TOP > スピーキング > 発音 > 日本人がつまずく英語の無気音『s』を正しく発音できる3ステップ

2015.11.18(Wed) 発音

日本人がつまずく英語の無気音『s』を正しく発音できる3ステップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!Timmyです。前回は英語のリエゾンについてご紹介しました。今回は日本人が苦手な子音の一つである『s』の発音についてご説明したいと思います!

英語の音にならない発音『無気音』とは

女性の口元

まず大前提として、日本語は子音と母音がくっついて一つの音をつくるのに対し、英語では母音をともなわず子音のみで成り立つ音がいくつか存在します。いわゆる『無気音(むきおん)』といわれるものです。逆に、ハッキリ音にして発音するものを『有気音(ゆうきおん)』と言います。

無気音:[p][t][k]のような破裂音が気息を伴わないで発せられる音

コトバンクより

これらを区別するのに、口の前にティッシュを持ってきて発音をした時に、ティッシュが息でゆれたら有気音、ゆれなければ無気音、というやり方があります。有気音は息が出て、無気音は出ない。その違いが、英語の発音では大事になってくるんですね。

この無気音の代表格とも言われるsの発音ですが、とりわけsが単語の頭に来た時の発音を苦手とする日本人が実はとても多いのです。例えば、

  • start
  • student
  • study

などもそうですね。日本語と同じく「スタート」などと発音してしまいがちですが、正しくはこのsは無気音なのでハッキリとしたさ行の音にはならないのです!この感覚は、日本語を話す私たちには少し難しいものです。

無気音『s』を正しく発音できる3ステップ

S_発音

たとえば、外国人の名前であるStuart(スチュアート)を正しく発音してみましょう。日本語での発音と英語での発音には大きな違いがありますので、要チェックです。

ステップ1:ふつうにさ行で発音してみる

まずは英語の音を意識せず、普通にさ行で発音してみましょう。「スチュアート」と普通でOKです。

ステップ2:「ス」だけを無気音で発音してみる

次は、最初の「ス」だけを無気音で発音してみましょう!

まず日本語での発音はSUとなり、すぅーーーと後ろに母音の「う」が残ります。しかし、英語の発音ではSは 完全にSのみで成り立ち、後ろに SUと母音の「う」の音はつきません。音にならないことが、実は正しい発音なのです。

正しい英語でのsの発音はスーと息が前歯の間からもれるような音、ただの空気が通る音にしかすぎません!ですので、stuartの最初のsの音も、すぅではなくスーっと歯の隙間から息がもれる音(無気音)になります。

ステップ3:無気音を使って「スチュアート」を発音する練習をして完璧!

最後は、できるだけ無気音のsになるように意識して、「スチュアート」と全体を3回ほど発音してみましょう。無気音『s』の音は息が前歯の隙間から「スーッと」抜けるような音になることがポイントです。

いまいちピンと来ない人は、sが正しくはどんな音なのか、こちらの動画を参考にすると分かりやすいでしょう。2分ほどの短い動画で、sの音が分かるようになります。

sから始まる英単語はたくさんあります。stop, speed, startなど、Sが単語の頭に来る場合は、意識して正しい英語のSの発音を心がけましょう。

子音を単独で発音するという意識をもって英語を話すようにこころがけていくと、いわゆる「日本人なまりの英語」からの脱却にも大いに役立ちます。Sのほかにも P,K,Tなどの無気音がありますが、基本の原理はSと一緒です。

これについては次回詳しくご説明しますね。ではまた!

The following two tabs change content below.
Timmy

Timmy

日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Timmy
Timmy
日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ