TOP > リスニング > 英語リスニングに最適!2014年に流行った人気の洋楽5選

2014.12.09(Tue) リスニング

英語リスニングに最適!2014年に流行った人気の洋楽5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年も色々な洋楽がリリースされました。日本でも流行ったあの曲から意外と知られていない良曲など様々ありますが、今回はその中でも英語リスニングに向いている良曲を7曲選んでみました。1年を振り返りつつ、英語学習にお役立てください!

2014年に流行った人気の洋楽7曲

1.Story of My Life(One Direction)

◆ピックアップ歌詞

The story of my life I take her home.
I drive all night to keep her warm and time Is frozen
The story of my life I give her hope.
I spend her love until she’s broke inside.
The story of my life

彼女を家に連れていく、僕の物語
彼女を温めるために車を一晩中走らせていると、時が止まるんだ
彼女に希望をあげた、僕の物語
彼女が壊れてしまうまで彼女の愛を消費するんだ
それが、僕の物語

今年大ブレイクしたワン・ダイレクションの人気曲、「たった3年で、人生は変わる」というキャッチフレーズでNTTドコモのCMでも使われていたので聴いたことがある人も少なくないはず。比喩的な表現も多いですが、使われている単語も易しめで親しみやすく、発音もクリアで綺麗なので聴き取りやすいでしょう。

 

2.Let it go

◆ピックアップ歌詞

Let it go, let it go
Turn away and slam the door
I don’t care
what they’re going to say
Let the storm rage on.
The cold never bothered me anyway

もういいの、ありのまま
背を向けてドアを思いっきり閉めて
気にしないの
彼らが何を言おうと
嵐よ吹き荒れなさい
とにかくもう気にしないの

今年大ヒットした映画『アナと雪の女王』の主題歌、「レリゴー」や「あるがままに 」が流行語にノミネートされるほどの人気になりましたね。Let it goというのは昔ビートルズの有名な曲で『Let it be』がありますが、これと意味は似ていて『今あるそのままで』というニュアンスになります。女王としての立場で様々なことを抑圧されたエルザが自由を謳ったこの歌、歌詞を覚えてしまうくらい聴いてみるとリスニングの力もどんどん付いてくるでしょう。

 

3.Shake It Off(Taylor Swift)

 ◆ピックアップ歌詞

I stay up too late,
got nothing in my brain
That’s what people say,
that’s what people say
I go on too many dates,
but I can’t make them stay
At least that’s what people say,
that’s what people say
But I keep cruising, can’t stop, won’t stop moving
It’s like I got this music in my body and
it’s gonna be alright

あまり遅くまで起きているから
(寝不足で)頭が空っぽなんだって
みんなそんな事を言う
みんなそんな事を言う
(男の子たちとの)デートはお盛んなのに
いつも振られちゃうんだって
それくらいの事を 平気で言う
みんなそんな事を言う
でもわたしは滑らかに進み続ける、やめられない、止まらない
体の中から音が沸いてくる そんな感じ
大丈夫 上手くいく

恋愛についてポジティブな姿勢を女の子目線で 表現しているテイラー・スウィフトのこの曲。昔のAvril Lavigneのように元気いっぱいのアップテンポな曲が聴いていて楽しいです。この曲は思わせぶりな態度を取る男子なんてshake it off=振り払う、ということを言っている曲です。年頃の女の子がよく使う表現も多いので、若者英語を学ぶのにも役立つでしょう。

 

4.Locked Out Of Heaven(Bruno Mars)

 ◆ピックアップ歌詞

Yeah your sex takes me to paradise
And it shows, yeah, yeah, yeah
Cause you make me feel like, I’ve been locked out of heaven
For too long, for too long
Yeah you make me feel like, I’ve been locked out of heaven
For too long, for too long

そう、君との熱い夜は最高に素敵なんだ
言わなくたって分かってるんだろ
だって君は僕を天国から追放された気分にさせるんだから
いつまでなんだろう?先が見えないよ
そうさ、僕を天国から地獄へ突き落ちたみたいな気分にさせるんだ
先が見えないよ長すぎる

日本でも人気の高いMaroon5の新曲、”locked out of heaven”で「天国から閉めだされる」という意味で、ある女の子のせいで絶頂な気分にも絶望的な気分にもなるという気持ちを歌っています。

 

5.TOKYO feat. SEKAI NO OWARI(Owl City)

◆ピックアップ歌詞

Are you having fun yet
I’ll send you the sunset
I love the most when I’m in Tokyo
I’ll mail down the moonlight
It follow the shoreline
On down the coast, when I’m in Tokyo

君は退屈してないかい?
この夕日を君にも見せてやりたいな
東京イチのお気に入りさ
僕が月を見る頃
君のいる場所では夕日が見えるだろう
海岸線の先で
このTOKYOに僕がいるときに

アウル・シティー (Owl City) はアメリカ人のミュージシャンであるアダム・ヤングによるソロプロジェクトの名称で、今年になってSEKAI NO OWARIとコラボして曲を発表し話題になりました。Tokyoというタイトルの通り何度もTokyoという名前が出てくるので、前後にどういった歌詞があるのかを意識してみると良いでしょう。日本でも公演を行うなど人気が出てきているので、今後耳にすることも増えるかもしれませんね。

 

◆洋楽を使った英語勉強法

1.まず1曲を通して聴いてみる

リスニング力を試してみたければ音だけ、聴き取れない所が多い人は歌詞を読みながらまずは1曲をしっかり聴いてみましょう!歌詞をしっかり追えるようになるまで5,6回はリピートしてみてください。そのうち次のフレーズの歌詞が頭に浮かんでくるようになるはずです。何曲も適当に聴くよりは、1曲をしっかり聴いてみてください。

2.日本語の意味と照らしあわせて聴いてみる

歌詞を追えるようになったら日本語の意味はどうなっているのかを意識してみましょう。もし難しくて分からない箇所があればGoogle検索で「(歌のタイトル) 日本語 意味」などとググってみてください。メジャーな曲ばかりなので、解説がたくさん見つかるはずです。また、この段階で分からない単語やフレーズは辞書を引いてチェックしておきましょう。覚えてしまって使わないレベルの語彙は登場しないので、丸ごと覚えてしまうくらいで大丈夫です。きっと語彙力がアップしていくはずです。

3.最終的には歌詞ごと覚えてしまう

日本語の歌でもそうですが、好きな歌って歌詞ごと覚えてしまうことってありますよね。同じ要領で、歌詞全部を覚えてしまうくらい聴きこみましょう。1曲でもいいので覚えてしまうと、明らかに英語のフレーズの引き出しが増えていることに気付くと思いますし、こういう地道な積み重ねが英会話などでもきっと役立ちます。カラオケに行った時に歌詞を見ないで歌えるくらいになったらしめたもの。
以上、洋楽についての勉強法を紹介してみました。お気に入りの洋楽でリスニングの勉強をぜひ始めてみてください。

 

以上、いかがだったでしょうか?色々な洋楽がどんどんリリースされますので、新曲を楽しみつつ英語リスニングの力もつけていってください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
おすすめ記事
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ