ネイティブがよく使う会話を広げる副詞10選

  • 英語表現

Absolutely, definitely, exactly など、語尾が “ly” で終わる英単語をネイティブの人の会話でよく耳にします。副詞そのものの単語としては知っていても、その使い方や適したシチュエーションがわからなくて使えない場合が多くありますよね。今回は使用頻度の高い副詞を10個をピックアップして、詳しく説明していきます。

会話を広げる副詞10選


Absolutely (完全に)

A: Hey, would you like to go to eat dinner with me on Friday? (ねえ、金曜に夕食でも食べに行かない?)
    B: Absolutely! That sounds good! (もちろん!いいわね!)

A: I heard it from Eric, are you dating Ken? (エリックから聞いたけど、ケンと付き合ってるの?)
    B: What the heck? Absolutely not! He is just a friend! (なんですって?そんなわけないじゃない、彼はただの友達よ!)

Absolutely はabsolute (完全)という単語にlyをプラスした単語で「完全な」という意味になります。Absolutely は“yes”と似たような働きで「もちろん」というようなニュアンスで使われることが多いです。また、Absolutely は“not”と組み合わせて何かを強く断りたい時や、否定するときにも使われます。

Definitely (確実に)

This drink is really tasty! Do you wanna try this? (このドリンクすっごい美味しい!試してみる?)

Definitely! (もちろん!)

You should definitely watch the new Spider-Man movie! That was awesome! (絶対にスパイダーマンの新作見にくべきだよ!あれ最高だった!)

Definitely はdefinite (確実)という単語にly をプラスした単語で意味は「確実な」という意味になります。Definitely はabsolutely と似たように、了承や相手に賛同するときによく使われます。また、何かを強く勧める時などにも用いられます。Absolutely とdefinitely はとても似ていて同じようなシチュエーションで使われることが多いですが、definitely は若者に多く使われていて、absolutely の方が少し丁寧な印象を受けます 。

Exactly (正確に)

A: I hate it when people are unsupported to cooperate. (協力する気がない人って本当に嫌。)
    B: Like Kyle didn't pay attention for you using phone, when you talked in the group work? (グループワークで君が話してた時にカイルが携帯ばかりで話を聞いてなかったみたいに?)
 A: Exactly! he does that all of the time! It's super annoying. (その通り!あいつっていつもそうすんだよね!本当イライラする。)

That's exactly what I'm talking about! (それがまさに私が言ってることだよ!)

Exactly はexact (正確)という単語にlyをプラスした単語で「正確に」という意味になります。Exactly はabsolutely やdefinitely と混同されることが多いですが、「もちろん」のようなに何かに対しての返事にはあまり使われません。相手の発言に対して「その通り」と共感したりするような時に使われます。

何か会話をしている際、相手が具体的な例などを挙げた時に「そうそうそれ!」というようなニュアンスです。また、Exactly の後にはよく“That's what I’m talking about” が続き、この2つはよくセットになって使われます。

Basically (要は、簡単に言うと)

A: Tell me about Emma. (エマってどんな子?)
    B: Well, She is good at studying, she is the captain of the basketball team, and she is kind. Basically she is perfect. (うーんと、エマは勉強できるし、バスケ部のキャプテンだし、親切だし、要は彼女は完璧だよ。)

A: What kind of food do you like?(どんな種類の食べ物が好き?)
    B:  I like doughnuts, ice creams, cupcakes, candies… (ドーナツ、アイスクリーム、カップケーキ、キャンディが好きかな。)

A: It means anything that taste sweet? (甘いものであればなんでもね?)
    B: Yeah, basically. (そう、要はそういうこと。)

Basically は日本語だと「基本的に」というような訳をされますが、ネイティブの使い方や実際の使われている意味だと、「要は、簡単に言うと」という訳がより合っています。何かをまとめて話す時などの文頭に置かれることが多いです。Basicallyを「基本的な」という訳で覚えていると、Usuallyの用法と混同してしまうので注意が必要です。

Usually (普段は、基本的には)

My mom usually in my house as a housewife but she works at the school as a school counselor every Wednesday. (私の母は普段は主婦として家にいますが、毎週水曜はスクールカウンセラーとして学校で働いています。)

We usually don't allowed to have pets in our apartments. (基本的にはうちのアパートはペット禁止です。)

Usuallyは「基本的には」や「普段は」というような意味で使われます。Basicallyも「基本的な」という訳をされることがありますが、このようなUsuallyを使うシチュエーションにはBasicallyは使えないので、基本的なという意味ではUsuallyを覚えておく方が良いです。Basicallyは1つ前に説明しているような意味が強いからです。

Technically(厳密にいうと、細かなことを言うと)

Technically, you supposed to register this class two months in advance, but I can get you in the class. (厳密にいうと2ヶ月前に登録しないといけないんだけど、でも私があなたを入れさせてあげるわ。)

何かを説明するときなど、細かい話をする際に使われます。何かの登録やお店などの会話で聞くことが多いと思います。Technicallyを「技術的に」という意味で捉えている人が多いと思いますが、実際にはこのようなやニュアンスで使われることが多いので覚えておきましょう。

Literally (文字どおりに、冗談なく、本当に)

I literally cried when I heard the news. (私は冗談抜きでそのニュースを聞いた時に泣いた。)

It was literally nightmare when I found the cockroach in my room. (ゴキブリを私の部屋で見つけた時は本当に悪夢だった。)

Literally はreally やseriously とにていて「本当に」という意味でよく使われます。また、単語の“lit”はラテン語で「文字」を表していて、literally は「文字どおりに」と訳すこともできます。Literally 自体がなくても文としては通じることが多いですが、literally を使うことで、大げさではなくこの通りにこうだったというようなニュアンスの表現をすることができます。

Actually (実は、意外と、本当に、やっぱり)

Actually I have never been to Disneyland. (私実はディズニーランドに行ったことがないんだよね。)

A: I don't like Sam because he always looks angry.(サムっていつも怒ってるみたいだから苦手なのよね。)
    B: Actually, he is pretty nice. You should talk with him!(実は彼意外といい人だよ。話してみなよ!)

You are actually going to the haunted house?(本当にあの心霊屋敷に行くの?)

Actually, I don't want to hang out tonight. I have a headache. (やっぱり今夜は出かけたくない。頭痛がするの。)

Actuallyはとてもたくさんの用法があり、幅広い表現があります。よく知られている「実は」という実際のことを話す時に用いられるのはもちろん、それから派生して「実際には〇〇」という考えていることと実際のギャップを表すことから「意外と」という訳すこともできます。

また、「本当に」というニュアンスも持っていて、この場合はreallyと同じ働きをします。しかし、reallyは“really?”と聞き返す際などに単独で使えますが、actually はそのような使い方はできず、必ず文中で使われる単語であることを覚えておくことが大切です。そして最後に、actually は前はこうだったけど実際にこうしたいなどの考えが変わった際の「やっぱり」というニュアンスでも使われることがあります。

Seriously(本当に、マジで)

A: I broke up with my girl friend yesterday.(昨日彼女と別れたんだ。)
    B: Seriously? You guys were only together for one week! (マジで?1ヶ月しか付き合ってないじゃん。)

Don't say that never, seriously!(そのことについて二度と言わないで、わかった?)

Seriouslyはactually とは違い、「本当に?」と聞き返す際にreallyと同じように単独で使うことが可能です。多くの場合、何かに驚いてそれって本当なの?というような時に使われます。また一度話したことに念を押す時、seriously を文末において強調したりする時にも使われます。文中においても強調として使われることもあります。このように、seriously は驚きを表現する際、話を強調、念押しする際によく使われる副詞です。

Hopefully(願わくば)

Hopefully, it will not rain tomorrow.(明日雨が降らないといいなあ。)

A: Do you hear about the quiz of the history class tomorrow?(明日の歴史の授業の小テストの話聞いた?)
    B: Yeah, hopefully it will be just a rumor(ああ。願わくばただの噂であることを祈るよ。) 

Hopefully は文頭に置くことで後に続くことが起きて欲しいと願うというようなニュアンスを作ることができます。上の文は“We hope that it will not rain tomorrow.”と同じ意味であり、hopefully は口語的な表現であるのが特徴です。〇〇して欲しいと願う時に使うので、hopefully の後には未来形の文が続きます。

さっそく副詞を会話に取り入れよう!

英語の映画やテレビドラマを見ていると、今日が紹介したような副詞が会話にたくさん登場しているのがわかります。今回の記事でそれぞれの副詞のニュアンスを理解したら、映画やテレビで使い方のシチェーションなどを再度確認してみてください。インプットした知識を実際の会話の中で発見することは、「なるほど!」という理解が深まる瞬間でもあり、そのような過程を経て知識が定着していきます。

そして、理解したものを使ってみることもとても大切です。このインプット、理解、アウトプットの行程は英語上達にはなくてはならないものです。今回の記事をぜひみなさんのインプットの材料として使ってくださいね。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2
ライタープロフィール
5f5bcd5f c1ea 439e be9b 9e44ab16bea4
Nnatsumi_m
高校を卒業後、日本の大学には進学せずにアメリカの大学に直接入学し、Associate(2年制大学卒業資格)をアメリカで取得。現在はbachelor(四年制大学卒業資格)を取得中。留学の詳しい情報や日常会話のイディオム、大学での授業の受け方など、私の経験をみなさんにシェアしていきます。
このライターの記事
関連記事
Thumbnail 6ad0bbbb 6a14 49d8 804d fd4c3c050c41
「つまり」と英語で話をまとめるフレーズまとめ
Thumbnail bce3cf6b bfcc 463e 811e 5b9720e894cd
疑問詞・“How” を使った疑問文・感嘆文の作り方まとめ
Thumbnail dc0f8787 ce9c 4d89 8898 93bbe73ba90c
勘違いしてるかも?間違いやすい「mistake」の使い方
Thumbnail e27d4a7c 35cf 43b0 92da 9e7fd81eef5c
「リフォーム」では通じない?!「改装する」の正しい英語表現とその違い
カテゴリー一覧
Category list1 a7a92a643ecc69a8977b739e62bb5872a268e853219b20cced62b6a9caacd3fe
Category list2 6453c8c6172fa9e9b56d2a79b32116c4ea3a397868756239c08751aa3f2c2e99
Category list3 ce971a26aeb18d39708f95ec6b4ca47dae7713e6c066a3249796851a6f6a1432
Category list4 de42204c550605a65d23f9839625bf757ba57189be576b9b7399653cf4cc8c8e
Category list5 e620ae83fab4237d0816d43d2749fc5d9d65f2ea127a306053a237c160dccf37
Category list6 aa6a489feaa2e703c2cf7053127ffd7c6e45f4798c893c345f407d6db72b38af
Category list7 bf4bd0cb4a97eb76160f2e71e1a49c793944002040ae0f3294e28cda13c5a4af
Category list8 ea1641297821baccc75b2b3c6e3be3367156a151ddcaeb9de8014a9569aefd82
Category list9 5b2c1d925ed24a98eb03176b051bc1ca1839d4fc3b3b73ba28eaf6e6cf330cc9