英語で「うざい」とは?イライラを表す英会話表現10選

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

人にしつこく話しかけられたり、嫌な音がずっと聞こえていたりすると、誰でも「うざいなぁ」「うっとうしいなあ」と感じるものです。英語にも、さまざまなシチュエーションに合った「うざい」という表現が存在します。会話例とともにご紹介します。

「うざい」を表す英語フレーズ10

 

~ is irritating me (~にイライラする。)

A: Can you turn off the radio? The music is irritating me.(ラジオを切ってくれる?その音楽にイライラするんだ。)
B: Oh, I’m sorry.(あ、ごめんね。)

“Irritate”は「苛立たせる」という意味なので、例文のフレーズを直訳すると、「その音楽は、私を苛立たせている」となります。“She irritates me.(彼女は私を苛立たせる。)というように、現在形を使えば、その人にいつもイライラさせられていることを表現できます。

~ is getting on one's nerves(~にイライラする。)

 A: Stop humming. It’s getting on my nerves.(鼻歌歌うのやめてよ。イライラする。)
B: Why? Don’t you like this song?(どうして?この歌好きじゃないの?)

“~ is irritating me”と意味はほとんど変わりませんが、“nerves”が「神経」という意味なので、「神経にさわる」というニュアンスが強いフレーズです。怒りの度合いが強めのときに使うと良いでしょう。

Stop doing that!(それやめてよ!)

A: Stop doing that!(それやめてよ!)
B: What? I was just spinning my pencil.(何?鉛筆を回してただけだよ。)

うっとうしいことを誰かにされたら、直接「やめて」と伝えるのが一番早い解決策です。“That(それ)は、相手の行為を指しているので、直訳すると「それをするのをやめて」となります。しつこい人には、このフレーズでビシッと気持ちを伝えましょう。

Stop annoying me!(私を困らせないで!)

A: Stop annoying me! I have a test tomorrow!(私を困らせないで!明日テストがあるの!)
B: I’m bored!(退屈なんだよ!)

“Annoy”は、「苛立たせる、困らせる」などの意味があります。“Annoying”という形容詞は、まさに「うっとうしい」というニュアンスが込められた単語です。“He is so annoying(彼は本当にうっとうしい)という言い方でも使えるので、ぜひ覚えてみましょう。

Quit bugging me!(邪魔しないで!)

A: Get out of my room! Quit bugging me!(私の部屋から出て行ってよ!邪魔しないで!)
B: Come on! Play with me!(いいじゃん!遊んでよ!)

“Bug”は「虫」という名詞ですが、動詞として使うと「イライラさせる」という意味になります。虫がぶんぶん飛んでいるイメージを持つと、覚えやすいフレーズです。

What?(何?)

A:What? Why are you looking at me like that? (何?なんでそんな風に私のことを見るの?)
B:I just wanted to tell you that you have jam on your face. (君の顔にジャムが付いていることをただ伝えたかっただけだよ。) 

"What?"は、相手への苛立ちを最もシンプルに表現することができるフレーズです。注意しなければいけないのは、下げ調子で言うということです。上げ調子で言ってしまうと、「え?」という意味に変わってしまうので、気を付けましょう。

What do you want from me?(何か用?)

A:What do you want from me?(何か用?)
B:I just wanted to ask you if I could borrow a pencil.(鉛筆を貸してもらえるか聞きたかっただけだよ。)

このフレーズを直訳すると、「私から何が欲しいの?」となるので、それが転じて、「何か用?」という意味になります。例えば自分の周りを誰かにうろうろされたときに、「うっとうしいなあ!」ではなく、「何か用?」と聞くことで、イライラしていることを表現できます。このフレーズは、そんなときに便利です。

Stop being nosy!(首を突っ込まないで!)

A: What are you two talking about? Tell me!(二人で何の話をしてるの?教えて!)
B: Stop being nosy!(首を突っ込まないで!)

“Nosy”とは「知りたがり」や「詮索好きな」という意味の単語です。“Nose”が「鼻」という意味なので、それが形容詞となったと考えられています。日本語では、「首を突っ込む」と言いますが、英語では「鼻を突っ込む」というイメージを持っているのが、興味深い点です。

Go away! (あっちへ行って!)

A: Go away! I’m tired! (あっちへ行って!私は疲れてるの!)
B: Why are you so angry every day?(なんでそんなに毎日怒っているの?)

“Away”は「遠く」や「向こう」などの意味があるので、“Go away!”とは、自分がいる位置から離れるように命令しています。幼い弟妹にしつこくされたときなどに使えるフレーズです。

Leave me alone.(放っておいて。)

A: Why do you not want dinner? Are you okay?(どうして夕飯いらないの?大丈夫?)
B: I’m fine. Leave me alone.(大丈夫だよ。放っておいて。)

“Alone”が「一人」という意味なので、「一人にさせて」というニュアンスがこもっているフレーズです。一人になりたいときに誰かにしつこくされたら、このフレーズを使ってみましょう。

イライラする気持ちを英語でぶつけよう!

 

日常生活の中で、イライラすることは誰にでもあります。時には我慢も必要ですが、そんな気持ちをずっと溜め込むのは体に悪いので、「うっとうしいなぁ!」と言ってしまうことも大切です。今日覚えた英語フレーズで、イライラする気持ちを吐き出してしまいましょう!

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー