「条件」を表す副詞節-“if” “unless” 条件を表す接続詞の使い方

  • リーディング・英単語

「明日晴れたら海に行こう」や「急いで行かないと遅れるよ」など、条件を表すときには “if” や “unless” などの接続詞を使います。副詞節を導く「条件」を表す接続詞について、意味や使い方を紹介します。

「条件」を表す接続詞


if(もし~なら)

If it rains this afternoon, we won’t go for a walk.(今日の午後、雨が降るなら散歩にはいかない。)

“if” は非現実的なことを述べる仮定法だけでなく、直接法でも使われます。後ろに「主語+動詞」を続け、これから起こる可能性のある事柄を、「もしも~なら」と条件として述べます。

「条件」を表す接続詞に導かれる副詞節では、未来のことを現在で表します。(“when” や “after” など「時」を表す接続詞に導かれる副詞節でも同様です。)「今日の午後、雨が降るだろう。」という日本語を英語にすると “It will rain this afternoon.” ですが、“If it will rain this afternoon, ~ ” とはなりません。“If it rains ~ ,” と現在形になりますので、気を付けましょう。(ただし、“if” 節に “will” を用いることもあります。それに関しては、記事の最後にまとめます。)

unless(~でない限り / もし~でなければ)

We’ll go for a walk unless it rains this afternoon.(雨が降らなければ、散歩に行きましょう。)

“unless” は、「~でない限り」を表します。“if ~ not” を使って、“If it doesn’t rain” と言い換えることもできます。

このように、 “unless” を “if ~ not” で置き換えても、意味が変わらない文もありますが、“unless” は必ずしも  “if ~ not” というわけではありません。“if ~ not” には、 “unless” と同じ「~でない限り」という意味だけでなく、「もし~でなければ」という意味もあります。“unless” は、「ある条件がそろった(雨が降らない)ときだけ何かが起こる」と唯一の条件を表しますので、文によっては “if ~ not” に置き換えることができません。

たとえば、いつも遅刻してくる友人について話しているとしましょう。「今夜、彼女が遅れて来なかったら驚くよ。」と言いたいときには、“I’ll be surprised if she doesn’t arrive late.” となります。
これを “unless” を使った文にしてみると、“I’ll be surprised unless she arrives late.” (彼女が遅れて来ない時だけ、私は驚くだろう。)となり、意味が変わってしまいます。
“unless” は必ずしも “if ~ not” ではないということを覚えておきましょう。

in case(もし~なら)

You'll call me in case anything happens.(もしも何かあったら、私に電話してください。)

“in case” で「もし~なら」を意味します。“if” よりも、実際に起きる可能性が低いと思われる事柄を条件として挙げるときに使います。“in case anything happens” で「何も起こらないとは思うけれど、もしも何かあったら」のようなニュアンスです。
「もしも何かあったら」と、これから先のことを述べていますが、条件を表す副詞節ですので、現在形を用いて “happens” となります。

as long as(~する限り)

You’ll use my car as long as you drive carefully.(注意して運転するのであれば、私の車を使っていいよ。)

“as long as” で「~する限り」を意味します。後ろに「主語+動詞」を続け、「~ならば」と条件を表すことができます。“You’ll use my car if you drive carefully.” と言い換えることも可能です。
似たような表現に “as far as”(~する限り)がありますが、“as far as” は条件ではなく範囲を表します。“As far as I know,”(私の知る限りでは)のような使い方をしますが、“as far as” は “if” で言い換えることができません。

provided / providing(~という条件で)

We’ll get there by car provided that it doesn’t snow tomorrow.(明日雪さえ降らなければ、車で行こう。)

“provided that” もしくは “providing that” で「~という条件で」「~という場合に限って」を意味します。“if” よりも強い意味合いを持ち、“only if” に近いニュアンスです。
“if” は直接法だけでなく仮定法でも使えますが、“provided” “providing” には仮定の意味はありません。また、“provided” よりも、“providing” のほうが口語でよく使われます。

suppose / supposing(もし~なら)

Suppose that she doesn’t come, who will do it?(彼女が来ないのなら、誰がそれをするの?)

“suppose that” “supposing that” で「もし~なら」を表します。“that” は省略することもできます。“suppose” “supposing” は、直接法のほか、仮定法としても使うことができます。
“provided” のように “supposed” と過去分詞の形では使いませんので気を付けましょう。

on condition that(~という条件で)

I’ll offer you a bonus on condition that you work on Saturdays.(土曜日に働くという条件で、ボーナスを出します。)

“on condition that” で「~という条件で」「もし~なら」を意味します。“as long as” と同じように使われますが、“as long as” よりもよりフォーマルな言い回しです。文章でよく使われる表現となります。

条件を表す副詞節と “will”

一般に、時と条件を表す副詞節では、未来のことを現在形で表しますが、“if” の後ろに“will” が続くこともあります。

If you won’t go to his birthday party, I’ll tell him about that.(どうしても彼の誕生会に行きたくないというのなら、そのことを私が彼に伝えましょう。)

この例文の “won’t” (“will not”) は、「意思」を表しています。“if” の後ろに “will” を置くことで、「どうしても~というのなら」と意思を示すことができます。“if you won’t go” で「どうしても行きたくないのなら」を意味します。

If you will take a seat and wait, Mr. Brown will come and see you.(お座りになってお待ちいただければ、ブラウン氏がこちらに参ります。)

“if” に続く “will” は同じく「意思」を表していますが、“if you will ~ ” と問うことで相手の意思を尋ねる形となります。「待っていただけるのであれば」というニュアンスを持つ、丁寧な依頼を表します。

I’ll lend you some money if it will help you.(お金を貸しますよ。もしも助けになるのなら。)

主節 “I’ll lend you some money” の結果を、“if” 以下が示しています。このように、“if” 節が主節の結果を述べるようなときにも、“if” の後ろに “will” が用いられます。

時と条件を表す副詞節


条件を表す副詞節では、未来のことも現在で表すと紹介しましたが、“when” や “after”などの「時」を表す接続詞に導かれる副詞節でも同様です。「時」を表す副詞節-“when” “after” 時を表す接続詞の使い方を参考に、時を表す接続詞の意味や使い方も同時に学んでおきましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2