TOP > 留学 > ワーキングホリデーで留学するのにおすすめの国ベスト3

2015.10.19(Mon) 留学

ワーキングホリデーで留学するのにおすすめの国ベスト3

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回ご紹介した、30歳以下限定で1年間それぞれの国に滞在が許されるワーキングホリデー。限られた1年という期間をどうやって過ごすかは自分次第。今回は、自分にぴったり合った国の選び方をご紹介します。ワーキングホリデーについて知りたい方は、過去記事を参照してください。

過去記事:30歳以下限定!ワーキングホリデーで働いて英語を学ぼう

ワーキングホリデーにおすすめの国ベスト3

  ワーキングホリデーで留学するのにおすすめの国ベスト3

英語の勉強にどっぷり浸かりたい・・・大自然も堪能できるカナダがおススメ

ワーキングホリデー_カナダ

カナダではワーキングホリデービザで6ヶ月の就学が認められています。そのため、英語を真剣に勉強したい人は、あえて娯楽の少ないカナダを選ぶ傾向にあるようです。最初の6ヶ月はしっかり語学学校に通い、残りの半年で旅行を楽しむというパターンが多いよう。アメリカにも気軽に行けるのぽポイント高し。カナダの大自然に囲まれてクラス1年は、その後の人生観も変えてくれそうです。

勉強もそこそこに、ワイワイ楽しみたい・・・海外初心者におススメなオーストラリア

ワーキングホリデー_オーストラリア

海外生活が全く初めて、という人にも垣根が低いオーストラリア。貯金があまりなくても、(仕事を)選ばなければすぐに働いて生活費を稼ぐことができるのも魅力。特にシドニーは語学学校激戦区でもあるため、かなり安い費用で学校に通うことも可能です。近年ではファームに行って滞在をもう1年延長できる「セカンドワーホリビザ」を取得する人が激増。居心地が良い分、ダラダラと無駄な時間を過ごしてしまいがちな点は要注意。

ちょっぴり難易度高め?海外生活経験者におススメなイギリス

ワーキングホリデー_イギリス

他の国と違って、イギリスでは2年間の滞在が可能です。近年ヨーロッパを襲う不景気のため、周辺諸国から職を求めてやって来る人が後を経たず、就職活動はなかなか厳しいとのこと。加えて物価も高く、ある程度まとまった資金を確保してから渡英するのが◎。それでもイギリスのポップカルチャー好きにはたまらない、オシャレな町であることは確か。ヨガやアロマセラピー、オーガニックフードなどに興味のある人にもおススメです。

以上、いかがだったでしょうか?それぞれの国の特徴をしっかり吟味して、悔いのない渡航先選びをして下さいね!

The following two tabs change content below.
Timmy

Timmy

日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Timmy
Timmy
日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ