TOP > スピーキング > 格安で英会話!500円で参加できる『東京英会話クラブ』でスピーキングの練習をしよう

2015.08.13(Thu) スピーキング

格安で英会話!500円で参加できる『東京英会話クラブ』でスピーキングの練習をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語のスピーキング力を伸ばしたいけど、英語を話す機会がないとお悩みの方、多いのではないでしょうか?そこで、今回はその悩みを抱えた方におすすめの格安英会話サークル『東京英会話クラブ』をご紹介します!

東京英会話クラブの3つの特徴

東京英会話クラブは日本全国47都道府県で開催されている、英語を「話す」ことに力を入れた大規模な英会話サークルのことです。

格安で英会話!500円で参加できる『東京英会話クラブ』でスピーキングの練習をしよう

⑴2時間たった500円という安さ

なんと言っても1回の参加費が500円なので、毎週1回ずつ通っても月2000円です。英会話教室などに比べるとかなり安く続けやすいのが嬉しいところ。参加に必要なのは申込みだけで、当日ワンコインだけ持参すればOKというお手軽さが特徴です。

⑵開催場所は47都道府県全て

東京だけでなく北海道から九州まで日本各地で開催されているのでどこに住んでいても参加しやすいので仕事などで出張中やお盆での帰省中、さらには旅行中でも参加することができます。日本中に英会話仲間を作ることも可能なので、あえて遠方の地域で参加してみると楽しいかもしれません。

⑶初心者には個別対応してくれる

当日はテーブルごとに初級・中級・上級と分けられており自分と似たレベルの人と会話できるので、周りがペラペラ話しすぎて全然話せなかったという心配もありません。また、全くの初心者には日本人のスタッフが簡単な英会話を個別に教えてくれます。これだけサポートをしてくれると初心者の方でも安心して参加できるのが嬉しいですね。

 

当日の英会話をする流れ

⑴Break the Ice:アイスブレイク (10分)

まずはじめに2人組になり、英語を話すための口の準備体操をします。「外国人に原宿について説明してください」「雨の日のおすすめの過ごし方を説明してください」などのようなお題が出されます。そのお題について、1人で1分間話し続けるという過酷な訓練をします。この間、聞き手と会話は禁止です。知っている単語を駆使してひたすら1分間話し続ける訓練により、英語で話す力がつきます。

⑵Group Talk:グループトーク (60分)

レベル別(自己申告制)のテーブル3〜6人がそれぞれ自己紹介をしたあと、ひたすら60分会話を続けます。トピックの参考の紙があるので、会話につまったらそこから拾います。60分間会話が途切れないように、自分でトピックを探したり、他のひとの自己紹介の内容から話題を広げたりすることで、会話力がつきます。

⑶Group work:グループワーク(25分)

レベル別のテーブルのまま、与えられたテーマに対してディスカッションをします。例えば「やってみたい新スポーツ」「お花見に欠かせないもの」についてです。”お花見”という単語など、英語で言えそうで言えない単語を学べるので、英単語力がつきます。

⑷1 on 1 Talk:1対1の会話

レベル別テーブルは解散し、敢えてレベルが違う人と2人組を組みます。その後10分間フリートークをします。レベルの違う相手と話すことで、英語レベルが高い方はレベルの低い方に合わせて話さなければいけません。この訓練により、相手がわかりやすいように話す力がつきます。
ここまで魅力ばかりを話してきましたが、1つだけデメリットもあります。それは、日本人同士でしか英語を話せないこと。間違った英語を話していても指摘してくれる人はいないのでそこは注意が必要です。そんな時はオンライン英会話などを利用してレッスンを受けるのも良いでしょう。

以上、いかがだったでしょうか?ふだん英語に触れる機会がないので英語で話す機会を増やしたいという方にはかなりおすすめです。興味を持ったらぜひ参加してみてください!東京英会話クラブへの参加は公式サイトからできます。

 

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ