TOP > スピーキング > 海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ総まとめ

2014.05.01(Thu) スピーキング

海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ総まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に行った時、とっさに英語が口から出てこなくて困ったことは誰でも一度はあるんじゃないでしょうか。世の中に旅行の時に使いたい英語表現のまとめはたくさんありますが、使う頻度がまちまちなことが多くまとめられていると個人的にずっと思っていました。そこで今回はよく使う、絶対におさえておきたい表現のみを厳選しました。海外に行く前と行っている最中にぜひチェックしておいてください。

 海外旅行で絶対に役立つ便利な英語表現フレーズ総まとめ

◆お金・両替

海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ総まとめ_お金

・How much is it?

いくらですか?
→値段を聞く最もポピュラーな表現。

・How much is the handling?

手数料はいくらですか?
→手数料(handling)という表現もおさえておきましょう。

・Where can I exchange money?

両替はどこでできますか?
→両替所を尋ねる時の表現です。

・I need one dollar bills

1ドル札に両替してもらいたいのですが
→one dollar billsの部分を10 dollar billsなどとすれば10ドル札に両替してもらえる便利な表現です。

・What is the exchange rate?

為替レートはどれくらいですか?
→換金する時に確認をするようにしましょう。換金所によってレートが変わっていることが多いです。

・Could you cash this traveler’s check?

このトラベラーズチェックを現金化してください
→トラベラーズチェックを現地で現金化する時の表現、トラベラーズチェック愛用者は要チェックです。

・Could you exchange this into dollars?

ドルに両替してくれませんか
→円などを両替する時の表現。もちろんdollarsだけではなくponds(ポンド)などの貨幣単位でもOKです。

・Can I have some small change?

小銭がほしいのですが
→公衆電話など使う際に小銭が必要であればお金をsmall(小銭)にしてもらいましょう。

 ◆空港

海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ総まとめ_空港

・For sightseeing.

(入国の目的は)観光です。
→入国審査で『What’s the purpose of your visit?』などと聞かれるので、for〜で目的を伝えましょう。visiting friendsなどとしてもOKです。

・Where is the baggage claim?

手荷物受取所はどこですか?
→空港で預けた荷物を受取る場所を聞く時の表現です。

・I have nothing to declare.

課税品は持っていません
→お酒やタバコなど課税対象のものを持ち込む際に使います。『Do you have anything to declare?』などと聞かれることが多いです。

◆飛行機

海外旅行で絶対に役立つ便利な英語表現フレーズ総まとめ

・May I have something to drink?

何か飲み物を頂けますか?
→drinkの部分をeatにすると『食べ物をください』という意味になります。something to ~の表現はぜひ覚えておきましょう。

・Excuse me. May I?

すみません/いいですか?
→トイレに行く時や狭い通路を通る時などに使いましょう。

・May I put my seat back?

席を後ろに倒してもいいですか?
→日本でもそうですが、国際線でも後ろの人に一言かけるとマナーが良いでしょう。

・I’m afraid you’re sitting my seat.

すいませんが、そこは私の座席です。
→自分の席に誰かが間違えて座っていた時に使いましょう。I’m afraid〜で柔らかな指摘の表現になります。

・Beef(chicken/fishなど食べ物の種類) please.

(機内食で)牛肉の機内食をお願いします。
→『Which would you like for dinner: beef, chicken or fish?』などと機内食で聞かれるので、◯◯ pleaseとサラリと言えたらスマートです。

◆移動

海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ_移動

・How can I get to this address?

この住所までどう行けばいいですか?
→道を尋ねるポピュラーな表現。

・Where is the bus stop?

バス停はどこですか?
→絶対おさえておきたい場所を尋ねる表現。

・Which bus will go to downtown?

都心に行くバスはどれですか?
→downtown=都心という単語をおさえておきましょう。

・How much is it to downtown?

都心までの料金はいくらですか?
→こちらは都心までの料金を尋ねる表現。

・To downtown

(タクシーなどで)都心まで行ってください
→タクシーで『Where to?』と聞かれるので、to〜で行きたい場所を伝えましょう。

 ・Keep the change.

お釣りはいりません。
→細かいお釣りをチップとして渡すことも多いので、おさえておきたい便利な表現です。

◆ホテル・滞在先

海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ総まとめ_ホテル

・I’d like to check in. My name is ◯◯.

◯◯ですが、チェックインをお願いします。
→ホテルの受付で頻繁に使う表現。

・Do you have a room available?

(予約はないのですが)空いている部屋はありますか?
→available(利用可能な)部屋はあるか?という質問です。

・Please keep my key, thanks.

部屋のキーを預かってください。
→外出する時に受付にキーを預かってもらう時の表現です。

・Can I have my key? My room number is ◯◯.

預けたキーをもらえますか?番号は◯◯です。
→預けたキーをもらう時の表現です。

・I’m locked out.

部屋から締め出されてしまいました
→自動ロックのドアでうっかり締め出されてしまった時に受付にこう言いましょう。意外とやりがいなので注意です。

◆食事

海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ総まとめ_食事

・Coffee(メニューの食べ物) please.

コーヒーをください。
→◯◯ please.で◯◯をください、という意味になるので色々と応用がきく便利な表現です。

・I’d like to make a reservation.

予約をお願いしたいのですが。
→make a reservationで予約を取る、という意味です。

・I’d like to order,please.

オーダーいいですか?
→ウェイターなどにサラッと使いましょう。

・May I see the menu again?

メニューをもう一度見せてもらえますか?
→may I 〜で丁寧な依頼になります。

・What do yo recommend?

おすすめの料理は何ですか?
→何をオーダーするか迷ったら使いましょう。

・My order hasn’t come yet.

注文した料理がまだ来ないのですが
→レストランでオーダーした内容が遅い時に使いましょう。

◆その他の表現

海外旅行で英会話をする時に知っておきたい便利な英語表現フレーズ総まとめ_その他

・Excuse me. Could you take a picture for us, please?

すいません、写真を撮ってもらえませんか?
→記念写真を撮ってもらいたい時に便利な表現です。

・Can I use bathroom?(restroom?)

お手洗いはどこですか?
→お手洗いを借りるからといってborrowを使わずuseで伝えるようにしましょう。また、bathroomは家にあるトイレ、restroomはレストランなど外にあるトイレを指しますので使い分けましょう。

以上、いかがだったでしょうか?教科書的な硬い表現ではなく、実際に使える簡潔だけど便利な表現だけをまとめたので、どれもネイティブっぽいフレーズばかりです。そのまま口から出るまで音読してみて、海外旅行に行った時にはスラっと口から出てくるようにしておいてください。

photo credit: Carollainy via photopin cc

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ