「結婚おめでとう」の英語はたくさんある!友人を祝うネイティブが使うフレーズ集

  • 英語表現

職場の同僚や仲のいい友達からの結婚報告があったとき、嬉しい気持ちを伝えたいのにとっさにフレーズが出てこないことありますよね。おめでとうだけでなく相手のことや結婚式の予定など聞いてみると会話も広がります。今回はそんなときにつかえるフレーズを紹介します。

結婚おめでとうの英語フレーズ


Congratulations!(おめでとう!)

結婚報告を聞いたときに一番使われているフレーズです。“Congrats”と略して使われることもありますが、すこし軽く言われているような気持になるので結婚するなどの大きい報告のときは略さず言う方がいいでしょう。

I'm so/very/extremely happy for you!(あなたが幸せでとても嬉しい!)

直訳すると“あなたのために私はとても嬉しい”と少し変な日本語になってしまいますが、英語ではよく使われる表現です。“happy”のところを“excited”にして“わくわくする”に変えても使えます。

You will be the prettiest bride ever!(あなたが一番きれいな花嫁になるわ!)

花嫁は“bride”なので女性が結婚報告してきたときに使えます。ちなみに花婿は“groom”なので“the coolest groom”などに変えれば男性にも使えます。

 Wishing you both an eternity of love and happiness together.(二人の永遠の愛と幸せを願ってます。)

友達にも使えますがフォーマルな場面でも使えます。“wishing~(~を願っています)”という言い方は誕生日や仕事が決まったとき、子供を授かったときに伝えるお祝いのメッセージにもよく使われます。

Best wishes! If you need anything, just let me know.(幸せを願っているわ!もし何か必要なら言ってね。)

“just let me know(私に知らせてください)”はお店に入ったときでも、友達や職場の人たちとの会話にもよく出てくるので覚えておくと便利な一言です。結婚が決まりいろいろな準備などで相手はナーバスになっているかもしれません。そんな時にこのフレーズをそえてあげれるといいですね。

Congratulations on finding each other!Your greatest adventure has just began!(お互いを見つけれておめでとう!最高の冒険が始まったばかりね!)

直接伝えるだけでなくカードにも書けるメッセージです。婚約した二人をどちらとも知っているときに伝えてあげてもいいですね。

I've really been looking forward to this day!(この日が来るのをずっと待っていたの!)

“really”はつけなくてもいいのですが、いれると後の“looking forward~”が強調されてずっと心待ちしてたんだよと伝えることができます。仲のいい友達が素敵な報告をしてくれた時に伝えてみましょう。

結婚する二人に対して質問する英語表現

How did you meet him/her?(どうやって知り合ったの?)

二人のなれそめを聞くときの定番の質問ですよね。恋人同士のなれそめを聞くときだけでなく友達同士が知り合ったきっかけなどを聞くときなどにも使えます。

How long have you been together?(付き合ってどれくらいなの?)

恋人同士には“been together(一緒になって)”を使いますが、友達の期間の長さを聞くときには“How long have you known her/him?(彼女/彼と知り合ってどれくらいなの?)”と聞くことができます。“known”だと知り合ってからの期間を聞くときに、“together”だと付き合ってからの期間を聞きたいときに使います。

What does he/she do?(なんの仕事をしている人なの?)

恋人のなれそめだけでなく、初めて会った人たちと会話するときにとてもよく出てくるフレーズなので覚えておくといろいろな場面で使えます。最後に“for living”をつけて“What does he/she do for living”と聞かれることもあります。少し丁寧な印象になりますが全く同じ意味です。

What is he/she like?(彼/彼女はどんな見た目なの?)

友達同士で恋人の話をするときによくされる質問だと思います。質問されたときは似ている芸能人をあげてみてもいいですし見た目の特徴などをつたえましょう。

When is your wedding/the big day?(結婚式はいつ?)

結婚式の日を聞くときはもちろん“wedding”と言うのですが、“big day”と聞いてもユーモアがあっていいですね。

おめでとうと伝えるだけでなく二人のことについて質問するとさらに嬉しさも伝わりますし、相手も興味持ってくれてるんだと嬉しくなりますよね。直接おめでとうと言えるときには色々質問してみましょう。

まずは覚えられるフレーズから使ってみよう