TOEIC英単語のおすすめ単語帳と効率的な勉強法

  • TOEIC対策

高校・大学受験からずーっと暗記をしてきた人も多いと思います。TOEICだけでなく、英語学習には避けて通れない、英単語の覚え方、TOEICで高スコアを取るためにはどのように、どれくらい英単語を勉強すれば良いかを解説していきます。

TOEICの単語帳の選び方

TOEICの単語帳を絶対に買うこと

多くの人がTOEICの勉強をする時にやりがちなのが、「受験生時代の参考書を引っ張りだしてくる」というミスです。

昔使っていたものからTOEIC対策を始めるのは一見良さそうに見えますが、実はとても危険です。なぜなら大学受験までの英単語と、TOEICで求められる英単語はまた種類が異なるからです。

もちろん、大学受験までの基礎的な英単語ボキャブラリーは大切ですし、TOEICでも必要になるので全く無駄というわけではないのですが、TOEICに出やすい単語が数多く存在するので、TOEICに特化した単語帳を使って勉強するのが一番効率が良い方法です。

TOEICに出やすい単語の例

agency(代理店)

agency(代理店)という英単語は、実際の英会話やTOEICではとてもよく登場しますが、大学受験ではあまり出てきません。Travel agency(旅行代理店)・advertising agency(広告代理店)といった形で出てきます。

TOEICでよく出る英単語を知っていないと、正解はわかりません。このような違いがあるため、TOEICにはTOEICのための英単語帳を使うのがベストです。

TOEIC対策にオススメの単語帳

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
TEX加藤
朝日新聞出版 (2017-01-06)
売り上げランキング: 44

English Hackerが提供している英語コーチングサービス・English Hacker Campで使っている英単語帳は、このTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (以下金のフレーズ)です。

この本は目標スコアごとに内容が分かれていて、それぞれTOEICでハイスコアを取るために必要十分な英単語をしっかり覚えることができるのでおすすめです。金のフレーズの詳しい解説はTOEIC単語帳・金のフレーズの効果的な使い方とスコアアップする勉強法の記事を参考にしてください。

参考書にある英文はすべてオンラインでネイティブ音声をダウンロードできます。また、金のフレーズのスマートフォンアプリもあるので、いつでもどこでも勉強できるのでおすすめです。

英単語を効率的に覚えるための勉強法

実際に使われる形で覚える

なんとなく単語を眺めるだけでは、TOEIC本番で力を発揮することはできません。大切なのは、意味を丸暗記するのではなく「実際に使われる形」で覚えることです。そうすれば、覚えた分だけリーディングもリスニングも伸びやすく、英会話にも役立ちます。

単語の覚え方の例

apply 「応募する」

例えば、applyという英単語です。これは「応募する」という意味なのですが、では実際にTOEICではどういう形で使われるかまで、知っていますか?

多くの場合、apply for the position.「採用に応募する」というように、apply forとforがセットになって使われることが多いです。

TOEICの英文はビジネスの舞台が多いです。面接・転職にまつわる話題も出てきます。Apply forは頻出の採用に応募するシーンの問題でもとてもよく使われる表現です。このように、apply=応募する、だけだと、実際にTOEICで出題された時に理解するまで時間がかかってしまいます。Apply forのかたまりとして覚えておくと、リスニングでもすぐに反応できるようになります。

英単語は書く?読む?聞く?


TOEIC対策では「読みながら覚える」のがおすすめです。そして、発音を耳から確認する「聴いて確認」する、これでTOEIC対策は完璧です。

TOEICはリスニングとリーディングの二部構成のテストです。英単語の勉強は読んでも聴いても分かるレベルまで仕上げる必要があります。ですから、読んで覚えることはもちろんですが、実際それがどう発音されるのかまで知っていることはとても大事です。意外と知っている英単語でも、思っていたのと違う発音をするがものも多いので、音をしっかり覚えていないと、思わぬところで点数をとりこぼしてしまいます。

読めても聞けない単語の例

design「デザイン」

カタカナの音で覚えてしまっていることでしょう。しかし実際は[dɪzáɪn]。「デ」ではなく、「ディ」に近く、「ザイン」よりも「ザーイン」と時間をかけて発音します。この単語はWeb design(ウェブデザイン)やclothing design(服のデザイン)といった形でTOEICによく出てきます。

スペルを覚えるためにカタカナ読みで覚えている人も多いですが、間違った音で覚えるとリスニングで理解できない危険性があるのでネイティブ音声を確認して、真似して読みながら暗記するようにしてください。

書く派の人も、それで覚えられるのであればもちろんOKですが、書く勉強法だと紙とペンが必要になるので場所とタイミングを選んでしまいます。せっかく勉強しようと思ってもタイミングが悪ければできないのはとてももったいないですよね。電車の中やすきま時間にできる読む&聴くスタイルが効率が良いのでおすすめです。

TOEICの英単語は音まで覚えよう

単語帳を眺めるだけ、適当に読み流すだけでは時間をかけていても非効率的です。ご紹介した方法を取り入れて、単語の勉強時間をより濃密なものにしてくださいね。

TOEICの各パート対策記事

TOEICの英単語の勉強法は効率的にできる!

世の中にはたくさんの単語帳があふれています。ウェブでたまたま見つけてレビューが良かった単語帳、なんとなく表紙が可愛いTOEICに関係ない単語帳に流されて、学習を続けず、そのままになっている単語帳は家にありませんか?あなたに本当に必要な単語を学べる単語帳を選んでいなければ、TOEICのスコアをあげるためには、遠回りになってしまいます。自分に合った単語帳を選んで、目標スコアを達成しましょう!

English Hacker Campでは、金のフレーズを使って効率的な単語学習ができます。週二回のテスト、コーチの解説で、一人で金フレとにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。語彙力の無さ・単語力でお悩みの方はぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2