を占める、~を説明する)

Food expenses account for about 30% of our family budget.(食費が我が家の家計の約30%を占めている。)

Sarah has a responsibility to account for the mistake.(サラにはその失敗の原因を説明する責任がある。)

TOEICにはかなり頻出の群動詞です。2つのうちどちらの意味でも多く出題されるので、両方覚えておきましょう。この群動詞を覚えるときは、フレーズ暗記がおすすめです。“account for ~%”(~%を占める)、“account for the mistake”(その失敗の原因を説明する)というような短いフレーズでまとめて覚えてしまえば、意味を区別しながら覚えることができます。

run short of~(~が不足する)

The company runs short of employees.(その会社は従業員が不足している。)

これも“account for~”と同様、TOEICにはかなり頻出の群動詞です。単語の組み合わせからは意味が推測しづらいかもしれませんが、“short (of)”には「不足した」という意味があるので、それを手がかりにすると覚えやすくなります。

また、似た意味の群動詞にrun out of~”(~を切らす)もあるので、これもまとめて覚えておきましょう。

find fault with~(~の粗探しをする)

The business manager often finds fault with his staff.(その営業部長はしょっちゅう彼のスタッフの粗探しをしている。)

大学受験でも頻出の表現ですが、TOEICでもよく出題されます。これは単語の組み合わせから意味を推察しやすいので、「~の落ち度を見つける」=「~の粗探しをする」と覚えましょう。

keep up with~(~に遅れずについていく)

It is difficult for me to keep up with the technological development.(テクノロジーの発展に遅れずについていくのは、私にとって難しいことだ。)

これも“find fault with~”と同様に、大学受験英語でよく見られる群動詞で、TOEICにも頻出の表現です。“keep up”には「同じ速度で進む」という意味もあるので、進んでいる何かあるいは誰かと並んで走っているイメージを思い浮かべて、“keep up”という表現を覚えると、それと関連づけて“keep up with~”(~に遅れずについていく)の意味も覚えやすくなります。

approve of~(~に賛成する、~を好ましく思う)

Ms. Goldman approved of Mr. Smith’s aggressive plan.(ゴールドマンさんは、スミス氏の積極的な計画に賛成した。)

approve”は他動詞でも用いられますが、“approve of”で自動詞として使うこともできます。この群動詞を覚えるときは、同じくTOEICで頻出の、対義語のobject to~とまとめて覚えるのがおすすめです。例えば上の例文を反対の意味にすると、Ms. Goldman objected to Mr. Smith’s aggressive plan.”(ゴールドマンさんは、スミス氏の積極的な計画に反対した。)という英文になります。両者の前置詞の区別に注意して覚えましょう。

specialize in~(~を専門にする、~に特化する)

Dr. Tanaka specializes in Chinese medicine.(田中先生は漢方を専門にしている。)

この群動詞は、動詞“specialize”の意味から覚えやすいので、前置詞が“in”だということを忘れないようにしましょう。前置詞“in”の、「特定の範囲の中にある」というイメージを覚えておくと、“specialize in~”の「ある分野(範囲)に特化する」=「~を専門にする」という意味を覚えやすくなります。

subscribe to~(~を定期購読する)

Mr. Steiner always recommends that we subscribe to the business magazine.(シュタイナー氏は私たちにそのビジネス雑誌を定期購読するよういつも薦めている。)

高校や大学までの英語ではあまり馴染みのない表現かもしれませんが、TOEICでは頻出の重要群動詞です。subscribe to the magazine”(その雑誌を定期購読する)などの短いフレーズを使って、何度も書いたり暗唱したりして覚えるのがおすすめです。

succeed to~(~の後を継ぐ、~を相続する)

Steve is reluctant to succeed to his father’s business.(スティーブは父の仕事の跡を継ぎたくないと思っている。)

succeed”には、「跡を継ぐ」の他に「成功する」という意味があるので、群動詞となったときに注意が必要です。“succeed to~”は「~の跡を継ぐ」ですが、succeed in~の意味は「~に成功する」です。この2つを間違えないように注意して覚えましょう。

TOEICでハイスコア獲得のために覚えたい群動詞

live up to~(~に応える)

The sales result lived up to our expectations.(販売実績は私たちの期待通りだった。)

「(誰かの期待など)に応える」と言うときに使う群動詞です。単語のまとまりからは意味が推測しづらいので、live up to someone’s expectations”(誰かの期待に応える)というフレーズを使って覚えるのがおすすめです。

adhere to~(~を厳守する)

Drivers must adhere to the traffic laws.(運転者は交通法規を厳守しなければいけない。)

adhere to~”には「~にしっかりとくっつく」という意味もあります。人が規則やルールにしっかりとくっついているイメージを思い浮かべると、「~を厳守する」という意味を連想しやすくなります。また、「~に固執する、~をかたくなに支持する」という意味もあります。

フレーズやイメージを活用してTOEICに備えましょう

群動詞は種類が多いので覚えるのが大変に思えるかもしれませんが、動詞や単語のまとまりのイメージから意味を連想させることができるものが多いので、ぜひ普段の学習でも実践してみてください。また、フレーズで暗記するのもおすすめです。短くシンプルなフレーズを活用して、群動詞学習の効率をアップさせましょう。

English Hackerが提供している英語コーチングサービス・English Hacker Campで使っている英単語帳は、このTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (以下金のフレーズ)です。

金のフレーズの詳しい解説はTOEIC単語帳・金のフレーズの効果的な使い方とスコアアップする勉強法の記事を参考にしてください。イディオムは数が多いので覚えるのが大変ですが、少しの工夫で覚えるのがとても楽になります。数が多い単語やイディオムは、できるだけ簡単に、まとめて覚えられる方法で学習しましょう。

TOEICの各パート対策記事

TOEICのイディオムの勉強は効率的にできる!

English Hacker Campでは、金のフレーズを使って効率的な単語・イディオム学習ができます。週二回のテスト、コーチの解説で、一人で単語帳とにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。語彙力の無さ・単語力でお悩みの方はぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫

プロがおすすめするTOEIC教材
6424906c cf56 4720 b04b e524b5ddcd13
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
41140c5c 2c43 4cdc aa5d 33d5fe10c85c
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
8451f298 fb93 4669 920a 1b4bd751eaf3
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔最高品質の教材カリキュラム
✔日本語サポートあり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー