TOP > webサービス > 洋書で英語リスニング!『Loyal Books』なら7000冊以上のオーディオブックが使い放題

2015.01.23(Fri) webサービス

洋書で英語リスニング!『Loyal Books』なら7000冊以上のオーディオブックが使い放題

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語リスニングをするのにニュースやラジオを聴くのは一般的な勉強法だと思いますが、今回は有名な洋書を使ってリスニングの練習ができるwebサービス『Loyal Books』をご紹介します。このサイト、7000冊以上のオーディオブックが聴き放題という英語学習者にはとても嬉しい便利サイトなんです。

7000冊以上のオーディオブックが使い放題『Loyal Books』

◆Loyal Booksとは

Loyal_Books_top

Loyal Booksは著作権フリーな有名洋書の音声データをダウンロードし、文字データをKindleなどタブレット端末で読むことができるサイトです。掲載されている洋書は日本ではあまり知られていないかもしれませんが、英語圏では誰でも知っているような超有名な洋書ばかりです。『Pride and Prejudice』や『Moby Dick』などもそうですし、日本でも知られているもので言えば『Alice’s Adventures in Wonderland』などもあります。

 ◆Loyal Booksの使い方

1.洋書を選ぶ

Pride_and_Prejudice_Loyal_Books1

洋書は『冒険』や『おとぎ話』、『コメディ』などカテゴリーに分かれているので興味のあるものを選んでも良いですし、1〜100位までのランキングがあるので人気の洋書から選んでみても良いでしょう。

2.音声データを聴く

Pride_and_Prejudice_Pride_and_Prejudice_Loyal_Books2

次に音声データを 聴いてみましょう。音声はサイト上から再生することもできますし、mp3でダウンロードしたりPodcastから楽しむこともできます。チャプターに分けられているので一気に聴く必要もありませんし、移動時間などでもいつでも聴けるのが嬉しいところ。

3.文字で洋書を読んでみる

Loyal_Books

音声だけではなく実際に読んでみたい!という方は各電子書籍サービスから読むことができます。『Kindle』や『ePub』など有名サービスでも使えますし、PDFでの利用もできます。耳からストーリーを聴いてみて文字で読むのも良いですし、逆に文字から入ってリスニングの練習として音声を聴いてみるのも良いでしょう。

 

洋書を音声付きですきま時間に勉強できるのが超便利!

洋書は文字だけで頑張って読む以外にないことが多いですが、Loyal Booksであれば全ての洋書の音声が、スマートフォンやタブレット、PCからいつでもどこでも使えるのがかなり便利です。電車の中や休憩時間などの空き時間に勉強ができることは、つい途中で投げ出してしまいがちな洋書リーディングを続けるだめにもかなり大事なんじゃないでしょうか。

最後に、個人的に日本の英語学習者に最適な洋書をいくつかピックアップしてみました。レベルもそこまで高くなく、ストーリーも面白いものを選びましたので、どれから始めたら良いか分からない方は参考にしてください。

  1. Romeo and Juliet
  2. Alice’s Adventures in Wonderland
  3. Gulliver’s Travels
  4. The Wonderful Wizard of Oz
  5. Romeo and Juliet
  6. Short Science Fiction Collection

 

 

以上、いかがだったでしょうか?オーディオブックがここまで無料で使えるサイトは他にないと思います。リスニングとリーディングの練習にうってつけの良サービスですので、ぜひ試してみてください!

Loyal Books

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ