人や物を大切に思う気持ち伝えるを英語フレーズ10

  • 英語表現

何かプレゼントをもらったりしたとき、「ありがとう」の他にも何か伝えたいと思いませんか?「ずっと大切にするね」って言われたら、あげたほうもとても嬉しいですよね。その他にも例えば人に対して「大切に思っている」と伝える時はなんというのでしょう?色々なシーンで使える「大切にする、大切に思う」というフレーズを上手に使って相手に自分の素直な気持ちを伝えましょう!

「大切に思う気持ち」を伝える英語フレーズ


treasure(大切にする)

Thank you so much! This is exactly what I wanted! I'll treasure it.(ありがとう!これ本当に欲しかったの!大切にするね。)

宝物という名詞でよく知られているtreasureという単語ですが、動詞には大切にする、大事にするという意味があります。宝物は大切にすると思うので、意味が連想しやすいですね。また、例えばI'll treasure your words.(あなたの言葉はいつまでも忘れない。)という風に物以外にも使うことができます。

take good care of ~(大事に使うね)

Wow! Is this for me? This is a brand new laptop! I promise you to take good care of it.(わぁ!これは僕に?新しいパソコンだ!大切に使うって約束するよ。)

take good care of~は直訳だと“よく世話をする”という意味ですが、このように機械や自転車など何か繊細に扱うことで大切にするねという意味を含みたい時はこちらが適切です。元々の世話をするという意味が活きているようです。

keep it forever(ずっと大事にする)

Oh my god, this is your favorite watch! I will keep it forever I promise!(わぁ、これあなたのお気に入りの時計じゃない!ずっと大事にするね、約束する。)

一生大切にしたいと思えるプレゼントをもらった時などに使える表現です。forever(永遠に)をつけることによって、もらった物がどれだけ特別か大事に思えるかを相手に伝えることができますね。

use this for a special occasion(特別な時に使う)

This is so beautiful. I'll use this for a special occasion. Thank you so much.(とてもきれい。特別な時に使うね。どうもありがとう。)

例えば、髪飾りなど普段しないけれど特別な時に使える物や、何気ないものでも大切な人からもらった物は普段使いではなくここぞという特別な時に使いたいものです。こう言われると、あげた人も自分は特別なものをあげたんだと鼻が高くなりそうですね。

means world to ~(~にとってかけがえのない、この上なく大事な、大切な

This gift means world to me.(このギフトは私にとってかけがえのないものです。)

worldという単語が入るとなんだか壮大な感じがしますね。ものすごく自分のことを分かってくれている人から、とても自分の趣味にあった物をもらった時などに是非使って欲しい表現です。人にも使えて、You mean world to me.(あなたは私にとってかけがえの無い人よ。)などとも言えます。

close to one's heart(大事に思う)

I always keep my family close to my heart, even when we live far away from each other.(例え遠くに離れて住んでいても、私はいつでも家族のことを大事に思っている。)

直訳すると、“心に近い”という意味から自分にとって重要な物事や大切な人の意味として用いられ、どちらかというと口語的な表現です。大切な物事や人をclose to one's heartの前に置いてください。大切に思う対象を心に近い位置でkeep(おく)する=大切に思うなんてとても海外らしい表現ですね。

care about someone(大切に思う)

I want to call you everyday to see how you're doing. You know, I care about you.(君がどうしているか知りたいから毎日声が聞きたい。君の事大切に思っているから。)

このフレーズは、身近な人をとても大切に思っていることを伝えたい時に使います。恋人同士でも使います。ラブソングにもよく登場します。気安くは使わない表現なので、友達にしろ恋人にしろ親密で特別な関係の人に使わないと勘違いされてしまうので気をつけましょう。

value(大切にする)

It's very important to value relationships with other people in your life.(人生において人との関わりを大切にすることがとても重要なんだよ。)

価値という意味で広く知られるvalue、動詞は“高く評価する、尊ぶ”という意味を持っており、ここから大切にするという風に意訳できます。価値を置くという風に覚えると、分かりやすいかもしれません。

cherish(大事にする、かわいがる)

Do you promise to love and cherish him, in sickness and in health for as long as you both shall live?(あなたは命がある限り病める時も健やかなる時も、彼を愛し慈しむことを誓いますか?)

wedding vows(結婚式の誓い)で登場する単語cherishには“大事にする、慈しむ”という意味があります。人にも物にも使えますが、愛情を持って大切に扱いますと言いたい時に最適な言葉です。

hold dear to one's heart(大切に思う、~を心に大切にしまっておく)

I believe everyone has someone that they hold dear to their heart.(誰もが誰かを大切に思っていると私は思う。)

dearという単語は親愛なという意味で、メールの書き出しなどに使われるイメージがあるかと思います。他にも、いとしくてという意味もあり、例えばShe was dear to him.(彼女は彼にとっていとしい人だった。)という使い方もできます。愛しさを心に留める=大切に思うと覚えましょう。

大切な気持ちを英語で伝えよう


色々な“大切にする”がありましたね。言うのが照れくさかったりすることもあるかと思いますが、気持ちを口に出すことはとても大切で、母国語が違う同士の会話では特に重要になってきます。もう既に親しい人、これから親しくなりたい人に是非大切に思っている自分の気持ちを伝えて、より良い関係を築くことに役立てましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2