TOP > リスニング > エンドレスに英語ニュースを垂れ流せる『Umano』は今年No.1のリスニング対策アプリ

2013.10.15(Tue) リスニング

エンドレスに英語ニュースを垂れ流せる『Umano』は今年No.1のリスニング対策アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語リスニングを勉強したいけど、良い教材がない。またはいちいちネットに接続しなければいけないなど、中々めんどくさいことが多いんじゃないでしょうか。そこで今回は、今年の中でダントツにおすすめな英語リスニング対策アプリ『Umano』を紹介します。世に英語リスニングの勉強ができるアプリは数あれど、現状このアプリほど使いやすく、かつ内容が面白いサービスはないでしょう。英語学習者であれば誰にでもオススメしたいアプリですのでぜひご覧ください。

◆エンドレスに英語ニュースを垂れ流しできる『Umano』

Umano

・Umanoとは

Umanoは海外の各種メディアを横断して記事を配信し、その文章をネイティブが読み上げてくれる時事ニュースのキュレーション(情報を収集して配信してくれるサービス)アプリです。ネイティブにとっては情報収集ツールですが、英語学習者にとっては英語をエンドレスに垂れ流しにすることができるので、英語リスニングの勉強をする時にとても便利でした。特徴をまとめると下記3点あって、

  1. 自分の興味・関心に合わせて20本ずつ記事を配信してくれる
  2. 全ての記事をネイティブのナレーターが読み上げてくれる(バックグラウンド再生も可能)
  3. 倍速再生や15秒巻き戻し、全文スクリプト参照など英語学習にうってつけ

他にも気に入ったりまた読みたい文章をLikeして保存することもできますし、しかもバックグラウンド再生ができるのでiPodの音楽を聴くような感覚でずっと英語ニュースを垂れ流しにすることができます。また、記事の参照元もニューヨークタイムズ、BBC、フォーブスからディスカバリーやテッククランチなど種類が豊富なので自分にとって面白いと思う記事だけを選んで英語リスニングの勉強ができるのが嬉しいところ。私は最近はほとんど毎日Umanoを使って英語リスニングの勉強をしているくらい、1回使ったら便利さとアプリの使いやすさから離れられなくなること間違いなしです。音声が途切れることも発音が悪いこともなく、非常に完成度が高いアプリと言えます。

・英語学習に便利なUmanoの使い方

1.英文を垂れ流しにして聞きまくる

1日に20記事を配信してくれるので、まずはいくつかを通して聞いてみましょう。全部でなくても配信された記事の中で自分にとって興味深かったり、また読みたい記事があれば『Like』ボタンを押しておけば後でゆっくりまた読みなおすこともできます。ネイティブがニュースで話すくらいのスピードなので早口すぎて付いていけない、という人も諦めずに何度も再生して聴きとってみてください。ナレーターの発音もかなりしっかりしていますし、何度も繰り返し聞いた分だけ実力になっていくと思います。

2.記事の全文を読む

記事中央にあるボタンから記事の全文があるサイトへのリンクが貼ってありますので、聴いてみて聞き取れなかった箇所をチェックしましょう。

Umano1    Umano2

3.倍速再生で本格リスニング

内容まで理解できたら、最後に2倍速で同じ記事を聴いてみましょう。記事再生時の画面右下にある『×2』ボタンを押すと、2倍速でニュースを読み上げてくれます。これで内容がしっかり聴き取れるようになるまでリピートして練習しましょう。このスピードに慣れることができたらTOEICのリスニング問題など全く問題なく聴き取れるようになるはずです。

 

以上、いかがだったでしょうか?今年使った中では間違いなくナンバーワンで英語リスニング勉強にピッタリなおすすめアプリなので、ぜひ使ってみてください。iPhone、Androidともに対応しています(UmanoのAndroid版はこちらから)

Umano : ニュース朗読

無料
(2013.10.17時点)
posted with ポチレバ
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ