TOP > スピーキング > 英語表現 > オリンピックでスポーツ観戦するなら必ず知っておきたい英語表現まとめ

2014.02.17(Mon) 英語表現

オリンピックでスポーツ観戦するなら必ず知っておきたい英語表現まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピックが日本でも盛り上がっていますが、どうせならオリンピックなどでスポーツ観戦をする時によく使われる英語表現を学べるよう、ネイティブがよく使う表現をまとめてみました。興味関心が高いものの方が記憶にも残りやすいですし、この機会にぜひおさえておきましょう。

オリンピック観戦するなら知っておきたい、ネイティブがよく使う英語のスポーツ表現まとめ

◆オリンピックに関する基本表現10選

オリンピックでよく聞くあの言葉をまとめてみました。意外と知らないものも多いと思いますので、1つ1つ見ていってください。

  1. 表彰台:winner’s podium
  2. 聖火:Olympic torch
  3. 聖火ランナー:torch runner / torchbearer
  4. オリンピック選手団 ⇒ Olympic squad
  5. 選手村:athlete’s village / Olympic Village
  6. 開会式:opening ceremony
  7. 閉会式:closing ceremony
  8. 決勝:final match
  9. 準決勝:semifinal match
  10. 予選 :elimination (races / round) / preliminary (round)

◆シーン別英語表現

1.メダルを取る

・Hanyu won the gold medal.(彼は金メダルを獲得した)

win a gold medal』で「金メダルを勝ち取る」という意味です。win the game(試合に勝つ)という形が最もポピュラーですね。winの後ろに勝ち取った賞をくっつけることで『勝ち取った』というニュアンスを伝えることができます。

・He almost got a gold medal!(彼はもう少しで金メダルを取れたのに!)

almostで『もう少しで〜した』という、寸前のところでダメだった時によく使います。また、目的地に到着しそうな時に『Almost there(もうすぐそこだ)』などとも使われます。

2.新記録を出す

・He set a new world record! He scored a 101.45.(彼は101.45点で世界新記録を出したよ!)

“set a new world record”で『世界新記録を出す』と、海外メディアでもとてもよく使われる表現ですので、このまま覚えてしまいましょう。

・He breaks his own highest-score record(彼は自分のベスト記録を塗り替えたんだ)

“break record”で『記録を破る』、という意味です。

3.応援

・Let’s go Japan!(さあ、頑張ろう日本!)

これは非常にベタな表現、最も無難によく使われます。

・Go for the Gold Japan!(金を目指せ日本!)

『Go for〜』で『〜を求めて頑張る』という意味があります。スポーツでよく使われる表現ですね。

・Hang in there!ふんばれ

『hang in〜』で『〜にふみとどまる』という意味です。スポーツだと、苦しい状況だけど諦めずに頑張れ、というニュアンスで使われることが多いです。 

・Show them what you got(実力を見せてやれ)

これもネイティブがよく使う表現。『show 人 〜』で『人に〜を披露する』という意味です。”show me what you got”で「かかってこい」などと挑発でも使われることがあります。

・Get your head in the game(ゲームに集中しろ)

自分の頭をゲームに持っていく⇛集中する、という意味の言い回しです。

4.勝負に勝つ/負ける

・Japan is strong at figure skating.(日本はフィギュアスケートの競技が強い)

『good at〜』で『〜が得意な』という意味です。日本で言えばフィギュアスケート、新体操などになりますね。

・Japan beat the USA 2 to 1.(日本がアメリカに2対1で勝ちました)

『beat〜』は『〜を負かす』という意味です。

・Nice try(残念だったね)

惜しい結果に終わった時によく使われる表現です。

・Keep your head up.(頑張れ)

『(落ち込んでる選手に)頭をあげ続けろ⇛ 頑張れ』という意味の表現です。ネイティブっぽい表現なのであまり学ぶ機会が多くないかもしれませんが、ぜひおさえておきましょう。

5.その他便利な表現

・He is one of the gold medal hopefuls for ski jumping(彼はスキージャンプの金メダル候補の1人です)

『hopeful for〜』で『〜に有望な』という意味です。

・I am a big fan of Hanyu.(羽生選手の大ファンです)

fanはそのままファンという意味ですが、直前に”big”や”huge”をつけることで『大ファン』という意味にすることができます。人だけではなく、お気に入りのチームなどでも使えます。

・Tokyo will host the Olympics in 2020.(2020年のオリンピックは東京で開催されます)

『host the Oympic』で『オリンピックの開催地になる』、という意味です。

 

以上、いかがだったでしょうか?オリンピックもまさに今盛り上がってきていますが、せっかくなので英語学習にも役立ててしまいましょう!学んだ表現は外国人の方との会話で実際に使ってみて、オリンピック談義に花を咲かせてください。

 

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ