TOP > 幼児英語教育 > 【早期英語教育】子供に英語を学ばせる時期と年齢別の特徴まとめ

2015.05.29(Fri) 幼児英語教育

【早期英語教育】子供に英語を学ばせる時期と年齢別の特徴まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を始めるのは早い方がよいと言われていますが、グローバル化に伴い自分のお子さんに英語を学ばせたいと思っている方も増えてきています。でも実際は、英語は何歳から始めたらよいでしょうか?今回は早期英語教育と年齢別に何を学ぶべきなのかまとめてみました。

科学的にも英語を学び始めるのは早い方がネイティブのようになりやすい

これは経験的にも納得できることだと思いますが、英語を学び始めるのは早いほどネイティブにより近づきやすく、また習得のスピードも早くなります。これはなぜでしょうか?

子供の母語(日本人の場合は日本語)が決定されるのは、諸説ありますが1~10歳前後と言われています。なので、この間に英語に触れる機会がなければ英語を母語として脳が認識することがなくなります。日本人の子供がアメリカで育つとすぐに英語を覚えられるのも同じで、子供はとにかく言語の天才でどんな言語もどんどん吸収します。

逆に言えば、大人にとって英語の習得が難しい理由はすでに日本語という母語が決まってしまっているため、完全に”外国語”として英語をスタートさせるからです。これは数学をゼロから公式を覚えるのと同じくらい大変なことなので、挫折してしまうことも増えるのも納得でしょう。

子供に早いタイミングで英語を教えるには?

最近は子ども向けの英語教室も増え、小学校でも英語は必須科目にもなりつつあります。英語が身近になった今、一体いつからどんな形で子どもの英語教育を始めればいいのだろうかと頭を悩ませる人たちも多いでしょう。もちろんいつから始めても遅いということはありません。大人になってから英語を勉強して今ではペラペラという人もたくさんいます。

でも、できるなら耳が発達している子どものうちにネイティブの英語をしっかり聞いてほしいです。大人になってからでも英語は習得できますが、特に発音とリスニングに関して言えばネイティブのようになることは極めて難しくなります。0歳から聴覚はすでに発達し始めているので、幼いときに英語をシャワーのように聞いていると、lやr、sやthの発音など日本人には同じに聞こえるような音も、聞き取りやすくなると言われています。

では、具体的にはいつ何を学んだらいいのでしょう?子どもは心もからだも日々大きく成長しています。年齢によってできることが違うので、学習方法も違います。発達に合わせて、楽しく学べるように工夫することが大切です。

年齢によって子供に学ばせるべき内容

【早期英語教育】子供に英語を学ばせる時期と年齢別の特徴まとめ

0~2歳

聴覚は非常に優れています。英語の歌やお話をCDやDVDで毎日30分~2時間程聴かせてあげましょう。違うものをいろいろ聴かせるよりも、同じものをある程度の期間繰り返す方が効果があるようです。ただ、コミュニケーションの土台の日本語がしっかりできていないと英語の習得も支障が出てきます。「日本語より英語を話してる!」とぎょっとなって英語の勉強をやめてしまったという話も聞きます。

2~4歳

好みがはっきり出てきてTVのキャラクターに興味を持ったりします。子どもの好きなものを利用して教材を選ぶのもよいかもしれません。幼児向けのDVDやCDを繰り返すとどんどん吸収します。英語を発したりはしないのでわかっているのかなと不安になるのですが、理解していないわけではありません。突然何かをきっかけに話し出すことがあるので気長に見守りましょう。

DVDを観たあとに、親子で歌やアクティビティをいっしょに行えば、復習できてより効果が期待できます。

4~6歳

紙を切ったり貼ったり、塗り絵をしたり、歌ったり、ゲームをしたり、といったアクティビティが大好きな年頃。これらの学習を英語で話しかけて行うことにより英語への関心も高まります。仲間意識が芽生える時期なので、英語教室やサークルに通うのにも適しています。特におうちでCDやDVDで聴いていた子にはアウトプットできる場所が必要です。親子で英語のやり取りをしたり、それが無理なようなら英語教室などで成果を発揮してください。

小学校低学年

聴覚が敏感な上、文字にも興味を持ち、知識欲も旺盛になります。遊び歌・ジェスチャー・リズムのよいチャンツ・体を動かしたり、日常の会話練習をしながら学びます。友達と競争したり、ゲームしたり、楽しみながら体系的に英語を学ぶのがよいでしょう。この時期は発話もしっかりしていて、単語もどんどん覚えて成長が目に見えます。

小学校高学年

英語を勉強だと捉え、語学として興味を持ちます。「聞く」「話す」「読む」「書く」をバランスよく鍛えましょう。単語や文法のルールもわかってきて、英語を学ぶのが楽しくなってきます。英語検定など達成感を味わえるものに挑戦するのもよいでしょう。また、英語力以外にも、会話のやり取りでコミュニケーション能力をつけたり、プレゼンテーションの力も伸ばすことができ、その成果は意欲や自信につながります。

 

早期英語教育にもオンライン英会話はオススメ

子供に英語を学ばせるのにいちいち通塾するのは時間も手間もかかるので大変という方も多いと思います。そんな方にオススメなのがオンライン英会話です。月額5,980円~レッスンを早朝から夜まで受けられるので、子供にレッスンを受けさせるのにもとても便利です(参考記事:英語学習者なら必見!オンライン英会話の特徴がよく分かる5つのポイント

◆おすすめのオンライン英会話サービス

 

以上、いかがだったでしょうか?子供に英語を学ばせる機会も増えてきて便利になっていますが、それでも無理強いはせず、英語興味を持ったときに楽しく勉強させてあげるようにしてください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ