TOP > アプリ > 1日1000語を暗記!? 英単語アプリ『mikan』でスピーディに英単語を覚える方法

2014.10.31(Fri) アプリ

1日1000語を暗記!? 英単語アプリ『mikan』でスピーディに英単語を覚える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日リリースされた、1日で1000語を覚えられると話題になっている英単語アプリ『mikan』を使ってみたのですが、シンプルに素早く覚えることのみに特化した機能が英単語を覚えるのに便利で、スマートフォンアプリだからこそできる学びがあるなと思いました。サクサクと英単語を覚えていける快感がやみつきになりそうなアプリです。

◆スマホでの学びに特化した英単語アプリ『mikan』

・mikanの特徴

1.必要な操作は左右のスワイプのみ

まずアプリをインストールすると、TOEICなどの資格試験、受験勉強など目的によって覚えたい英単語の種類を選んで学習スタートです。操作はとてもシンプル、表示された10個の英単語を『知っている』または『知らない』に振り分けるだけです。そして全て覚えるまでは次に進むことができず、とにかく何度も繰り返し覚えるまで繰り返すのがこのアプリの特徴です。そして動作がかなりサクサクしているので、飽きる間もなくどんどん進められるのが嬉しいところ。

mikan1

2.覚えた英単語をテストで確認

10個の英単語を覚えたら、すぐに確認テストでしっかり覚えているかチェックします。このテスト、回答時間がかなり短いので少しでも悩んでいるとあっという間に時間切れになってしまうシビアな設定になっています。もうこの英単語を見たらパッと意味が頭に浮かぶくらいまで覚えられている必要があるのでしっかりと覚えなくてはいけませんが、逆に学習効果は高くなるでしょう。個人的にみかんの絵のキャラクターがゆるーくて和みます(笑)

mikan3 mikan4

 

◆英単語を覚えるコツは『何度も繰り返すこと』

このアプリの良いところは、左右のスワイプ動作だけで単語の暗記がどんどん先に進むことです。英単語を覚える時に最も有効ななおは、一度学んだことを短期間に何度も繰り返すことです。過去にも紹介したことがありますが、『エビングハウスの忘却曲線』という有名な研究結果を表したグラフがあります。これは簡単に言えば、人がいかに物事をすぐに忘れるかということを示しています。

 

エビングハウスの忘却曲線

 

  • 20分後には58%を覚えていて、
  • 1時間後には、44%
  • 1日後には、26%
  • 1週間後に、23%
  • 1ヶ月後には、21%しか覚えていない

というものです。つまり、人は何かを覚えても20分後には半分以上を忘れてしまうということです。言い換えれば、これを防ぎ学習効果を最大化するためには、いかに反復学習が効果的かということを示しています。mikanは他の英単語アプリと比較したらシンプルな作りになっていますが、スマートフォンアプリだからこそ出来る左右に素早くスワイプするだけでサクサク英単語を覚えられ、何度も復習できるようになっています。これがこのアプリの最も良い所であり、1日1000語と言われるほど学習効果が高くなるポイントだと思います。

辞書機能や関連語の検索など、リッチコンテンツな英単語アプリと比べると出来ることは少ないかもしれませんが、シンプルに英単語を覚える!というプロセスに特化しているからこその作りなのでしょう。現在はレベル別などで英単語を選べないところが個人的には物足りないですが、今後のアップデートにぜひ期待したいところです。

 

 

以上、いかがだったでしょうか?色々な英単語アプリがある中で、シンプルに素早く繰り返すことに特化している点がとても良いと感じました。とにかく英語の上達には英単語の暗記は欠かせませんし、効果的な暗記のためには繰り返し学習がベストです。mikanは無料アプリですので、今までの暗記のやり方でお悩みの方はぜひ試してみてください!

 

mikan

無料
(2014.10.31時点)
posted with ポチレバ
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ