How are you?にネイティブはなんて答える?ナチュラルな応答まとめ

  • 英語表現

英会話の基本中の基本である、How are you?(お元気ですか?)に対し、I’m fine.と答えるのは、もはや誰もが知っている定番表現です。しかし、I’m fine.という答え方、ネィティブには「大丈夫です。問題がないです。」というように聞こえ、案外使わないというのはご存知でしたか?ネイティブが日常的に使う返事・応答をご紹介します。

I'm fineという返答は会話を終わらせる?

A: Do you want me to turn on the heater?(ヒーターをつけようか?)

B: I'm fine, thank you.(大丈夫です、ありがとう。)

A: Do you mind if I smoke here?(ここでタバコ吸ってもいいかな?)

B: I'm fine.(大丈夫だよ。)

実は、ネイティブがこの表現を使うときは、あまり会話を広げたくないとき、さっと終わらせたいときに使う場合が多いです。上記のように、「大丈夫」を伝えたいときに使うことが多く、How are you?のような調子を聞くとき、挨拶のときはあまり使われません。

How are you?へのナチュラルな返答

Couldn’t be better! (最高だよ!)

もともとcouldは「~かもしれない」という可能性を表す意味があります。could not + be better で「これ以上いい状態になる可能性がない」、つまり「最高の状態」という意味になります。Couldの前にはIt、Iが省略されており、Couldn’t be better!とIt、Iをつけずに使うことが多いです。

反対にcoud be betterや、might be betterは、「あまり調子がよくない」、It couldn’t be worseは「最悪だ」という意味になってしまいますので、気をつけましょう。

ネイティブがこの表現を使っていたら、What’s happened to you?(何があったの?)とぜひ会話を広げてみてください。他にも、Excellent.やAmazing.などいいことがあった時、気分がいい時に使える表現です。

(I’m) good. (元気です。)

こちらの表現が日本人がイメージするI’m fine.に近い無難な表現です。I’m good.  You?と相手にも聞いてみましょう。I’m fine.で答えるよりも自然な英語にネイティブには聞こえます。他にもI’m pretty good.と使うと少し明るい印象になります。

I’m not so good.(調子が良くないです。)

こちらの表現を使うときは、体の調子が良くないとき、何か悲しいことが起こったときに使うのですが、意外とこの表現はある程度英会話に慣れてきた方が使うことが多いように思います。なぜなら、I’m not so good.といった場合、What’s wrong with you?(どこか調子が悪いの?)や、What's happend to you?(何があったの?)と高確率で、心配されてしまうからです。そんなときは、I have a slight cold.(風邪気味です。)や、I broke up with my girlfriend yesterday.(彼女と昨日別れました。)といったふうに、なぜあまり調子がよくないか説明できるようにしておきましょう。

I’m ok.  / So so.(大丈夫だよ。まぁまぁだよ。)

 I’m ok.やSo so.といつ答えは、I’m fine.と同様、大丈夫です。普通だよ。という印象になるため、あまり会話は広がりません。特にSo so.はあまりネイティブが使っているのを見たことがありません。こちらはあまり時間がない時、さっと会話を終わらせて、本題に移りたい時などの表現として覚えておきましょう。

How are you?以外の「元気ですか?」の聞き方

How are you doing?(どうしてる?)

How are you?と似た表現です。I’m doing fine.と現在進行形で答える必要があるように思いますが、Fine.や、Good.と短縮系で答えても大丈夫です。

How is it going?(調子はどうですか?)

How are you?よりも少し砕けた表現です。こちらの表現はHow’s it going? とHow isを短縮して使う場合が多いです。返事をする場合は、Itをつける必要はなく、Good.や、Not bad.というふうに、How are you?への返事と同じように答えましょう。

What’s up? / What's new?(調子どう? / なんか新しいことある?)

とてもカジュアルな表現です。親しくなった友人にぜひ使ってみてください。Howの「どう?」という問いかけと違って、直訳すると「何か(新しいことは)あった?」という質問なので、Nothing much. やNot a lot.で「別に何もないね〜」という答えることも多いです。

気軽な挨拶から仲良くなろう

How are you?は、相手とコミュニケーションをとるための第一歩です。つまりHow are you?と聞いてくれる相手は、あなたとコミュニケーションをとりたいと思っているということです。How are you?だけじゃない!「元気ですか?」の英語表現10選!の記事や、英語の"How are you?"や"What's up?"の答え方と挨拶表現の記事も参考にして、How are you?への、I’m fine.以外の答え方で、ぜひ英会話の第一歩を広げてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2