TOP > スピーキング > オンライン英会話 > レアジョブ学習者交流会(#レア会)で英語学習のモチベーションについてプレゼンしてきました

2012.08.06(Mon) オンライン英会話

レアジョブ学習者交流会(#レア会)で英語学習のモチベーションについてプレゼンしてきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/31にレアジョブ初心者向け「#レアジョブ学習法」交流会で、英語学習者としてプレゼンさせて頂きました!(togetterはこちら)レアジョブ学習法の共有を行い英語学習の悩みを解決するという趣旨のこのイベント。実に70名ほどの方が平日の夜にも関わらず集まり、レアジョブを使った学習法についてかなり活発な情報交換がされててとても刺激をもらいました。今回は3人の英語学習者代表のうちの1人として“英語学習のモチベーション”について多くの英語学習者が見落としがちな点にフォーカスしてプレゼンしてきました。今回はその内容を記事でまとめたので、ぜひ参考にしてください!

◆英語学習で最も大事なのは”目標設定”すること

英語を勉強したいという人からよく質問されるのが「英語教えてください!」という質問なんですが、これけっこう返答に困る質問です(笑) なぜかと言うと、英語って一言で言っても

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

の4つ分けられますし、どのスキルをどれくらいの期間でどれくらいレベルアップさせたいのかが明確でない人がほとんどだと思います。別に何となく勉強するのも全然ありなのですが(佐々木も何となく英語を始めたクチでした)、これだとよほどのことがない限り途中で辛くなって挫折してしまいます。

何となく漠然と英語学習をしているとモチベーションってどんどん失われていくものです。例えば英語力が伸び悩んだ時に「そもそもなぜ英語を勉強してるんだっけ?」と自問自答して答えられなければ、多くの場合はそこでイヤになってしまうものです。英語って何となくやっていると果てしなくやることがあるように見えますからね…人間は漠然とした目標に向かって走り出せるような生き物ではないと思うんです。だからこそ大事なのは目標設定だと思います。

◆短期・中期・長期に分けて目標設定する

そしてただ目標設定をすると言っても、多くの人はせいぜい「直近のTOEICで700点を取る」「単語帳を1冊やりきる!」など、中期的なスパンで目標設定しがちです。これでももちろんOKなのですが、もっと具体的に、そしてもっと高い視点から目標設定するのがオススメです。

・短期目標

→数日〜数週間単位で達成できることを目標にする

例:今日は単語10語覚える!
今週はこの英語学習アプリを終わらせる!

・中期目標

→数ヶ月単位で達成できることを目標にする

例:次のTOEICで700点を越える!
今月までに2冊の単語帳を終わらせる!

お気に入りの洋画を英語字幕で10回観る!

・長期目標

→数年、数十年単位で達成できることを目標にする

例:外国人の恋人を作る!
仕事で英語を使ってバリバリ働く
老後を海外で暮らす!

この3段階の目標設定が出来ている人は、今自分にとってどんな英語力が不足していて、それを補うためにはどうすればいいのかが明確になっています。そうすれば、「英語を教えてください」ではなく「英語のリーディングで洋書を普通に読めるようになるためのアドバイスをください」などと質問もより具体的になってきます。具体的な質問が出来ない人は、具体的な目標がない人であることがほとんどです。英語学習の成功のコツは間違いなく継続することなので、モチベーションを保つためにもしっかり目標設定はしておきましょう。

◆自分にとっての”英語ができる状態”を自分で決める

よく人から「どうやったら英語が出来るようになりますか?」と言われて、正直困ることがあります。なぜなら、私は自分を”英語が出来る人”だとは思ってないからです。これは嫌味でも何でもなく、今私はまだ自分が設定した”英語が出来る状態”まで達していないからです。

私の今の目標は

  1. TOEICで満点を取ること
  2. 発音をもっとネイティブ・アメリカンに近付けること

であり、この2つはまだ達成できていません。相対的に見たら”英語が出来るほうの人”と言えるかもしれませんが、私はまだまだ英語が出来ないと思っていますし、これからも勉強し続けようと思っています。

ここで考えてほしいのは、あなたにとって英語が出来る状態って何ですか?ということです。この状態は、自分で決めるしかありません。人によって目指すものが違うので、当然違ってきますよね。例えばTOEICで900点を超えたら英語が出来るのか、英会話が問題なく出来ればいいのか、あなたにとって必要な英語力をしっかり認識してみましょう。

最終的にどれくらい英語が出来るようになれば英語が出来ると言えるのかは、自分で決めるしかありません。しっかり目標を見極めて設定し、それにむかって努力すればもっと楽しく成果を出せるようになると思います。英語学習は目標を具体的に、ステップ・バイ・ステップで頑張っていきましょう!

◆終わりに

英語の勉強ってほとんどの人が1回は挫折したことがあると言えるんじゃないでしょうか?私も例外なくその1人ですし、1回挫折したらもう再挑戦しようという気が起きないこともあると思います。プレゼンをした後に、涙をうかべながら私の所に話しかけてくれた人がいました。その人はTOEICが800点台になった所から伸び悩んでいる方だったのですが、「プレゼンを聞いて考えが変わった。これからは目標設定をしっかりしなおして頑張りたい」と言ってくれた方がいました。

それ以外にもプレゼン後しばらくは多くの質問を頂き、少しでもみなさんの英語学習のお役に立てたのであればこれ以上のことはありません。Ustはアーカイブで保存されているので、英語学習について悩みをお持ちの方はぜひ私含め3人のプレゼンを観てみてください。それぞれ個性のある英語学習の方から新しい気付きがあるかもしれません。

◆Ustアーカイブ


Streaming live video by Ustream

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ