台風・地震の時は英語で何て言う?災害の名称・フレーズまとめ

  • 英語表現

世界各地で異常気象が発生している今、いつどこでどんな災害に見舞われるか分かりません。災害は英語で disaster。世界には、日本人が聞き慣れている災害とそうでないものとがあります。また、自然が原因で起きる「自然災害」と人が原因の「人災」があります。自分の身を守るためにも、世界にはどんな災害があるのかを知っておく必要があります。今回は、災害の種類とその状況を伝える単語とフレーズを紹介します。

災害や被害を現す英語表現


主な災害英単語

  • earthquake(地震)
  • tsunami(津波)
  • typhoon(台風)
  • hurricane(ハリケーン)
  • 嵐(storm)
  • flood(洪水)
  • fire(火事)
  • eruption(噴火)

hurricane は大西洋・北太平洋東部で発生する暴風雨、typhoonは北太平洋西部または南シナ海で発生するものを指します。storm は場所に関係なく激しい雨風や雷を伴う荒れた天気の名称です。また、「震度」は日本の気象庁が使用している指標です。

日本人は「震度+数字」で地震の強さが分かりますが海外では通じません。英語で地震の強さを伝えるには magnitude(マグニチュード)を使いましょう。An earthquake with magnitude 9.0 attacked Tohoku region of Japan on March 11, 2011.(2011年3月11日、日本の東北地方をマグニチュード9.0の地震が襲いました。) と表現するのが一般的です。

被害を伝える英単語、英語フレーズ

  • A occurred. (~が起きた)
  • disaster-stricken area/ region affected by disaster(被災地)
  • damage(損害、被害)
  • be in danger of ~(~の危険がある)
  • serious, critical, severe, major(深刻)
  • black out(停電)
  • refuge/ shelter/ evacuation center(避難所)

被害の大きさを表す4つの単語の使い分けは特にありません。使い方としては、Unfortunately, there wasn't serious damage (major damage) from the last typhoon.(幸いなことに、前回の台風による大きな被害はありませんでした。)や The damage the earthquake caused is very critical.(地震による損害は深刻です。)などがあります。

災害時によく使う英語フレーズ

You must evacuate immediately.(ただちに避難してください。)

「避難する」は evacuate「今すぐ・ただちに」は immediately ですが now、right now でもOK。「~から逃げてください」は escape from ~ と言います。もし stay away from ~. と言われたら「~に近づかないでください」の意味。これらの動詞は覚えておく必要があります。

Don't move. It still shaking.(動かないで。まだ揺れています。)

地震の時によく使われる一言です。地震の揺れはshakeを使えば伝わります。still は「(継続中)まだ」です。他に想定されるフレーズは Hide under the table.(テーブルの下に隠れなさい。)や Cover your head with blanket.(頭を毛布で守って。)もしくは Let's wait until the earthquake stops.(地震がおさまるまで待ちましょう。)などがあります。

A huge earthquake just hit Northeastern region of Japan.(日本の東北地方で大地震が起きました。)

「~が起きる」は occur と紹介しましたが、他にも hit や attack を使う場合もあります。どちらも「(災害が)襲ってくる」イメージです。just は「さっき、ちょうど」を意味します。津波への非難を促すフレーズは A tsunami is coming. Please evacuate to higher land/ ground.(津波が来ています。高台へ避難してください。)が一般的です。

The epicenter is X.(震源地はXです。)

アメリカ綴りでは epicenter、イギリス綴りは epicentre になります。他に focus を使う場合もあります。「震源」は地底海底の地震の発生場所で「震源地」は震源の真上の地上を指します。ニュースや話を聞く時は特に2つの違いに注意して聞いてみてください。

Please be aware of aftershock.(余震に注意してください。)

人が揺れを感じる強さの地震が発生した場合、セットで言われるのがこのフレーズ。be aware は be careful と同じ「注意する」と言う意味です。地震が起こらない国の人が日本で地震に遭うと、津波や余震の知識がありません。周りの日本人が助けてあげなければいけませんね。

Hurricane Maria destroyed everything.(ハリケーンマリアが全てを壊しました。)

台風は毎年1月1日から発生した順番数字が付けられますが、ハリケーンに決められたアルファベット順に人の名前が付けられます。以前は女性の名前ばかりだったのですが、現在は男性の名前も使用されます。destroy は「破壊する」を意味し、とても強い攻撃や被害を表す動詞です。

There is an injured person. Call an ambulance!(怪我人が居ます。救急車を呼んでください!) 

自分の周りに怪我人が居る場合や、たとえ避難所に到着できたとしても負傷者を見つけたり、自分が怪我をおっている場合もあります。そんな時は This person is injured.(この人怪我をしています。)Help!  I'm injured.(助けてください。怪我をしています。)と言ってください。

All trains/ flights are cancelled.(電車/飛行機は全便運休しています。)

発着が遅れている場合は delay を使い、一時的に停止している場合は suspended になります。地震や浸水で道路が閉鎖されている時は The road is closed. で通行止めの看板には ROAD CLOSED と書かれています。車に閉じ込められている状態は be stuck inside the car. と言えば良いでしょう。

I'm missing my son.(息子とはぐれました。)

パニックの中では子供を見失うことが多々あります。津波や大洪水に襲われたら、自分や家族が流されてしまうことも想定されます。missing の他にはぐれている状態を伝える表現は I'm looking for A.(Aを探しています。) A is still inside.(Aがまだ中に居ます。)などです。

Don't stay by yourself. Stay together.(1人にならないで。みんなでかたまって居ましょう。)

by yourself は「ひとりで」を意味し、Don't let the kids be by themselves. なら「子共達だけにしないで。」になります。災害時に使える「一緒に~しましょう」の他の表現は Let's go together. (行きましょう。)Walk together.(一緒に歩きましょう。) Stay with someone near you.(近くの人と一緒に居てください。)などがあります。

Follow me. Let's go to the evacuation center together.(ついて来て。一緒に避難所に行きましょう。)

困っている人や助けが必要な人を見つけた時に使いたいフレーズですね。Follow me. の代わりに Come with me. (一緒に来て。)や Are you alright?(大丈夫ですか?)と話しかけることもできます。the evacuation center がとっさに出てこないかもしれないので、そんな時 Let's go!(行きましょう!)だけでも通じますよ。

災害の時は英語を理解して伝える力が重要

海外旅行中に地震や火事に遭遇した場合や、日本で被災しパニックになっている外国人を見かけた時、状況や情報を理解し伝える力がもっとも重要なスキルだと言っても過言ではありません。BBC Newsではアメリカ、イギリス、カナダを中心に世界のニュースを英語で読むことができます。NHK WORLDは日本のニュースを英語で掲載しています。災害時はTVやウェブからの情報に一層注意し、落ち着いて行動する冷静さが求められます。万が一の事態で冷静に行動するためにも、今回紹介した災害に関する単語やフレーズを普段から習得しておきましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2
ライタープロフィール
Ee9a7b48 3f5f 4f5b 9434 8afa66c655e9
Mami Shimizu
韓国と日本のハーフ。中学卒業後、韓国から移住した親戚を頼り単身渡米。高校・大学の7年間をカリフォルニアで過ごす。留学生活を経て大手IT企業に3年勤務。その後、地元に戻り国際交流業務に従事する傍ら、夜は英会話講師・個別指導塾講師を経験。現在も保育園児~60代まで老若男女と英語を楽しむ毎日。プライベートでは1歳児の母。英語と韓国語をどのように取り入れるべきか、少し頭をひねりながら育児を楽しんでいる。
このライターの記事
関連記事
Thumbnail d787537e ac26 40d9 b7e9 0b10a82fba35
人や物を大切に思う気持ち伝えるを英語フレーズ10
Thumbnail 6ad0bbbb 6a14 49d8 804d fd4c3c050c41
「つまり」と英語で話をまとめるフレーズまとめ
Thumbnail 08884fca a5cc 40e1 a501 aa4afbcd591c
丁寧な英語でショックを和らげる!バッドニュースを伝える前の前置きフレーズ
Thumbnail e33f3bed 2fe5 4f17 8fca 9c4920141521
2016年の英語の流行語は?ネイティブがよく使った英語表現6選
カテゴリー一覧
Category list1 a7a92a643ecc69a8977b739e62bb5872a268e853219b20cced62b6a9caacd3fe
Category list2 6453c8c6172fa9e9b56d2a79b32116c4ea3a397868756239c08751aa3f2c2e99
Category list3 ce971a26aeb18d39708f95ec6b4ca47dae7713e6c066a3249796851a6f6a1432
Category list4 de42204c550605a65d23f9839625bf757ba57189be576b9b7399653cf4cc8c8e
Category list5 e620ae83fab4237d0816d43d2749fc5d9d65f2ea127a306053a237c160dccf37
Category list6 aa6a489feaa2e703c2cf7053127ffd7c6e45f4798c893c345f407d6db72b38af
Category list7 bf4bd0cb4a97eb76160f2e71e1a49c793944002040ae0f3294e28cda13c5a4af
Category list8 ea1641297821baccc75b2b3c6e3be3367156a151ddcaeb9de8014a9569aefd82
Category list9 5b2c1d925ed24a98eb03176b051bc1ca1839d4fc3b3b73ba28eaf6e6cf330cc9