TOP > スピーキング > 英語表現 > 英語ネイティブがよく使う前向きになれるポジティブな5つの言葉

2015.06.29(Mon) 英語表現

英語ネイティブがよく使う前向きになれるポジティブな5つの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は今とってもポジティブな人間で、日本人には驚かれるレベルです。それはアメリカに住んで変わったことのひとつですね。でも多くの方が「でも恥ずかしいし」や「やったことないし」という理由で新しいことをやれてないことはありませんか?

渡米当初、悪い日本人らしさで、小さいことでもじもじしたり、くよくよししていて、アメリカ人の友達にかけてもらって元気になったフレーズを紹介します。私の経験ではダンスを教えたり、競技大会に出るのをためらっているとき、仕事でとまどってるときに言われました。きっと元気になれますよ☆

The following two tabs change content below.
Haruka

Haruka

日本生まれの生粋の日本人。大学でなんとなく英語を専攻するも、特に英語はうまくなかった。卒業後、アメリカのシアトルに移住。渡米当初はうまく英語でのコミュニケーションが取れず孤独を感じる。移住後は一切勉強はせず、ダンスを通して友人を作り英語を習得。現地の有名企業に勤務できるほど、英語が得意になった。主にアメリカ英語のニュアンスや日本との文化の違いについてのコラムを執筆中。

英語ネイティブがよく使う前向きになれるポジティブな言葉

英語ネイティブがよく使う前向きになれるポジティブな言葉

1.Where there is a will, there is a way.
「意思あるところに道は拓ける」

アメリカのリンカーン第16代大統領の言葉で、有名なので知っている人も多いと思います。自分の意思を持って行動すれば何でも叶えられるというメッセージがこもっているわけですね。大変な状況になっても、意思を持って取り組むことで道が見えてくることもきっとあります!

2.Everybody has to start somewhere.
「誰でも最初は素人」

「やったことないし」や「下手だし」という理由を言うとよく言われました。「(誰にだって下手な時期はあるんだから)とにかくどのレベルでもスタートしなきゃ」ということですね。実はこのフレーズは村上春樹さんの著書に出てくるそうです。村上春樹さんはアメリカでもかなり人気で、だいたい日本で新作が出たら、1年後に英語版が発売されています。

3.No Pain, No Gain.
「痛みなくして成長なし」

挫けそうになってると言われる一言。今苦しくて大変かもしれない、もしかしたら報われないかもしれないけど、成功したいならやるしかない!と思わされます。特に筋肉痛とpainをかけて、トレーニングのときによく使われます。

4.You will lose nothing. So what? Just do it!
「だから何?失うものなんてないじゃん。いいからやんなよ!」

そうなんですよね。たいてい「恥ずかしい」と「やったことない」だけでためらってることなんて、失敗したからって失うものはなさそうです。

5.It’s OK. No one is going to die.
「大丈夫、誰かが死ぬわけじゃないから」

失敗したときによく言われました。仕事などで「失敗した!最悪!どうしよう!」と思ってあたふたしていたら「まぁいいじゃないの。誰か死ぬわけじゃないんだからさ」といった感じで励ましてもらったのもいい思い出です。心配性で神経質な私の抱える不安は、ほぼこの言葉で解消します!

 

この5つは、何回も色々な人に言われたので、今は「やったことない」、「恥ずかしい」、「下手だし」で何かを諦めることはまずありません。そんなの言い訳にならないってわかったからです。みなさんにも当てはまる経験、ありませんか?誰かがネガティブになっていたら、ぜひ一言かけてあげてください!

スクリーンショット 2015-05-29 12.45.31

The following two tabs change content below.
Haruka

Haruka

日本生まれの生粋の日本人。大学でなんとなく英語を専攻するも、特に英語はうまくなかった。卒業後、アメリカのシアトルに移住。渡米当初はうまく英語でのコミュニケーションが取れず孤独を感じる。移住後は一切勉強はせず、ダンスを通して友人を作り英語を習得。現地の有名企業に勤務できるほど、英語が得意になった。主にアメリカ英語のニュアンスや日本との文化の違いについてのコラムを執筆中。
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Haruka
Haruka
日本生まれの生粋の日本人。大学でなんとなく英語を専攻するも、特に英語はうまくなかった。卒業後、アメリカのシアトルに移住。渡米当初はうまく英語でのコミュニケーションが取れず孤独を感じる。移住後は一切勉強はせず、ダンスを通して友人を作り英語を習得。現地の有名企業に勤務できるほど、英語が得意になった。主にアメリカ英語のニュアンスや日本との文化の違いについてのコラムを執筆中。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ