TOP > スピーキング > スマホで英会話の勉強をするなら絶対インストールしたい良質アプリ5選

2015.03.27(Fri) スピーキング

スマホで英会話の勉強をするなら絶対インストールしたい良質アプリ5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

英会話の勉強がいつでもどこでも出来るスマホアプリですが、最近はかなり数多くのアプリがあるのでどれが良いか分かりにくいものです。今回は、TOEIC900点を越えてる私がピックアップした良質アプリをまとめてご紹介します。

絶対インストールしたい英会話アプリ5選

1.発音の練習まで出来る『Real英会話』

Real英会話

400円
(2015.03.27時点)
posted with ポチレバ

App Storeランキングでもいつも上位にいるこのアプリ、とにかく掲載されている英文フレーズの量と質が高いです。既に掲載されているものだけでも約1900フレーズほどがあり、定期的に追加されていきます。

このアプリのすごい所は、iPhoneのSiriを使って発音の練習が出来るところです。英文フレーズを覚えてみたら実際に話して通じるかどうかチャレンジしてみてください。

real英会話1 real英会話2

 

2.シャドーイングで練習しながら学べる『7ミニッツイングリッシュ』

7ミニッツイングリッシュプレイヤー

こちらは英文フレーズの勉強ができるのはもちろん、シャドーイングの練習ができるアプリです。シャドーイングとは再生される音声に影のように続いて音読して練習することです。

リズミカルに再生される音声に合わせて3回ずつほど『deficit deficit deficit』と唱えてみましょう。英単語の意味が覚えやすくなるのと同時に、その単語の発音も耳から覚えられるのでオススメです。

7minuteEnglish1 7minuteEnglish3

 

3.ビジネス英語がバッチリ学べる『ビジネスフォレスト』

ビジネスフォレスト

無料
(2015.03.27時点)
posted with ポチレバ

有名な英語参考書の『フォレスト』『ネクステージ』などを出版している会社がリリースしているアプリで、主にビジネス英語をしっかり学べるアプリです。

  • シーン別ビジネス英会話(70場面)の音声再生
  • 話者の音声を消してスピーキングの練習ができる「なりきり機能」搭載
  • 発展編シーン別ビジネス英会話(70場面)の音声・リスニング問題を掲載

無料アプリながらかなり本格的にビジネス英語を学べるのでオススメです。

ビジネスフォレスト1  ビジネスフォレスト2

4.添削機能つきの『パターンで話せる英会話』

日常英会話の英文フレーズが多く掲載されているだけでなく、間違えたスペル、形態、文法、熟語、語順を直してくれる添削機能が付いているアプリです。 ユーザーが入力した答え(英文)を客観的な基準で採点し、A~Fのスコアを出してくれ、さらに詳細な解説と文法説明までありますので、独学でもかなりしっかりした添削が受けられるのがすごいところ。

パターンで話せる英会話1 パターンで話せる英会話2

 

5.日常会話でもう困らない『起きてから寝るまで英語表現』

こちらは有名な参考書がそのままアプリになったもので、1680円の本の内容がそのまま300円のアプリに詰まっています。「一人でもできる英会話」=「つぶやき練習法」というコンセプトで、つぶやくように英語を話し繰り返すことで独学でもしっかりネイティブに通じる英会話を身につけることができます。

イラスト付きで分かりやすく勉強できるので、参考書の良さそのままにアプリで勉強ができるのが嬉しいところ。音声データもしっかり付いているので、リスニングの練習も同時にできます。

起きてから寝るまで英語表現1 起きてから寝るまで英語表現2

 

以上、いかがだったでしょうか?英会話のアプリは山のようにありますが、今回紹介したものは間違いなくベスト中のベストです。しっかりやりこめば参考書いらずのクオリティのものばかりですので、ぜひお試しください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ