TOP > 英語学習法 > 頑張ってよかった!独学で英語バイリンガルになって良かったと感じる5つのこと

2015.10.16(Fri) 英語学習法

頑張ってよかった!独学で英語バイリンガルになって良かったと感じる5つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の勉強をしなきゃ、と思っている人は多いと思いますが、実際に英語を身につけるとどう人生が変わるのか?ということを意識している人は実はそんなに多くないんじゃないでしょうか。特にネイティブスピーカーのように生まれつき英語を話す環境にいた人ではなく日本にいながら英語を学び習得することでどのようなメリットがあったのか、バイリンガルになってみて良かったことをまとめました。

 

日本にいながら英語を学んで人生が変わった5つのこと

頑張ってよかった!独学で英語バイリンガルになって良かったと感じる5つのこと

1.英語を読めるので得られる情報の幅が圧倒的に増えた

あまり知られていない事実かもしれませんが、実はインターネット上にある情報のうち、日本語で書かれたものはなんと5%しかありません!山ほどの情報が溢れているように見えるインターネットの世界ですが、実は日本人が触れている情報というのは全体のほんの一部にすぎないんですね。

一方で、英語で書かれた情報は実に全体の55%もあります。ほぼ半分以上を英語が占めており、次に中国語、スペイン語、日本語などが続いていますが、中国語を除けばすべての言語は一桁パーセントの量にしかすぎません。

つまり、英語と日本語があると、インターネット上にある情報の60%にアクセスできるようになります。当然、入ってくる情報も圧倒的に多くなりました。特に海外の最新情報は日本語になるまでかなり時間がかかることが多いので、英語が読めると最新の情報をすぐに入手することができます。例えば、日本語しかできない同僚やライバルにも、情報戦で一歩リードすることも簡単にできるようになるでしょう。

 

2.仕事で上司や先輩から頼られることが増えた

会社で仕事をしていた時、英語ができると社内で上司や同僚から声をかけてもらえることが多くなりました

  • これ英語に訳してくれない?
  • この文章で意味通じる?
  • 海外の○○事情について質問したいんだけど、いい?

などなど、英語が得意というだけで話しかけられて、その結果として面白い仕事をふってもらえるようになりました。日本で英語ができると不思議と仕事でも好評化になりやすく、基本的に良かったことしかありません。

例えば、あなたの同僚でスキルや熱意は全く同じ2人がいたとして、片方は英語が堪能、片方は英語アレルギーであったら、やっぱり英語ができる方に任せやすいですよね。万が一海外のクライアントを抱えるかもしれない場合、第一に候補に上がるということは仕事の上でもとても重要なことだと思います。

 

3.友達が増えて交友関係が広がった

日本は観光客がかなり多い国なので、街に出ればそこら中に外国人がいますね。中には英語しか話せない人もたくさんいるので、そんな人とコミュニケーションを取る時はやはり日本語では不安でしょう。簡単な英語でもいいので、相手とコミュニケーションがとれればすぐ友達になれます。外国人もこちらが日本人だと分かっているので、つたない英語でも付き合って理解しようとしてくれますしね。

今後は仕事でも海外のビジネスパートナーが増えたり、お隣さんが外国人になるかもしれません。そんな時でも、英語ができるといろいろな不安が消えて、交友関係が一気に広がります。日本語で日本人と友達になるように、英語で外国人と友達になれたら最高だと思います。

 

4.洋画を字幕なしで見てより面白さが増した

洋画を観る時、字幕に頼らなくても理解できるようになると、同じ映画でもまた違った見方ができるようになります。実は、映画の字幕というものがいかに極端な日本語訳で、とても意訳されてしまっていることはかなり多いのです。

「え、いまの英文そう訳すの?ニュアンスぜんぜん違うじゃん…」

と、正直に言えば首をかしげることも少なくありません。それに、映画のトレーラーなどはかなりセリフと字幕が一致してないことも多いのですが、これはCMで短い時間で中身を伝えるために訳が変になっているためです。字幕という文字数制限のある中の文章だけでは、映画の面白さを100%は理解しきれないもの。お気に入りの映画がある方は、ぜひ洋画を字幕なしで観れるようになるまで英語の勉強をしてみてください。字幕なしで映画を見て、新しい感動があったら最高な経験になるでしょう。

 

5.やりきった自分に自信がついた

最後にこれ、やっぱり英語ができるようになると自分に自信が付きます。特に、留学をしてないで英語バイリンガルになるというのはかなりレアなので、それだけで他にはない圧倒的な達成感があるものです。その達成感が、英語を話す時には大きな自信になってくれるもの。もちろん大変なこともあったし努力もたくさんしましたが、その分その後の人生でプラスになることが多かったです。

 

以上、いかがだったでしょうか?英語ができると実際どうなの?と思う人もいると思います。TOEICやTOEFLなどのスコアを取るための勉強ももちろん大事ですが、自分の人生のプラスとして、英語を勉強するのは良い自分への投資になるでしょう。ぜひ参考にして英語を頑張ってください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ