TOP > コラム > English Hackerを一緒に大きくしていくライター・編集者を大募集!

2015.02.25(Wed) コラム

English Hackerを一緒に大きくしていくライター・編集者を大募集!

このエントリーをはてなブックマークに追加

English Hackerでは英語学習のそれぞれの分野で記事を書きたい編集者・ライターさんを募集しています!

なぜ募集するのか?

English Hackerは編集長である佐々木が英語学習に挫折し、それを試行錯誤して乗り越えて英語バイリンガルにまでなった経験がきっかけで始めたwebメディアです。

英語学習に困っている人の悩みが、解決されるようなメディアを作りたい

この一念から始まりました。現在ではライター20名以上のライターが執筆するwebメディアに成長し、月間100万PV超えの日本最大のアクセスを誇る英語学習メディアとして英語学習者に広く認知されるようになってきました。そして今後よりサイトを大きくするための仲間を、募集しております。

英語学習に対して想いがある方、ご自身の経験を発信したい方、English Hakcerを通じて情報を発信してみませんか?特に、下記の分野でご経験をお持ちの方を歓迎しております!

こんな方を募集しています

下記いずれかの条件にあてはまれば参加OKです。職業・経験・実績問わず、熱意のある方をお待ちしています。

  • 急成長中の新メディアを大きくする経験をしたい方
  • 英語を学習中で、自分の体験を伝えたい方
  • 自分の英語学習のノウハウを世の人のために広めたい方
  • 英語学習サービスを運用していて、自社サービスの認知を高めたい方
  • ライターとしての実績がほしい方(ライターとしての経験は問いません)

※学生さんや英語学習サービス運用者の方もOKです

【ライター執筆テーマ例】

  • TOEIC
  • TOEFL
  • IELTS
  • 英検
  • オンライン英会話
  • 英会話
  • 早期英語教育
  • 留学
  • 海外就職
  • 言語教育・言語学

※上記テーマ以外でも募集しております

応募方法

下記の項目を記載の上、応募フォームより【English Hackerライター応募】とタイトルに記入して応募してください。

  • 氏名
  • PCメールアドレス
  • 件名(「ライター応募」とだけ記入してください)
  • 応募した理由(きっかけ・動機など簡単なものでかまいません)

【応募フォーム】

お名前

メールアドレス

題名

メッセージ本文

採用までの流れ

  1. 応募いただいてから2営業日以内に、編集部よりご返信させていただきます。
  2. トライアル記事を1本作成いただき、編集部にて審査させていただきます
  3. 合否の結果をお伝えし、採用となった方はスケジュール等の条件を相談させていただきます

 

ライターとしての実績よりも、英語学習への熱意ある方からのご連絡をお待ちしております。奮ってご応募ください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事
この記事のコメント(1コメント)
  • リーベル より:

    こんにちは。楽しく拝見させていただいてます。今、英検準一級取得のため日々?勉強に励んでいます。
    昨今はこちらのような学習支援のサイトがあって便利になりました。ありがとうございます。2級取得からもう10年!くらいたってしまったでしょうか。その後、比較的早く準一級を取得すべく、対策塾などにも行ってみたんですが。。当時は(教室なんで)「単語は自分で覚えてね!」って感じで、、文法解説も難しすぎて、生徒は少ないし、GW明けには、更に減ってるし。。めげました。若い高校生は「準1とると進路の幅広がるし」ってきらきらしてるし。なんか所在ありませんでした。
    とにかく英検にかかった費用は今まで数十万?通信教育から、教室まで、いろいろ。でも、今の「やる気」と自己学習と年齢へのあせり?が一番のモチベーションになっています。本当は「ライター募集」への応募にも興味がありますが、まずは好きに書いた方がリラックス出来るので。こちらに書かせていただきました。これからも学習者が楽しめるようなコンテンツを期待しています。

コメントはお気軽にどうぞ