TOEFL iBTのスコアを上げる勉強のコツ

  • 英語試験対策

アメリカの大学または大学院に留学を考えている人に必ず必要なTOEFL。近頃はiBTというコンピューターを使った試験が主流ですが、対策がイマイチわからない・参考書が少ないなど日本では少しマイナーな試験で勉強に苦労されている方も多いと思います。そこで今回は全くの初挑戦の方がどのように勉強をスタートさせるか勉強のコツを紹介します。

TOEFL iBT初心者のための勉強のコツ


1. とにかく最初は単語を覚える

TOEFL iBTはReading, Listening, Speaking, Writing の4つのセクションからなる試験です。Reading, Listning は学術的な文章の読解や大学での講義などが取り上げられ、初めての方が何も対策せずに試験を受けるとそもそもどんな話をしているのか分からずに戸惑うケースが多いです。ですから、とにかくまずはとにかく単語力をつけて行くことが重要です。

単語帳から勉強することも大切ですが、普段から英語のニュースや本(できれば教科書)を読み、分からない単語はすぐに調べる!という癖付けをすることがとても重要です。おすすめなのはBBC Newsです。短い内容に重要な内容がぎゅっと凝縮されているので初めて英語のニュースを見る方にも向いていると思います。読むことに慣れたらできるだけ早く読むことも回答時間を十分取るために必要なので、練習してみてください。

2. 英語に耳慣れする

一般的に英語のListening だとアメリカ人やイギリス人の会話を聞く問題などが多いですが、TOEFL iBTには大学の講義を聞く問題や授業中のディスカッションの問題も出て来ます。そのため、様々な国の英語になれることが必要です。

そこで色々な講義が無料でYoutubeでも聴けるTEDが非常におすすめです!TEDのいいところはまず字幕が出せるところ。いくつかの講義は日本語の字幕も出せるので、はじめに日本語字幕で観た後に英語字幕で観て分からない単語を調べる、慣れて来たら最初から字幕無しで観てどれだけ聞き取れるか書き取りなどでチェックするとぐんぐんListening能力が伸びていきます。まずは自分の興味のある分野の講義を探して聞いてみましょう。

3. オンライン英会話で英語を話す・書くことに慣れる

Speaking, Writing はどうしても一人で勉強するのには限界があります。一人だけで勉強していると文法が正しいかどうか、そもそも伝わる表現をしているのかどうかが不安になると思います。そんな時に頼りになるのは格安でオンラインで出来る英会話教室です。

オンライン英会話を不安に思う方も多いでしょう。しかし、多くのオンライン英会話できちんと試験を受けて、高い評価を取っているフィリピンの講師の方が教えています。彼らの指導は丁寧できちんと間違っているところは指摘し、私たちが本番の試験で高得点を取れるようにたくさんのアドバイスをしてくれます。

特に多くの日本人が苦手としているSpeakingの特訓にオンライン英会話は最適です。TOEFLの試験では聞かれた内容の意見を求められる問題やその場で出されるReading, Listening の内容を話す、要約する問題が出るのでこのような問題をスピーディに答える練習はとても重要です。

さらにWritingも自分以外の人が文章を読むことで間違っているところが発見できたり、どのように書けば点数を上げることができるかというポイントを知ることができるので、点数を大幅アップすることも夢ではありません。

もちろんフィリピンの先生たちに様々なTOEFLの相談や質問もできるので、ぜひトライあしてみてくださいね。

TOEFLは必ずスコアアップできる

TOEFLの試験は難しいですがコツコツ勉強することで少しずつ点数が伸びていきます。特にアメリカの大学留学を考えている方には留学前の授業の予習になるかもしれません。一番大切なのは続けること。 

勉強した分だけ英語力は伸びていきます。一度で目標の点数を取るのは難しいですが、経験を積むごとに確実に点数は伸びていきますので諦めずに頑張って挑戦していきましょう!


この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2