「ミイラ」って英語で何ていうの?ハロウィンを英語で楽しもう!

  • 英語表現

皆さんはハロウィンの日に何かをする予定はありますか?楽しみにしている方も多いと思います。最近では子供から大人まで日本でもハロウィンがとても盛り上がっていて、仮装してテーマパークに行ったり、ホームパーティをしたり、ただ町中を歩くだけでも楽しいですよね。ハロウィンは外国人にも人気のイベントなので、英語でさらっとハロウィンっぽい会話ができるととても盛り上がります。今回は大人気のイベント、ハロウィンの日に使えるフレーズ、単語をご紹介します。

そもそもハロウィンとは?

ハロウィンとは、10月31日に行われる悪霊などを追い出すという目的の古代ケルト人(ヨーロッパ)が起源の行事です。10月31日にはあの世から悪霊や死者の霊が来ると考えられており、その為人々は不気味な仮装をし、彼らの仲間だと思わせ自分たちの身を守ったと言われています。

もともとは宗教的なイベントのハロウィンですが、近年では不気味な要素が少し薄れ、仮装の種類も豊富になり老若男女皆に親しまれるイベントになってきました。お菓子を楽しみにしている子供達も多いですね。

ハロウィンの日に使える英語フレーズ

Happy Halloween! (良いハロウィンを!)

定番のフレーズです。お互いに‘‘Happy Halloween!’’と言い合うだけで気持ちが盛り上がりますね。またネイティブが良く使うフレーズで‘‘I witch you a Happy Halloween!’’というものがあります。‘‘witch’’は「魔女」という意味で、このフレーズでは‘‘wish’’を‘‘witch’’に変えています。意味は‘‘Happy Halloween’’と同じですが、とてもネイティブらしいフレーズなので、少し人と違うフレーズを使いたい方は是非こちらも使ってみて下さい。

Trick or Treat! (お菓子をくれないといたずらするぞ!)

こちらも定番のフレーズです。外国では子供達が家に来てお菓子をねだるという文化があるので、子供のいる方は是非やってみるのも楽しいです。もし‘‘Trick or Treat!’’と子供が言ってきたら、‘‘Happy Halloween!’’と言い、お菓子を差し出してあげましょう。

Do you have any plans for Halloween? (ハロウィンの予定はありますか?)

‘‘Do you have any plans for~’’で「~の予定はありますか?」です。こちらはハロウィンでない時でも使えるフレーズです。例えば週末の予定を聞く場合は‘‘Do you have any plans for the weekend?’’です。会話のきっかけ作りにとても便利なフレーズなので覚えておきましょう。

I'm throwing a Halloween party. Would you like to join us? (ハロウィンパーティを開くんですけど、参加しませんか?)

‘‘throw a party’’で「パーティを開く」という表現です。外国ではパーティがとても頻繁に行われるので、是非このフレーズを覚えておきましょう。

How will you dress up for Halloween? (ハロウィンの日、どんな仮装をするの?)

‘‘dress up’’で「着飾る」という意味で、日本語でも「ドレスアップ」と言いますよね。また、もう少しカジュアルなフレーズですと‘‘What are you going to be this year?’’で「今年は何になるの?」という表現ができます。親しい友人間の会話ではこちらも使ってみて下さい。

I will dress up as a black cat on Halloween. (ハロウィンの日は黒猫の仮装をします。)

‘‘dress up as~’’で「~の格好をする」という意味になります。‘‘a black cat’’の部分を自分がしたい恰好に変えて使ってみましょう。また、こちらも親しい友人間の会話ではシンプルに‘‘I'm going to be a black cat this year.’’で「私は今年は黒猫になるんだ。」という表現ができます。

You look amazing in your costume! (あなたの仮装、とても素敵!)

町中で素敵な仮装の人を見かけた時、友達の仮装が素敵で誉め言葉を言いたい時に使える表現です。‘‘amazing’’の部分を‘‘good(良い)’’や‘‘fantastic(素晴らしい)’’などお好みの単語に変えて使ってみるのもお勧めです。また、ハロウィンの時は不気味な仮装をしている方も多いですよね。その場合は、‘‘You look scary in your costume.’’で「あなたの仮装が怖い。」と表現することができます。

 You scared the hell out of me! (あなためっちゃ怖かった!)

こちらはネイティブが友人間の会話でよく使うフレーズです。シンプルに‘‘You scared me!’’でも良いのですが、‘‘the hell out of ’’を加える事によって、「あなたが私をすごく怖がらせた」ということが強調できます。誰かに驚かされた時に使える便利なフレーズです。また‘‘hell’’の部分を‘‘crap’’に変えて‘‘You scared the crap out of me!’’と言う事もできます。こちらは‘‘hell’’を使うより少しだけ柔らかくなり、日本語に直すと「も~驚いたよ~!」というニュアンスです。

I didn't recognize you because of your heavy makeup! (濃いメイクしてるから、あなただと気が付かなかったよ!)

‘‘recognize’’が「認知する、分かる」という単語です。また「厚化粧」は‘‘heavy make up’’や‘‘too much make up’’で表せますが、‘‘too much make up’’の方は「メイクし過ぎだよ」という意味が強く、少し相手を否定する表現になってしまうので気を付けましょう。ハロウィンの時期は町中が濃いメイクをした人で溢れていますよね。中には自分の知り合いだとしても、メイクのせいで気が付かない場合もあります。そんな時にはこのフレーズを使い、「気が付かなかったよ!」を表現しましょう。

Have a spooky night. (不気味な夜を過ごしてね。)

こちらはとてもハロウィンらしいフレーズです。‘‘spooky’’が「不気味な」という単語です。‘‘have a good night.(良い夜を過ごしてね。)’’というお馴染みのフレーズの‘‘good’’を‘‘spooky’’に変えると、とてもハロウィンらしいフレーズになります。また‘‘spooky’’の他に‘‘creepy’’を使っても同じ意味になります。ハロウィンの夜はこのフレーズを使い、盛り上がりましょう。

ハロウィンで使える少し不気味な英単語まとめ