「用事があるから」って英語でなんていう?丁寧に誘いを断るフレーズ10選

  • 英語表現

 例えば、今日友達に遊びに行こうよと誘われたとしましょう。遊びたいけど、今日は他にやることがあるあなたは、なんといって断りますか?日本語だと「用事があるからまた今度ね」となるところですが、さて、英語では?具体的にあなたが行けない理由を一つ一つ教えなければいけないのでしょうか?実は、英語でもこの便利な「用事がある」というは表現あります。色々な言い方があるので、是非ここで自分が使いやすいなと思ったものを、自分のフレーズとして使ってみましょう。

「用事がある」の英語フレーズ10


run some errands(用事がある)

A. Hey, do you wanna come over later?(今日遊びにこない?)

B. Thanks for the invite,  but I have to run some errands today. Can we do this another time? (誘ってくれてありがとう、でも今日は色々と用事があって。また今度にできる?)

色々と用事があることを伝える時の代表格のようなフレーズです。errand(用事)という名詞を使って表します。他にも、I have a million errands to run.(用事がいっぱいある。)という数字のmillionを使った面白い言い回しもあります。動詞にrunを使う点も覚えておきたいポイントです。

take care of something(済ます用事がある)

A. Are you up for Emily's birthday party tonight?(今日エミリーのバースデーパーティー行く?)

B. No, I can't today. I have to take care of something at home tonight.(今日はダメなんだ。家でしなければいけない用事があって。)

take care of~(~の世話をする、~の処理をする)の後にsomething(何か)をつなげて「何かを処理しなければいけない=何か用事がある」というフレーズを作ります。順序を入れ替えて、I have something to take care of.(しなければいけない用事がある。) としても使えます。

got so much to do(やることがたくさんある)

A. Hey, you seem pretty intense. Is everything okay?(ねぇずいぶん深刻そうな顔してるよ。大丈夫?)

B. Not really. I've got so much to do. I don't know where to start.(大丈夫じゃないんだ。やることがたくさんありすぎて。どこから手をつけていいものか、分からないんだ。)

非常にネイティブらしい言い方ですね。やることが多すぎてとても忙しい状態を表します。また、intenseは猛烈な、強烈なという意味ですが、スラングとして使うと素晴らしいという意味でも使えるのでこちらも覚えましょう。Your girlfriend is intense!(君の彼女素晴らしいね!)など。

have many things to do(やることがたくさんある)

A. I would really appreciate it if you would help me with my homework.(宿題を手伝ってくれたら、本当に助かるんだけど。)

B. I'm sorry , but I have so many things to do right now.(ごめんね、でも今することが山積みなんだ。)

やることがたくさんあるを英訳してくださいと言われたら、まず最初にこの文が浮かぶのではないでしょうか。上記のI've got so much to do.と全く同じ意味なので、好みで使い分けてください。

due to a private matter(個人的な用事で)

A. I'm sorry but I can't attend the conference due to a private matter.(申し訳ありません、個人的な用事があって、会議に出席することが出来ません。)

B. Understood.(分かりました。)

何か個人的な用事で会議等を断るときなどに使います。こう言われると、ちょっと深刻な感じがして質問をしにくい印象を受けます。軽く用事があって誘いを断りたいときなどは、違う表現を使ったほうがベターでしょう。

something came up at the last minute(急に用事ができた)

A. I'm sorry but I have to cancel the lesson today. Something came up at the last minute.(すみません、今日のレッスンをキャンセルしなければいけなくなりました。急に用事が出来てしまって。)

B. It's all right, I'll see you next week.(大丈夫よ、また来週ね。)

この例文では、行くつもりにしていたけど、最後の最後で何か急用が出来てしまっていけなくなったというニュアンスです。ちょっと長いフレーズですが、10回も言えば口になじむので是非声に出してみてください。

pretty occupied with stuff(用事で忙しい)

A. Hey! I haven't seen you for ages. How have you been?(すごい久しぶり。元気だった?)

B. I've been good! Hey listen, I'm pretty occupied with stuff right now, I'll call you latter!(元気だったよ!あのね、今ちょっと用事で忙しくって、あとで電話するよ!)

occupied withの後に理由を続けると、その理由で忙しいという意味になります。何で忙しいか、一文で理由も表す事が出来るので、とても便利です。I've been occupied with work lately. (最近は仕事でずっと忙しい。)など、例文で覚えると忘れないですね。

a few tasks I need to do(しなければならない用事)

A. I can't wait to see the night museum!(ナイトミュージアム楽しみだね!)

B. Oh Is it today? I'm sorry I won't be there. There are few tasks I need to do.(今日だっけ?ごめん、私行けないわ。しなければいけないことがいくつかあるの。)

「tasks=仕事、務め」です。日本語でも、特にビジネスシーンで、タスクという言葉はよく使われていますね。仕事というと、jobという単語が一番に出てくる方も多いかと思いますが、taskは仕事の中に含まれる一つ一つの作業という意味合いが強いです。

due to a change in circumstances(状況が変わって他の用事ができたため

A. I don't know if I can make it to the farewell party today due to a change in circumstances.(状況が変わって他の用事ができたから、今日の送別会にいけるかどうか分からないわ。)

B. Hope you can make it!(これたらいいね!)

make it to ~は「~に間に合う、出席する」という表現で、非常によく使われます。circumstances(状況)は非常に長い単語ですが、口語だけではなくてテストの読解でも出てくるような単語なので、出てきたときに気づけるようになりましょう。

a bit tied up (何かの用事をしていて忙しい)

A. Hey, I can use your hand here.(ちょっとここ助けてくれる?)

B. I'm sorry, I'm a bit tied up at this moment.(ごめん、今手が離せないんだ。)

be tied up(縛られている、束縛されている)という意味から、縛られているので他の用事をすることをする自由がない、というイメージです。日常的にとてもよく使われるフレーズです。

誘いを断る時にも使える万能フレーズをマスターしよう

何かに誘われて、用事があるからって断るときはたくさんありますよね。具体的に内容を言及しない分、例えば気乗りのしない誘いを断る時にも、本当に用事があるときにも使える万能なフレーズです。英語は、使うというアウトプットをすると、格段に上達が早くなるのでお勧めです。自分に合うなぁ、言いやすいなぁと感じるフレーズがあれば、是非自分のものにしてどんどん使ってみてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2