英語で頼れる人って何ていう?信頼できるを伝える10の英語表現

  • 英語表現

つらいことや悲しいことがあったとき、友達の存在って本当に欠かせないですよね。日本人は、言わなくても察することを良しとする文化ですが、外国では思ったことは伝えるのが当たり前、むしろ「伝えないと分かるわけない!」というところがあります。外国人の友達が出来たとき、ここぞという場面で友情を深めることができる“頼る”という表現をマスターしましょう。

「信頼できる」「頼りになる」の英語表現


on your side(あなたの味方)

What's wrong? You look sad. You know, I'm always on your side.(どうしたの?悲しそうに見えるよ。ねぇ、私はいつでもあなたの味方だよ。)

映画や歌の歌詞でよく聞かれるフレーズです。あなたと同じサイドにいる=あなたの味方という意味です。つらいときや悲しい時に言われたら、とても心強く感じられそうですね。

be there for you(あなたの力/助けになる)

I'll be there for you when you need help.(あなたが助けが必要なときは、いつでも力になるよ。)

こちらも歌の歌詞などによく登場します。直訳だと、“あなたのためにそこにいる”ですが、そこから“あなたの力になる”という意訳ができます。また、I'll be there.だけだと、例えば友達に食事に行こうと誘われて、返事としてI'll be there.(行くわ。)という様に使うので、for you をつけるのとでは意味が異なることも押さえましょう。

solid as a rock(信用できる)

Hey, If you have problems with your study, you should talk to Bill. He's solid as a rock.(ねぇ、もし君の研究で何か問題があるなら、ビルに相談してみるといいよ。彼は、とても信頼できるからね。)

rock(石)がとてもsolid(固い)=信頼できるという意味で使われます。他にも、“落ち着いている”や、言葉どおりにとても固いものを表すときにも使えます。

go-to guy(頼りになるやつ)

My microwave isn't working properly. I need to get Mr.Smith here. He's my go-to guy.(電子レンジの調子が悪いみたい。スミスさんに来てもらわなくちゃ。彼は本当に頼りになるの。)

主にアメリカで使われるスラング英語です。いわゆる全部において頼りになる人という意味ではなくて、例えば上記のように機械が壊れた時はこの人に一番最初に相談する!というように、ある特定の問題が起こったときはこの人に頼むというような感じです。

reliable(頼れる、信頼できる)

I look up to him. He's kind to everyone, and he always helps people. He's very reliable.(彼を尊敬しているの。皆にとてもやさしいし、いつも人助けしているし。彼はとても信頼できるわ。

動詞のrely(信頼する)から派生した形容詞ですね。rely(信頼する)+able(出来る)=reliable(信頼できる)です。英語を分解して意味を考えるとスペルも簡単に覚えることが出来ます。ここで出てきたlook up to ~(~を尊敬する)も覚えておきたい表現です。

dependable(便りになる、信頼できる)

If I want to deliver a message to someone, I'll ask you. You're a dependable person, and we know you will take care of it.(もし私が誰かにメッセージを届けたい時は、あなたに頼むわ。あなたはとても信頼できるし、きちんと仕事をしてくれるのを知っているから。)

dependは「頼る、依存する」という動詞で、dependableはそこから派生した形容詞です。元々の動詞dependはとても使える動詞で、depend on~で「~しだいである」という意味になり、例えばI want to go out but it all depends on the weather.(出かけたいけど、天気次第だわ。)という風に使うことができます。

trustworthy(信頼できる)

When you feel depressed, you should always go out with someone who's trustworthy.(落ち込んだときは、誰か信頼できる人と一緒に外にでかけるべきだよ。)

語の中にtrust(信頼する)が入っているので、意味を推測しやすいです。人のことに言及するときだけではなく、場所や物に対しても使います。The company is not trustworthy.(あの会社は信頼に値しない。)など。

as good as one's word(必ず約束を守る、言ったことを実行する)

Emily said she'd call everyday to see if I was feeling okay, and she was as good as her word.(エミリーは私が大丈夫かどうか確認するために毎日電話すると言い、約束を守った。

約束を守る人は信用できますね。ここでのher wordは毎日私が大丈夫かどうか確認の電話をするという約束を表します。faithful to one's promises(約束に忠実な)に言い換えることも可能です。

have faith in ~(~の事を信じている)

I have faith in you. You can be whatever you wanna be.(あなたの事を信じてるわ。あなたが成りたい者に何でもなれるのよ。)

faith(信頼、信用)という意味の名詞です。上記の例文とは逆に、信頼をなくしたときは、lose faith in ~(~に信用をなくす)という風に表すことができます。逆の意味も一緒に覚えておくと、頭の中で整理しやすいのでお勧めです。

well grounded(しっかりした)

He isn't really my type, but he seemed well grounded.(彼はあまり私のタイプではないけど、しっかりした人にみえたわ。)

ground=地です。日本語でも地にしっかり足が着いた人という表現がありますが、それと同じで、しっかりした人という意味で使われます。似たような表現でdown to earth(足がしっかりと地についた、現実的な)があります。ここでのearthも地という意味で使われています。

「信頼できる」のフレーズを使って友達との仲を深めよう

仲のいい友達に何かアドバイスを求められたとき、是非期待に答えたいですよね。特に、その友達が落ち込んでいたり悩んでいることがあったら、是非このフレーズを使ってポジティブなメッセージを発信してあげてください。その子にはあなたがtrustworthyにみえること間違いなしです。他にも、友達との関係を深めるのに役立つ自信を持って言おう!ドーンと頼られる人になる「まかせて」という英語表現の記事も参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2