TOP > スピーキング > これでもう間違えない!英語で数字を超簡単に言えるようになる覚え方

2014.09.29(Mon) スピーキング

これでもう間違えない!英語で数字を超簡単に言えるようになる覚え方

このエントリーをはてなブックマークに追加

英会話をしている中で日本人の多くが間違えるのが、英語で数字を表現する時です。例えば『100万円』を英語でサラッと言える人は日常英会話ができる人でもあまり多くないでしょう。そこで今回は、覚えてしまえば誰でも英語の数字の数え方が出来るようになる覚え方を紹介します。

英語で数字を超簡単に言えるようになる覚え方

◆英語と日本語における数の数え方の違い

まずは、英語と日本語の違いについて少し説明しましょう。日本語で数を数える時は基本的に下記の順番で桁数が大きくなっていきますよね。ここでポイントなのが、ぞれぞれの0の数に注目することです。

  • 百:100
  • 千:1,000
  • 万:10,000
  • 億:100,000,000

次に、英語での数が大きくなっていく時の単位を見てみましょう。

  • 百= one hundred
  • 千= one thousand
  • 百万= one million
  • 十億=one billion

このように見て分かるように、日本語と英語では数える単位がそれぞれ異なるため特別な表現になってくるのです。英語で桁数の多い数字を表現する時に分からなくなる理由は、英語独特の単位を知らずどう表現すれば良いか分からなくなるからです。実は日本語と違って英語ではhundred,thousand,million,billionの4つだけ使い方を知っていれば良かったりします。実は本当はとても簡単で覚えやすいものなのですが、あまり日常生活で使うことが少ないせいか知らないでも過ごせてしまうのがもったいないところ。ぜひ抑えておきましょう。

◆桁数の多い数を数える時に大事なのは『0の数を3つずつ数える』こと

さて、日本語と英語の単位表現の違いを知ったところで、実際に桁数の多い数を数え方を説明していきます。と言っても、いくつかのパターンをおさえておけば簡単に覚えられるので安心してください。英語で桁数の多い数を数える時に知っておくことはただ1つ、英語の数字はゼロ3つずつで1つの単位になっていることです。例えば、『100億』を数字で表現すると、以下のようになります。

100億:10,000,000,000

ここで注目してほしいのが、ゼロ3つごとにカンマ『 , 』が付いていることです。これは、英語の数字の単位の区切りを表しています。それぞれの区切りごとに、最初に紹介した数字の単位が当てはまります。

  • (1000)1,000 : one thousand
  • (100万)1,000,000:one million
  • (10億)1,000,000,000: one billion

このように、英語の表現がそれぞれゼロ3つごとに変わっていきます。100億は10億にゼロが1つ付くので、10(ten)+10億(billion)で『ten billion』または『10 billion』が正しいということになります。同じロジックで、桁数の多い数字は基本的に全て表現することができます。それぞれ単位ごとのゼロの数に注目すれば桁数が多い表現でもどうするべきか迷わなくなってくるはずです。

【数え方の例】

・1万:ten thousand
※1億は『10,000』なので10+thousandと考える

・1億:one hundred million
※1億は『100,000,000』なので100+millionと考える

・987,654,321:nine hundred eighty-seven million six hundred fifty-four thousand three hundred twenty-one
※987個の1,000,000の固まりと654個の1,000の固まりがあると考える

 

これでもう間違えない!英語で数字を超簡単に言えるようになる覚え方1

 

◆教科書では教えないネイティブっぽい数字の数え方

1.4桁の数字は2桁ずつ読むと便利

実はネイティブが生活の中で数字を数える時、いわゆる教科書通りの数え方をしないこともしばしばあります。例えば、ホテルで自分の部屋番号が『1415』だったとします。この時、文法的に正しいのは『one thousand four hundred fifteen』ですが、いちいち部屋番号を伝えるためにこんな長い説明は面倒くさいですよね。

こんな時、ネイティブはたいていの場合『1415』のことを『fourteen fifteen』と表現します。つまり、2桁ずつで区切って簡単に表現しているんですね。車のナンバーなどでもよく使われます。ちなみに年を表現したい時、例えば今年は2014年ですがこれは『two thousand fourteen』とも『twenty fourteen』とも読んだりします。

【数え方の例】

  • 2020:twenty twenty
  • 4105 :forty-one o five ※oはゼロを意味する
  • 1987:nineteen eighty-seven

2.分からない場合は数字1つずつ読み上げても通じる

ネイティブと会話してどうしても数が英語で表現できない時、実は数字を1つずつ読んでも通じたりします。ホテルで部屋番号が1415の場合は『one four one five』で実はそのまま通じます。4桁までの数であれば数字をそのまま読み上げることもしばしばあるので、こんな読み方もあるのだと覚えておくと表現が浮かばない時などに非常に便利です。実際に生活する中の表現ですから、簡略に表現されることもよくあるものなのでしょうね。

【数え方の例】

  • 645:six-four-five
  • 101 :one-o-one ※oはゼロを意味する
  • 310 :three-ten

 

 

以上、いかがだったでしょうか?あまり教科書でも教えていることが少ない英語での数の数え方ですが、実際に英語圏で生活したりビジネスをする際には絶対に知っておきたい必須知識です。とは言えコツを掴んでしまえばもう間違えなくなるものなので、ぜひこれを機に英語の数の数え方をしっかり理解しておいてください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事
この記事のコメント(4コメント)
  • みっく より:

    2桁ごと以外にも2+3桁とか場合によって変わることもあります。例えば、住所の番地などによく出てくる五桁の数字の場合、10100ならten one hundredという言い方をします。one o one zero zeroとか一桁ごとに言う人もいます。また、doubleを使う言い方もよくあります。例えば377はthree double sevenという感じ。

    • Shin Sasaki Shin Sasaki より:

      >みっくさん
      コメントありがとうございます!
      そうですね、便宜的にご指摘いただいたような言い方もよくされますね。
      今回はすべての言い方を網羅的に紹介するというより、英会話が初心者の方でも理解できるよう分かりやすいのもに絞りました。

      別記事で本格的な保存版のまとめは書いてみる予定なので、そちらをぜひお待ちください。

  • とおりすがり より:

    実際は金額を訳す場合が多く、その際円→ドル換算も行われて、
    ゼロを二つ取りつつ、四桁区切りの読みから、三桁区切りに直して読んで・・・と頭の中でやっているうちに分からなくなる。

    • Shin Sasaki Shin Sasaki より:

      > とおりすがりさん
      コメントありがとうございます!

      >頭の中でやっているうちに分からなくなる。
      その気持ち、すごく分かりますw
      要は慣れてしまってパッと言えるようになるかどうかなんでしょうね。
      考えるとゲシュタルト崩壊起こしそうになりますし^^;

コメントはお気軽にどうぞ