TOEIC Part5を攻略!時間短縮・全問正解するための公式

  • TOEIC対策
  • TOEICリーディング

TOEICのリスニングパートは、会場にいる受験生皆が同じ問題を同じタイミングで解きますが、Part5からはペース配分に気を付けて解くことが大切です。よく耳にするのは、Part5(または6)に時間をかけ過ぎて、最後の長文読解が終わらなかった…という経験談です。Part5・6の時間を短縮して、得点源にする公式をご紹介します。Part7に時間をかけられるようになるので高得点につながります。

TOEICリーディング問題構成


量が多く、上級者でも全問回答が難しい

Part 5 30問 文法問題
Part 6 16問 文章中の穴埋め
Part 7(シングルパッセージ) 29問 1つの文章を読む
Part7(複数パッセージ) 25問 2、または3つの文章を読む

それを避けるためには、文法・語彙問題が中心のPart5とPart6をどれだけ早く、正確に解答できるようになるかが大きなカギを握っています。

75分間という時間制限のなか問題数はリーディングと同じく100問、内訳はPart5が30問、Part6が16問、Part7のシングルパッセージが29問、複数パッセージが25問です。Part7はシングルパッセージならまだしも、複数の文章を読まなければならない複数パッセージ問題があるので、解答に一番時間が掛かるところです。ですから、Part5と6に時間をかけ過ぎてしまいリーディングパートまでたどり着かなければ、79問まるまると落としてしまうこととなり、当然ながらスコアもぐんと下がってしまいます。

鍵は単語力

Part5とPart6で問われるのは主に文法理解力と語彙力です。これは、過去問題やTOEIC対策本でどれだけ問題の形式に慣れているかが如実に現れます。例を挙げると、このような品詞を問う問題では慣れてくると問題文全部を読まなくても解答ができることが多いです。

例題

After choosing Michael as team leader, the manager gave him a ------- overview of the project.
(A) comprehend
(B) comprehending
(C) comprehension
(D) comprehensive

これはTOEICには必ず出てくる正しい品詞を選ぶ形式の問題ですが、品詞の問題は必要なところのみ読めば答えられる問題が多く、解答時間短縮に繋げられます。

上記の問題ですと、空欄の前に冠詞の”a”があります。冠詞は名詞か形容詞の前にしか付けることができないので、まず動詞である(A) comprehend は除外できます。言うまでもなく、全文を読んで内容を理解してから回答することが望ましいですが、まだTOEICに慣れておらず読解スピードが遅かったり、Part7の長文読解を一番苦手としているのでそこに時間を費やしたりしたい人には、こういった品詞問題はチャンスです。どういうことかと言うと、品詞問題の多くは全文を頭から読まずとも、文中の空欄の前後の単語のみに注目すれば答えを導き出せるのです。

そして、空欄の後にある”overview (概要)”は名詞ですね。名詞を修飾するものは形容詞しかないので、名詞である(B)comprehensionも除外できます。そうすると残る答えは(C)comprehending か、(D)comprehensiveとなります。

ここで(C)comprehendingを形容詞と間違えて選択してしまう人もいますが、comprehendingは形容詞ではなく名詞に取って代わり、「~すること」を意味する動名詞なので、答えは(D)の形容詞、comprehensive(包括的な)となります。

品詞問題を一発で見分ける公式

正解 公式
名詞
冠詞ーー冠詞
冠詞+形容詞ーー前置詞
他動詞ーー前置詞
前置詞ーー前置詞
形容詞
冠詞ーー名詞
冠詞+副詞ーー名詞
所有格ーー名詞
be動詞+副詞ーー
副詞
have[has /had] ーー過去分詞
主語ーー述語動詞
完全文ーーー.
自動詞ーーー.
助動詞ーーー原形動詞
be動詞ーー形容詞
be動詞ーー分詞 (-ing/-ed)
be動詞+過去分詞ーー


文章でどうやって選説明すると、候補を一つずつ削っていくやり方のようで時間がかかりそうですが、品詞それぞれがどういったルールで使われているのかを一度頭に入れてしまえば、空欄前後の単語の品詞と意味を理解するだけで正しい答えへと導くことができます。このやり方でどんどんチェックを入れていき、自信のない問題は印をつけておきPart7の後に時間が余れば(5分以上余るようになれば理想的です)、見直すというやり方を身に着けることが、Part5の解答時間短縮への一番の早道です。

Part6は、一見文章問題のようで時間が掛かりそうですが、これも内容を理解するというよりは適した品詞・語彙を当てはめる問題なので、Part5と同じ要領でどんどん解いていきましょう。

Part5・6は得点源になる

はじめのうちは、全文読まないと意味すら分からなかったり、ひっかけ問題(上記では、形容詞と動名詞の違いを正しく理解していないと一見どちらも選択肢に入りそうですよね)に点数を取られてしまったりすることもあると思います。

しかし、何よりも「慣れ」が大切なPart5とPart6。問題数をこなし、必要とあらば品詞のルールを勉強し直し何が何に適応するのかの判断を瞬時にできるようになることで、正答率もスピードも飛躍的に上がるのがPart5とPart6の特徴です。紹介した公式ルールの表は丸暗記してください。

どのパートよりも、繰り返し数をこなすことで一番点数アップを見込めるやりごたえのあるパートですから、一番時間が掛かるPart7に時間を残すためにも解答・添削・解説理解をきちんと練習が必要です。時間配分はの決定版!目標スコア別TOEICリーディング問題の時間配分まとめの記事も参考にして、時間配分を間違えず解けるようになりましょう。

TOEICの各パート対策記事

TOEICの文法をプロと一緒に克服しよう!

世の中にはたくさんのTOEICの参考書、文法書があふれています。ウェブでたまたま見つけてレビューが良かった参考書、なんとなく表紙が可愛いTOEICに関係ない英語の本、日々の忙しさに流されて、学習を続けず、そのままになっている英語の参考書は家にありませんかあなたに本当に必要な文法を学べる参考書を選んでいなければ、TOEICのスコアをあげるためには、遠回りになってしまいます。自分に合った文法書を選んで、目標スコアを達成しましょう!

English Hacker Campでは、わからない部分は専任コーチがいつでもLINE・週2のセッションで質問できるので、一人でわからない部分をうやむやにすることなく、文法を克服できます。週二回のテスト、コーチの解説で、一人で金フレとにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。文法が苦手・一人での勉強に限界を感じている方ははぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2