TOP > スピーキング > オンライン英会話 > 【オンライン英会話】6年連続で満足度No1の『e英会話』

2015.11.30(Mon) オンライン英会話

【オンライン英会話】6年連続で満足度No1の『e英会話』

このエントリーをはてなブックマークに追加

e英会話TOP

【おすすめポイント】

  1. 質の高い講師陣
  2. 専任の日本人カウンセラーによる手厚いサポート

e英会話は、セブ島において自身が体験した楽しい学習を日本でも実現するため、三木雅史氏が開講したオンライン英会話です。講師は全部で64名と少なめですが、小規模な英会話ならではの丁寧で行き届いたサービスを武器にしています。

まず特徴として、厳しい審査を通過したレベルの高い講師が挙げられます。採用プロセスには数回の面接が含まれ、また応募条件として教員免許を持っていることが求められています。選考後には徹底した研修が行われ、最終確認で合格しなければ講師になることを認められません。厳しい選考や研修によってハイレベルな教育を実現・維持しています。

また、受講者には1人1人、日本人のカウンセラーが専任でサポートを行っています。英会話をする上で必要な情報の提供から、それぞれに合った教科書の提案や先生の紹介、学習計画の作成など、様々な場面で受講者を支援してくれます。

e英会話の無料体験レッスンを受ける

 

e英会話のサービス詳細

 

値段

(レッスンは1回につき30分間)

  • 月4回プラン 4800円
  • 月8回プラン 6800円
  • 月15回プラン 9800円
  • 月30回プラン 15800円
  • 昼間話し放題プラン 16800円
  • 話し放題プラン月額19800円

【入会費】

通常10000円→現在半額の5000円

※全て税込価格

開講時間

6時~25時10分
(昼間話し放題プランは9時30分~18時45分)

講師の国籍

64名 (主な国籍:フィリピン)

教材

オンラインで配信されている無料のオリジナルテキスト、市販の教材30種など

  • イギリス発速習メソッドコース
  • 新・日常英会話コース
  • 日常英会話コース
  • こども英会話コース
  • かんたん英会話コース
  • ビジネス英会話コース
  • ディスカッションコース
  • TOEIC特訓コース
  • TOEFL特訓コース
  • トラベル英会話コース
  • 発音矯正コース
  • 英文添削コース
  • 英文法特訓コース
  • 単語力強化コース
  • 続単語力強化コース

備考

  • 4倍速く英会話がマスター出来るカランメソッドの導入
  • 専任の日本人カウンセラーによる個別サポート
  • 独自開発のeroomを使用したバーチャル教室(skypeを使う必要無し)
  • 携帯電話から予約や変更が自由に行える。
  • 2015年10月中であれば500円で10日間の体験が可能。

 

e英会話の無料体験レッスンを受ける

 

e英会話はこう使え!おすすめ活用法

1.豊富なカリキュラムを質の高い講師から学ぼう

e英会話の特徴として、講座の種類の多さがあります。英会話教室にしては珍しく、エッセイの添削や文法のカリキュラムも積極的に行っています。またこちらの1番人気のコースに4倍英会話をマスターできるイギリス発練習メソッドもあります。まずは講師の方と相談しながら、どのカリキュラムを勉強するのか決めましょう。自分に合ったクラスが見つかるはずです。

2.日本人のカウンセラーをフルに活用しよう

専任の日本人がカウンセラーとして受講者の個別サポートを行っています。オンライン英会話に日本人のスタッフがいることは珍しくないですが、彼らが授業提案や学習計画までしてくれる教室は、他にはあまりありません。慣れない英語ばかり使っていてモチベーションが下がってしまった、なんて時にはカウンセラーに相談!英語学習を続けていく助けになってくれるでしょう。

e英会話の無料体験レッスンを受ける

 

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ