TOP > スピーキング > 英語表現 > 新年から英語学習を習慣化して継続するために知っておきたい4つのポイント

2014.01.03(Fri) 英語表現

新年から英語学習を習慣化して継続するために知っておきたい4つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年になり、ブログをお読みの方の中にも「今年こそ英語をしっかり勉強したい!」などと思っている人も多いんじゃないでしょうか。英語学習の成功を左右するのはやはり、継続して学習し続けられることです。そこで今回は、英語学習を習慣化するために抑えておきたい3つのポイントをご紹介します。

♦新年から英語学習を習慣化する5つのポイント

 1.まずは目標を決める

やはり学習には目標がなければモチベーションは上がってきません。できるだけ具体的で、かつ頑張れば達成できる目標を作成して毎日目につくところに置いておきましょう。手帳に書いておくのでも良いですし、壁にポストイットで貼っておくのも良いでしょう。目標の例としては、

  • TOEICで700点を超える
  • 英検1級に合格する
  • オンライン英会話でレッスンを月10回以上受ける

などなど、学習する動機によって目標も様々だと思いますが、具体的な数字目標に落としこんでしまうことがコツです。あいまいにしてしまうと、ついつい日々の生活の中で忘れてしまうものですので、いつ・どれくらいの勉強をするのかまでしっかり決めておきましょう。また、高すぎる目標は長い目で見ると全く意味のないものになってしまうので、地に足の着いた目標を設定してくださいね。

2.英語を勉強する時間をあらかじめ確保しておく

英語を勉強すると意気込んでいても、いざ取り組むとなるとあっという間に一週間なんて経ってしまうものですよね。仕事や学校、プライベートでの交友などもやっぱり捨てがたいものでしょう。そんな時は、予め英語を勉強する時間を決めてしまいましょう。オススメなのは、Googleカレンダーや手帳など普段予定を管理しているものに『英語を勉強する』と予定に組み込んでしまいましょう。

例えば、毎週水曜日と日曜日の夜は

  • 海外メディア記事を10本読む
  • 20ページずつ洋書を読む
  • オンライン英会話英会話のレッスンを受ける

などなど、やる内容と一緒にカレンダーに書き込みましょう。こういった時間をあらかじめ組み込んでおくことで、他の予定が入ったから英語学習ができなかった…ということを割けることができます。つい甘い誘惑に乗ってしまいそうな時も、スケジュール帳を見て『今日やらなかったらやる時間ない!』と思い出すことが大事です。

3.すきま時間を有効に使う

電車の移動時間、待ち合わせで相手が遅れた時の空き時間など、数分〜数十分 の空き時間にすることを予め決めておきましょう。例えば、

  • 5分空き時間が出来たから単語帳を見直す
  • 10分空き時間が出来たから洋書を読み始める
  • 20分空き時間が出来たからTEDでリスニングをする

といった具合です。予め空き時間にすることを決めてしまえば、突然待たされることになっても有効に空き時間を使うことができます。人によって使っている教材は違うと思いますが、すきま時間をコツコツ活用することで大きな成果につながりやすくなることは間違いありません。

4.一緒に頑張る仲間を見つける

人間の意思なんてそもそも弱いものです。誘惑に負けてしまったり、違うことをやりたくなってしまうものです。なので、『そもそも人間なんてそんなものだ』と開き直って、意思の弱い人間でも英語学習が継続できるような環境を作るようにしましょう。例えば、

  • 英語を勉強する友だちを見つける
  • オンライン英会話で仲良しの先生をつくる
  • 会社や学校で英語学習の目標を宣言してプレッシャーをかける

などと言った具合です。英語学習を継続するということはそれだけでとてもエネルギーを必要とすることですので、怠けそうになった時の予防線を張っておく方がよほど現実的でベターだと思います。無理しすぎず、しかし程良い緊張感を持っていることが継続する上で1番大事なことなんじゃないでしょうか。

◆今年こそ英語を身につけましょう!

新年というのは心機一転、新しいことにチャレンジしてみたくなるものですよね。これまでに英語を勉強してきた方もやってこなかった方も2014年から英語学習を始めてみる or 再開してみるのはいかがでしょうか?日々高まる英語の必要性もあり、今後英語ができることは必ず+になる時代になってくるでしょう。本ブログでも英語学習に真剣に取り組む方にとって有益な情報を発信して参りますので、いち英語学習者としてぜひ一緒にがんばりましょう!

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ