TOP > アプリ > 英会話でも役立つ!イラストイメージで英単語を覚えられる3つのサービス

2015.01.19(Mon) アプリ

英会話でも役立つ!イラストイメージで英単語を覚えられる3つのサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

英単語を覚える時にただ日本語の意味を覚えるだけではなく、その単語が実際に使われるシーンがパッと頭に浮かぶようになるとリーディングはもちろん英会話でも役立つ知識になります。しかし、普通の単語帳を使っているだけだと中々難しいもの。そこで今回は、イメージ付きで分かりやすく英単語を覚えられるサービスを3つご紹介します。

 

1.脳に刻むTOEIC英単語(アプリ)

脳に刻むTOEIC英単語

無料
(2015.01.18時点)
posted with ポチレバ

全ての英単語にビジュアルイメージが付いているため、その英単語がどのような動作や物を意味するのかひと目で分かるところがとても便利です。例えば『hang』という英単語がありますが、これも色々な意味で使われることがあるため、言葉を聞いた時に具体的なイメージがわく人は意外と少ないんじゃないでしょうか。そんな時も、下の画像のようにビジュアルでの説明があるためどのような動作を意味するのか分かりやすく非常に覚えやすいです。

  1. それぞれの英単語に対応するビジュアルイメージを覚える
  2. ビジュアルイメージから対応する英単語を推測する
  3. 確認テストで知識を確かめて、合格すると次のステップへ

という3ステップで進めていきます。また、ただ覚えるだけではなくきちんと確認テストがあるのも嬉しいところ。ぜひお試しください。

過去記事:英会話にもTOEICにも役立つ!必須英単語をビジュアルイメージで覚えられるアプリ『脳に刻むTOEIC英単語』

TOEIC受験者にオススメ!重要単語をビジュアルイメージで覚えられる『脳に刻むTOEIC英単語』  TOEIC受験者にオススメ!重要単語をビジュアルイメージで覚えられる『脳に刻むTOEIC英単語』2

 

 

2.絵で見て覚える基礎英単語(アプリ)

絵で見て覚える基礎英単語

無料
(2015.01.18時点)
posted with ポチレバ

こちらのアプリにも全ての英単語にイラストが付いているので、イメージで意味を確認しつつ英単語を覚えられます。なんとなく無味乾燥に単語帳をめくっているだけでは頭に入ってこないことも、左右スワイプしながら実際に「あ、こんなシーンで使うんだな」というのが分かるだけで覚えやすさが格段に違ってくるでしょう。

このアプリに掲載されている単語のレベルは中学校で習う基礎英単語や自己紹介などの日常英会話、や旅行先で役立つフレーズがメインなので、初中級の方にピッタリです。例えば「What’s up?」ってネイティブはよく使うけど、どんなシーンなの?というのもこのアプリならイラストで確認することができるのが嬉しいところ。

過去記事:左右スワイプしながらイメージで英単語を覚えられる『絵で見て覚える基礎英単語』

絵で見て覚える基礎英単語3 絵で見て覚える基礎英単語1

 

 

3.英語イラスト広場

英語イラスト広場

こちらはwebサイトで、基礎的な英単語をイラスト付きで紹介してくれています。英単語だけでなくネイティブがよく使う英熟語も紹介されているのも嬉しいところ。ポップなかわいらしいイラストが非常に分かりやすく、英語初心者の方にとっても安心して使えるサイトです。基礎的な英単語がメインですが、意外とイメージできていなかった単語も多いんじゃないでしょうか。

英語イラスト広場1

英語イラスト広場2

 

 

 

以上、いかがだったでしょうか? イメージで英単語を覚えられるサービスはまだ数が限られており多くないのですが、今回紹介したものだけでもかなりネイティブのセンスに近い英単語の覚え方ができるようになると思います。ただのつまらない英単語暗記もイメージが湧くとずっと楽しくなってきますので、ぜひ試してみてください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ