TOP > スピーキング > 500人のネイティブが本当に使う英語を教えてくれる『ライブ英会話』

2013.12.25(Wed) スピーキング

500人のネイティブが本当に使う英語を教えてくれる『ライブ英会話』

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンで英会話の勉強ができるアプリは数多くありますが、ネイティブから実際に使う英語だけを学べるiPhoneアプリ『ライブ英会話』ほどコンテンツが充実したハイクオリティなものは見たことがありません。英会話の勉強をされている方はどんなアプリなのか、ぜひチェックしてみてください。

◆本当に使う英語を教えてくれるライブ英会話の使い方

ライブ英会話の使い方

ライブ英会話の特徴は下記のようなものがあります。

  • ネイティブのインタビュー動画で英会話を勉強できる
  • 全ての動画には字幕と日本語訳が付いている
  • 確認クイズができ、復習しやすい
  • ネイティブに一日一問の質問ができる

1.シチュエーションごとに選ぶ

ライブ英会話1

日常生活の色々なシーンが用意されているので、勉強したいものや興味があるものから始めてみましょう。

2.インタビュー動画で学ぶ

ライブ英会話2

職業、年齢、地域、口癖の違うバラエティー溢れる500人のインタビュー映像が収録されており、しかも全て無料で観ることができます。すべての動画には字幕とスクリプトが付いているので、いきなり音声を聞いてわからなかったとしても大丈夫です。実際にネイティブにインタビューをして、ネイティブがよく使う英会話の表現を収録しているので偏りもなく、しかも必要な英語表現をほぼ網羅しています。

よくぞここまで1つ1つインタビューをして動画を集めたなぁと感動するくらいの数があり、おまけにしっかり作りこまれています。アプリから動画を再生すると分かりますが、今覚えるべきフレーズが言われる直前に効果音が鳴って「あ、この表現来るな」と分かるので勉強しやすくとても楽しいです。

3.クイズで確認・復習をする

ライブ英会話3

英語表現を勉強したら、クイズで確認をしましょう。正しい英文になる選択肢を選ぶ形式でクイズが用意されており、3回ミスをするまで最高150問を解くことができます。このクイズも制限時間があるせいか中々スリリングで楽しみつつ復習することができます。ゲーム感覚でチャレンジしてみてください。

4.ネイティブへ質問すると模範解答が返ってくる

ライブ英会話4

1日に1回ですが、ネイティブに質問をすることができます。アプリ内の『ネイティブと一言!』というボタンをタップすると、質問リストから聞きたい質問を選ぶことができます。そして聞いた内容について、ネイティブが模範解答を返信してくれます。雑談のような会話ですが、実際にネイティブがどのように返事をしているのかを知ることが大きな勉強になることでしょう。

◆英会話の上達の近道は『ネイティブのマネをすること』

英会話を上達させるには何が必要ですか?とよく質問をされますが、大きく2つの要素に分解できると考えています。

  1. 自分の頭にある英語表現を実際に会話で使うこと
  2. 英語表現のインプットを増やすこと

このどちらかが欠けても、英会話の大きな上達は望めません。英会話の勉強と言うと多くの人は1をイメージしがちですが、2のインプットを怠るといつまでも格好悪い、いわゆる『日本人英語』しか話せない人になってしまいます。今回のライブ英会話のように安価でとてもハイクオリティなアプリが使えるのですから、これがわずか200円ほどでダウンロードできるのは信じられないくらいコストパフォーマンスが良いなと感動しました。(来年1月中までセール中で1000円→200円になっているようですので今のうちにインストールしておきましょう)。ぜひ活用をして英会話スキルに磨きをかけてください。

ライブ英会話

200円
(2013.12.25時点)
posted with ポチレバ
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ